いちゃジレほのラブー桜雛八幡宮物語🌸弐 末っ子巫女と教授も歴史と恋に突っ込みますが!

三人官女の恋遊び~とある替え玉は本当か~

三人官女の恋遊び~とある替え玉は本当か~ キャラクター設定

姉嶋香に引き続き、わたし、妹長柄がクールに謎を解いて行きます。


え?


相手がいないんじゃないか?



いますよ。天領……義兄さんは、違います。何故って?

天領と嶋香コンビは、どっちも幽霊が苦手なので、オバケ退治はできません。


でも、どうやら歴史に関わってくるようで……?

そんなあたしの前に現れた考古学教授は謎解きが嫌い?!


巫女妹 負けずにがんばるよ!




*登場人物紹介*


《櫻雛八幡宮の皆様》


☆雛 長柄……今作の主人公。上に姉二人。のんびりやの銚子、短気な嶋香の影響か、大変注意深い性格をしており、オカルトミステリが好き。

巫女になり、いつか穢れとの戦いを夢見る剣道少女。


「巫女、戦います。穢れはすべて、あたしが消します」


ただし、蛙や虫が苦手。顔に出さずに頑張っている。



★雛 嶋香……長柄の姉で、流水大学の天領准教授とは婚約中。




《流水大学の皆様》


★王領寺 静……流水大学日本考古学史の教授。

歴史では特に、皇后、姫、女御に詳しい。理想の女性は藤原薬子。悪女マニアで、謎解きが苦手。



☆天領 悠斗……嶋香の先輩で、夫予定。歴史・巻物バカで、トレードマークは黒縁眼鏡。





《照蓮寺の皆様》※第二章から登場


★大谷 鈴音……長柄の親友で、陰陽師を目指す。お嬢喋りで、長柄とは昔「ロミオとジュリエット」を演じた演劇部の繋がり。

兄、颯真の女好きに頭を悩ませている。結界が張れる。



☆大谷颯真……天領の友人。鑑眞を尊敬している。鋭い審美眼と、観察眼の持ち主。蛙が嫌い。


《京都 宝積寺の皆様》※第四章から登場


☆穗積……幼名を「将八郎」大層な京都弁と大阪弁を使う。穏やかだが、父の死の真相を知りたがっている。


☆蜜柑婆……穗積の祖母。耄碌している。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます