第百九十一話 鬼を生んだ神

「なぜ、なぜ、貴方が、ここにいるのです……!!天鬼!!」


 美鬼は、体を震わせて、問い詰める。

 誰も、妖できなかったことだ。

 神々でさえも。

 まさか、妖王であり、美鬼の兄である天鬼が、現れるとは思いもよらなかったのであろう。

 そもそも、村正は、どこへ行ってしまったのだろうか。

 これは、幻術なのだろうか。

 綾姫達は、混乱するばかりであった。


『そうか、お前は、あの鬼の事も、私の事も知らないようだな』


「え?」


『私は、妖ではない。神だ。鬼神・村正』


 村正は、真実を明かす。

 なんと、村正は、妖ではなかったのだ。

 鬼神だという。

 村正の正体を聞いて、綾姫達は、衝撃を受けた。


『そ、そんな……聞いたことがないぞ!!』


『無論だ。なぜなら、夜深が、密かに生み出したからな』


 空巴達は、困惑しながらも、問い詰める。

 彼らも、知らなかったのだ。

 鬼神が、生まれていた事を。

 当然であろう。

 夜深が、密かに生みだしていたのだ。

 これは、創造主・笠斎さえも、知らない事だ。


『天鬼が、私と似ているのは、私の力を受け継いだからだ。ゆえに、最強の鬼となった。そうとも知らず、貴様の両親は、天鬼を捨てたがな』


「……」


 村正は、天鬼の正体も、明かす。 

 なぜ、自分と天鬼が、似ているのか。

 天鬼が、村正の力を色濃く受け継いだからだ。

 元々、村正の力は、鬼の一族に、受け継がれていた。

 その力を発揮できたのは、天鬼くらいだったのだ。

 天鬼の両親は、その事を知らずに、天鬼を恐れて、地獄に捨ててしまったようだ。

 美鬼は、言葉を失った。

 おそらく、感じたのだ。

 天鬼の事も、鬼神・村正の事も。


『さて、話は、終わりにしよう』


 村正は、千草に歩み寄る。

 もう、千草は、息絶えたはずだ。 

 それなのに、何をするつもりなのだろうか。

 綾姫達は、村正を止めなければいけない事を悟ったが、身が硬直して、動けなかった。


『見せてやろう。千草の皇城家の聖印能力、神懸かりを!!』


 村正は、千草の聖印に触れ、無理やり、聖印能力を発動する。

 千草が、夜深から授かった皇城家の聖印を。

 その名は、神懸り・神村正かみがかり・かみむらまさ

 すると、村正は、千草の中へと取り込まれ、千草は、急に目をカッと開けた。

 村正が、千草の中に入った事により、強制的に復活してしまったのだ。

 千草は、起き上がり、妖刀・村正を手にした。

 

「千草が、復活した……」


 柘榴は、呆然と立ち尽くしてしまう。

 信じられないのだろう。

 確実に、心臓を貫いたというのに、千草が、復活してしまったのだから。


「さあ、殺し合いといこじゃないか!!」


 千草は、天を仰いだ。

 そして、すぐさま、間合いを詰めて、空巴達を切り裂き、吹き飛ばした。

 一瞬の出来事であった。


「空巴!!」


「神が、一撃で……」


 綾姫達は、あっけにとられる。

 神々である空巴達が、一瞬にして、体を切り裂かれ、吹き飛ばされてしまったのだ。 

それも、戦闘不能に陥るまで。

 千草は、悪鬼羅刹あっきらせつと言う技を発動したのだ。

 一瞬にして、相手を切り裂き、吹き飛ばしてしまうほどの威力を持つ。

 元々は、村正が発動できる技であるが、無理やり、発動したのだろう。


「ふはははは!!いいぞ!!さあ、絶望しろ!!」


 神々が、倒れた事により、困惑し、絶望してしまう綾姫達。

 綾姫達の心情を読み取った千草は、高笑いをし始めた。 

 これで、彼女達の勝ち目はなくなったと、察したのだろう。

 千草は、すぐさま、綾姫達に、襲い掛かった。

 瑠璃が、美鬼を憑依させて、綾姫を守ろうとする。

 しかし……。


「皆、ここは、逃げて!!俺が……」


 柘榴が、真登を憑依させて、綾姫達を守ろうと前に出た。

 しかし、千草は、一瞬にして、柘榴を切り裂いた。


「うああああああっ!!」


「柘榴!!」


 千草の悪鬼羅刹を受けた柘榴は、吹き飛ばされ、倒れてしまう。

 意識が、朦朧としてしまうほどに。

 憑依状態でも、どうにもならないほどだ。

 綾姫達は、戸惑ってしまった。


「まだだ!!」


 千草は、容赦なく、綾姫達に襲い掛かる。

 たった、一瞬のうちに。

 綾姫達は、構えようとするが、時すでに遅し。

 その場にいた高清、春日、要が、悪鬼羅刹を受け、吹き飛ばされてしまったのだ。


「高清さん達まで……」


 綾姫は、愕然とした。

 妖人、いや、式神と同化した高清達でさえも、敵わなかったのだ。

 しかも、連携をとる間もなく。

 圧倒的過ぎる。

 これでは、勝ち目がない。

 どうすればいいのか、戸惑う綾姫達。

 その隙を千草は、逃すはずもなく、続けざまに、透馬、景時、夏乃、初瀬姫、和巳、時雨、和泉が、悪鬼羅刹を受け、吹き飛ばされてしまった。


「皆……」


「どうしよう……」


――……すみません。瑠璃。


 これで、戦えるものが、綾姫、瑠璃、美鬼だけとなってしまった。

 それでも、千草は、容赦なく、綾姫達に襲い掛かろうとする。

 綾姫達の命を奪う為に。

 瑠璃は、綾姫を守るために、前に出る。

 しかし、美鬼が、瑠璃に謝罪し、瑠璃の体から出てしまった。


「美鬼!!」


 突然の美鬼の行動に瑠璃は、困惑する。

 美鬼は、綾姫達を守ろうと、前に出たのだ。

 しかし、千草は、美鬼の手をつかんだ。


「っ!!」


「同胞にしては、弱すぎたな」


 美鬼は、目を見開くが、千草から逃れようと、手を引く。

 それでも、千草は、決して、美鬼を離そうとしなかった。

 鬼でありながらも、人間と共に暮らしてきた美鬼をののしる千草。

 そして、美鬼も、悪鬼羅刹を受け、吹き飛ばされ、倒れてしまった。


「よくも!!」


「駄目よ、瑠璃!!」


 美鬼が、傷ついたのを目にしてしまった瑠璃は、怒りを露わにし、我を忘れて、千草に向かっていく。

 綾姫が、危険を察知して、瑠璃の前に出た。

 だが、時すでに遅し、千草は、悪鬼羅刹を発動し、綾姫と瑠璃は、直撃してしまった。


「ああああああああっ!!!」


 綾姫と瑠璃は、体を切り裂かれ、絶叫を上げながら、吹き飛ばされ、倒れた。

 これで、綾姫達は、全滅しかけた。

 誰も、立ち上がれる者がいなくなったのだ。

 それでも、千草は、綾姫達の元へ歩み寄る。 

 まるで、止めを刺そうとしているようだ。

 綾姫達は、起き上がろうとするが、激痛で起き上がれなかった。


「貴様らは、私は、二つの聖印を同時に発動できないと言っていたな。確かにそうだ。だが……」


 千草は、聖印を発動する。

 それも、全ての聖印を。

 先ほどまで、発動できなかったというのに。


「神懸りを発動すれば、それは、可能だ!!」


 確かに、千草は、二つの聖印を同時には、発動できなかった。

 だが、神懸かりを発動してしまえば、できてしまうのだ。 

 それも、全ての聖印を一気に。

 千草は、全ての聖印を発動し、綾姫達に襲いかかった。

 技の名は、妖神連魔ようじんれんま

 綾姫達は、体中に傷を負い、重傷を負ってしまった。

 誰も、起き上がる力すら、残っていないほどに。


「終わったな。もう、動けまい」


 村正は、綾姫達に迫っていく。

 綾姫達は、もう、動くことすらできない。

 彼女達の様子をうかがっていた村正は、確信を得た。

 自分達の勝ちだと。

 村正は、妖刀を振り上げた。


「さあ、死ぬがいい!!」


 村正は、妖刀を振り下ろす。

 妖刀が、綾姫に迫っていた。

 その時だ。

 村正が、突然、動きを止めたのは。


「なっ、なに!?」


 村正は、驚愕する。

 動きを止めたのは、村正の意思ではないのだ。

 しかも、頭を抱え始める。

 まるで、痛みが、村正を襲っているようだ。


「な、何が……」


 綾姫達も、驚愕し、意識が朦朧としながらも、村正を見る。

 村正の瞳から、かすかに、温かみを感じていた。


「葵……葵は、どこにいる?」


「千草……」


 村正が、葵と呼んでいる。

 いや、村正ではない。

 千草だ。

 千草が、意識を取り戻したのだ。

 一度は、心臓を貫かれて、命を落とした。

 だが、村正の神懸りにより、強制的に復活し、それが、きっかけで、一時的に意識を取り戻したのだろう。

 千草は、葵を探しているようだ。


「すまなかった……。お前を傷つけるわけでは……」


――そうだったのね。そうよ、千草は、葵様を憎んでなんかいなかったんだわ。ただ、守りたかっただけなのよ。ずっと、ずっと……。


 千草は、ただ、葵と静居を恨んでなどいなかった。

 それどころか、後悔していたようだ。

 力を求め、力におぼれてしまった事に。

 それが、葵を傷つけてしまったのだと、悟って。

 綾姫は、千草の心情を読み取り、村正を追いだせば、千草を救うことができるかもしれないと考えた。

 しかし……。


「があああああああっ!!!」


 突如、千草は、絶叫を上げる。

 すると、千草が、荒い息を繰り返し、綾姫達をにらみつけたのだ。

 おそらく、村正が、意識をのっとってしまったのだろう。

 これで、千草を救うことも、できなくなってしまったようだ。


「忌々しい!!今度こそ!!」


 村正は、再び、妖刀を綾姫達に向ける。

 このまま、刺し殺すつもりのようだ。 

 しかし、それも、敵わなくなってしまった。

 なぜなら、創造主・笠斎が、前に出て、防いだからだ。

 消滅したはずなのに。


「笠斎……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます