11.自称妹が出ていった後、飯を食って寝て起きたら夕方になっていた。

窓の外からはざあざあと雨音がなっている様だった。


ささやかな休日も終わる。今日も何も実りの無い1日だった。


そうこう考えていると、朝にやって来たあの妹を自称する子の事を思い出した。


雨降ってるけど、あの子どうしてるんだろ?


・・・まあ、僕には関係無い事である。関係無いんだが・・・。


言い様に無い罪悪感がじわじわと胸に溜まってきた。


追い出したのは当然だ。ここは僕の家なのだから、家に知らん奴が居たら追い出すのは普通だろう。普通なんだが。


何か悪い事しちゃったかなあと思いつつあった。思い出つつあったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます