せっかくだから駄弁ってみる11(『デッドライジン〇』&『慟〇 そして……』後編

 さて、『〇哭 そして……』とは如何なるゲームなのか。

 主人公は幼馴染のヒロインと学校帰りのバスで、いつも乗車するその路線にはなかった、妙なものを感じます。それを確認しようとすると、突然の事故。そして、気が付くと古びた洋館に監禁されているという事実。

 旅行中だという同年代の少女二人、外国人ながらも日本暮らしが長いのか、関西弁を使いこなす良家のお嬢様、彼女に使えるメイド、主人公達の学校の女性教諭、大学生の青年、醜悪さを隠さない金持ちの老人、謎めいた三十路の男。

 屋敷を探索する内に、自分も含めたそれぞれの人間関係を垣間見つつ、いつの間にか命を狙われている事が判明、驚愕する主人公達。ここは映画『SA〇』などに見られるソリッド・シチュエーション・スリラーの走りかもしれません。

 犠牲者が出ない様に屋敷を奔走する主人公とヒロイン達の運命や、如何に。


 という訳で、大まかな内容を書いてみました。

 セガサターンでの発売はもう20年前になる模様。早いなあ。発売当時は熱中して遊んだものでした。

 移動する毎にゲーム中の時間が経過するのと、ヒロインが罠にはまったりして、そこから救助する道具を上手く探し出せないと、瞬く間に色々な方法で彼女らが惨殺されてしまいます。その部分は直接描写ではなく、背景と白抜き文字だけで表現されているのですが、これがインパクトが強くて、まさしく血も凍る思いをしました。

 関連書籍も少なく、攻略本が一冊、幼馴染のヒロイン・笹本ささもと梨代りよルートをメインに据えたノベライズが一冊出たかと。調べてみた所、当時は原画集とCDブックが出てますね。

 ギャルゲーの名作がえらい勢いで埋もれて行く昨今、今回のリマスターは個人的にとても嬉しいです。




……話題が無くなってしまった。いや、これでいいのかな?

『駄弁るとは何か』(哲学)。で、ではまた!(`・ω・´)ゞ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます