第11話

 翠さんと僕が、人造人間アンドロイドとして決定的に違う部分。


 それは、人間を母体に造られているか否かだ。


 翠さんは、厳密に言うとアンドロイドよりサイボーグに近い。

 生きている人間に培養した冷凍人間のDNAを埋め込み、遺伝情報ごと入れ替えて出来た身体を自動制御技術で補強。そうして生まれたのが翠さんだ。


 十数年前の歴史ですらインプットされていない僕の情報メモリにも、JALの栄華はしっかりと刻み込まれていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます