連城の玉璧 〜張儀の遺産〜

作者 小小夏@ココナッツ

19

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この小説の舞台である中国の春秋戦国時代には、後の中国にはない、魅力があります。
それは「権謀術数渦巻く国際関係」です。
何故後の時代にはなくなってしまうのかというと、秦の始皇帝によって統一され、圧倒的な大国となり、外国との対等な「駆け引き」などの必要がなくなってしまうのです。

このお話はそのようになる、少し前の秦という国を舞台としています。
主人公は秦の公子で、後には王になるのですが、そこまで、様々な国際関係に翻弄されます。
父は秦王、母は楚の貴族、好きになった女性は古風な言葉がチャーミングな周のお姫様。
このような恋愛がすんなりいくわけがなく、複数の国を巻き込んだ様々な困難に直面します。

しかし「ややこしい」話ではありません。
主人公を取り巻く状況は少しずつ語られていき、読者が混乱することのないテンポで進みます。
特に、可愛い周姫のじじむさい言葉で語られる解説を聞いていると、楽しく、時に哀しくなりながら読み進めることができます。

最後にサブタイトルになっている「張儀」の存在感について、触れさせて頂きます。若い頃は友人・蘇秦とともに、合従連衡の策で各国を渡り歩いたTHE・策士のような人の片割れです。しかし、この話では、彼がたくさん出てくるわけではありません。サブタイトルの通り「張儀の遺産」が主人公の運命を大きく左右するのですが、このような有名な大物をバックにしっかりと据えているところにも、この物語の渋さと深さを感じます。

★★★ Excellent!!!

秦の現王の異母弟・公子稷は、人質として燕へ送られる。
先王に取り立てられた宰相・張儀は、彼に財産を託すが……。

正直、史実のほうは、いつの誰だか全くわかりません。
しかし、読み始めたら、次話が気になって仕方がない。
王位を奪われるのを恐れる異母兄に疎まれ。
実母は、自分よりも弟ばかりを大切にし。
先王の遺臣たちは、それぞれに思惑があり。
人質として燕へと向かう旅は、一難去ってまた一難。
旅に出て外の世界を知った稷は、次第に、自分に何ができるかを考えます。

張儀が養う美少女・周姫が、尊大な口調なのにデレて可愛い。
稷は、自分の力で政治を行える王になれるのか?
周姫との関係はどうなるのか?

面白かった!

(読了後にWikipediaで調べた。始皇帝の曽祖父だった)