第百七十四話 守りたいと願って

 赤い月は、静まった。

 妖達は、浄化され、人々の怪我は、癒された。

 獄央山から、光が発動されたからだ。

 なぜ、光を発動されたのかは、誰にも分らない。

 だが、光城にいた成平達だけは、わかっていた。

 光黎が、発動したのだと。

 成平達は、赤い月が出現した時、すぐさま、聖印京へ戻ろうとしていた。

 だが、妖達に囲まれ、戻ることができなくなり、戦い続けていたのだ。

 神の光が、発動され、成平達は、無事であったが、光城が、力を失ったかのように、急降下し、聖印京よりも、遠くへと不時着してしまった。

 翌朝、成平達は、意識を取り戻した。

 幸い、奇跡的に、軽症であり、皆、無事であった。


「うう……皆さん、無事ですか?」


「うん、平気……」


「何が、起こったんだ?」


 成平は、亜卦達に声をかける。

 美柑、古河助は、頭を横に振り、あたりを見回す。

 どうやら、自分達が、いるのは、外のようだ。

 光城から、振り落とされたというのだろうか。

 何が起こっているのか、状況が把握できない成平達。

 しかし……。


「みなさん、見てください!光城が!!」


 多々が、何か、気付いたようで、指を指し、叫ぶ。

 成平達は、振り向くと、目を見開き、驚愕した。

 なんと、光城が、天利堂に戻ってしまったのだ。

 しかも、地に落ちた状態で。


「力を、失ったってこと?」


「全然、わからないんだが……」


 亜卦も、摩芭喜も、まったく、理解できない。

 なぜ、力を失ってしまったのだろうか。

 光城が、力を失ったという事は、光黎が、消滅した可能性が高い。

 または、空巴、泉那、李桜が、力を失ったかのどちらかだ。

 空巴達も、光城に力を送ってきたのだから。

 昨日、何があったというのだろうか。

 葵達は、無事なのだろうか。

 成平達は、不安に駆られていた。


「ねぇ、成平、奏と光焔は、無事なの?」


「はい。今は、眠っているようですが……」


 角は、成平に問いかける。

 奏と光焔は、無事なのか、不安になったようだ。

 成平は、奏を、摩芭喜が光焔を抱きかかえている。

 二人とも、無事のようだ。

 光城が、墜落した衝撃で、今は、眠りについている。

 二人が、無事である事がわかり、安堵した角であった。


「どうするの?」


「まずは、聖印京へ行きましょう。瀬戸達が、無事であるかを確かめたいですし」


「そだね」


 美柑は、成平に問いかけた。

 これから、どうするのか。

 成平は、まずは、聖印京へ、戻り、どうなっているのかを確かめる必要があると、決断した。

 亜卦達も、うなずく。

 家族の事が心配なのだろう。

 なにより、聖印京へ戻った葵と瀬戸、光黎の事も、心配だ。

 彼らが、無事だといいのだが。

 成平達は、葵達が、無事である事を祈りながら、聖印京に戻った。



 しかし、聖印京に戻った成平達は、絶句する。

 なぜなら、聖印京は、変わり果ててしまっていたからだ。


「これは……」


 成平達は、呆然と立ち尽くした。

 聖印京は、血で染められ、人々は、生気を失ったかのように、呆然としている。

 命を失った者もいるようだ。

 妖達が、凶暴化したのと関係があるようだ。

 成平達は、情報を求め、一度、鳳城家を訪れる事にした。

 だが、その時だ。

 成平の父親と偶然、再会を果たしたのは。


「おお、成平か……」


「父上、これは一体……」


 成平の父親は、成平の元に歩みよる。

 成平達は、父親の元へと駆け寄り、尋ねた。

 何が、起こったのかを……。


「妖達が、凶暴化してな。多くの命が、奪われた。だが、光に照らされて消滅したのだ」


「光、やはり……」


 父親が言うには、赤い月が、現れた途端、妖達が、凶暴化したのだ。

 ゆえに、聖印京は、戦場と化した。

 しかし、突如、獄央山から光が放たれたのだ。

 その光により、妖達は、消滅し、赤い月は、静まり、聖印京に結界が張られた。

 戦いは終結したが、傷跡は大きいようだ。

 成平は、察した。

 あの光は、神の光であると。


「成平よ、瀬戸は、知らぬか?」


「い、いえ。一緒では、なかったのですか?」


 父親は、成平に瀬戸の居場所を問いかける。

 だが、成平は、一緒ではなかったため、知らないのだ。

 聖印京にいると思っていたのだが、そうではないのだろうか。


「実は、瀬戸は、行方不明なのだ。それに……」


「それに?」


 瀬戸が、行方不明であるらしい。

 だが、それだけではないようだ。

 父親は、口ごもってしまう。

 瀬戸の身に何かあったのだろう。

 成平は、不安がよぎった。


「……瀬戸が、静居様を、殺そうとした」


「え!?」


 父親は、衝撃的な言葉を口にする。

 なんと、瀬戸が、静居を殺そうとしたというのだ。

 真実を知らない成平達は、絶句する。 

 あの瀬戸が、静居を殺すはずがないと思っているからだ。

 理由もなしに。


「そ、そんな……何かの間違いでは……」


「だが、静居様は、深手を負っていたのだ。危うく、命を落とすところだったらしい」


 成平は、瀬戸が、静居を殺そうとしたなどと、受け入れられず、否定する。

 だが、父親が言うには、静居は、深手を負ったらしい。

 静居は、葵と瀬戸に刺された傷をわざと癒そうしなかったのだ。

 瀬戸を処刑するために。


「瀬戸は、裏切り者として、始末されるというのだ。だが、私は、瀬戸を死なせたくない」


「私もです。瀬戸を見つけ次第、聖印京から、逃がします」


「ありがとう」


 父親は、瀬戸を捕らえるつもりはない。

 瀬戸を見つけ次第、聖印京から逃亡させるつもりなのだろう。

 かくまう事も、検討していたが、それでは、いつか、見つかってしまう。

 だからこそ、逃がす事を決意したのだ。

 成平も、同じ気持ちであり、瀬戸を守る事を決意した。

 成平の決意を聞いた父親は、感謝の言葉を述べた。

 それほど、瀬戸を大事に思っているのだろう。

 父親と別れた成平は、呆然とした。

 

「瀬戸、一体、どうして……」


 成平は、思考を巡らせるが、見当もつかない。  

 なぜ、瀬戸は、静居を殺そうとしたのか、理解できないからだ。

 だが、その時であった。


――成平、聞こえるか?


――瀬戸!?どこにいるのです?葵様達は、無事なのですか?


 どこからか、瀬戸の声が聞こえる。

 術で、声を送っているようだ。

 成平も、術で、声を送り、瀬戸に問いかける。

 今、瀬戸は、どこにいるのか。

 葵と光黎は、無事なのか……。


――鳳城家の地下だ。そこに私はいる。


――なぜ……。


 瀬戸は、葵と光黎の事に関して、答えることはなかった。

 だが、自分の居場所だけは、答えたのだ。

 なんと、鳳城家の地下にいるらしい。

 鳳城家の当主のみにしか教えられていない場所だ。

 成平も、次期当主として、教えられていた為、知っていた。

 だが、なぜ、瀬戸は、そこにいるのだろうか。

 一体、何があったのだろうか。

 成平は、瀬戸に問いかけた。


――全て、話す……。どうか、奏を連れて、地下まで……。


――わかりました。


 瀬戸は、全て、話すため、奏を連れてきてほしいと、懇願する。

 成平は、やはり、何かあったのだと、悟り、うなずいた。



 成平は、亜卦達と共に、鳳城家の地下へと行き、最深部へ向かう。

 最深部にたどり着くまでに、地面に血がついていた。

 おそらく、瀬戸の血であろう。

 瀬戸は、やはり、地下にいるようだ。

 だが、血の量からすると重傷と言っても過言ではない。

 成平達は、最深部にたどり着くと、瀬戸が、三種の神器を抱えて、血を流して倒れているのを成平達は、発見した。


「瀬戸!!」


 成平達は、瀬戸の元へと駆け寄る。

 瀬戸は、体中、傷を負い、血を流している。

 しかも、今まで術を発動し続けていた為、息も弱弱しい。

 今にも、息絶えてしまいそうだ。

 亜卦は、治癒術を発動し、瀬戸の治療を開始した。


「ひどい怪我です」


「なぜ、何があったのですか!?」


「静居が、殺そうとしたんだ……。和ノ国を滅ぼすために」


「え!?」


 成平は、瀬戸に問いかけた。

 昨日、彼らの身に何があったというのだろうか。

 葵や光黎は、どうなってしまったのか。

 瀬戸は、弱弱しい呼吸を繰り返しながら、成平達に告げた。

 静居が、自分達を殺そうとしたのだと。

 成平達は、驚愕する。

 なぜ、静居が、そのような事をしたのだろうか。

 見当もつかなかった。


「全てを話そう」


 瀬戸は、昨日の事を全て話した。

 静居の野望や彼を止めるために、葵、光黎と共に死闘を繰り広げた事。

 そして、夜深を封印するために、葵と光黎が、封印の核となった事。

 葵が、命を落とした事を……。


「そんな……静居様が……」


 亜卦は、愕然とした。

 まさか、静居が、和ノ国を滅ぼそうとしていたとは、信じられないのであろう。

 角達も信じられない様子だ。

 静居は、自分達に力を与えてくれたというのに、利用するためだったとは。


「それは、本当なのですね」


「そうだ……」


「……私は、瀬戸を信じます」


「ありがとう。成平……」


 静居の真実に関しては、成平にとっても、衝撃的だったが、成平は、瀬戸を信じる事を決めたようだ。

 兄である瀬戸が、嘘をつくはずがない。

 葵と光黎が、いないのも、うなずける。

 亜卦達も、うなずき、瀬戸を信じたようだ。

 瀬戸は、成平達にお礼を告げた。


「お願いがあるんだ……。静居に、奏の事が知られてしまったら、あの子は、殺されてしまう。だから、奏を守りたい」


「はい」


「だから、奏を封印する」


 瀬戸は、成平達に懇願した。 

 奏を静居から守るために、封印したいと。


「ふ、封印って……」


「この子の事は、静居に知られてはならない。だから、気付かれないように、封印するしかなんだ」


「で、ですが……」


 自分の子供を封印すると聞かされた成平は、動揺する。 

 確かに、奏の存在が、静居に知られてしまったら、殺されてしまうだろう。

 だが、封印までしなくてもよいのではないかと、成平は、思ってしまった。

 瀬戸の心情を読み取れなかったのだ。


「わかっている。だが、いずれ、夜深は、復活する。けど、この子は、静居と夜深を止めるかもしれないんだ。それまでは、眠らせてあげたい」


「わかりました」


 夜深が復活すれば、静居は、動きだす。

 そして、再び、和ノ国を滅ぼそうとしているであろう。

 だが、奏は、二人を止める力を持っているようだ。

 瀬戸は、そう感じているのだろう。

 息子に託さなければならないのは、瀬戸も辛いところだ。

 だが、瀬戸は、奏の事を信じている。

 だからこそ、その時が、来るまで、奏を封印しようと決意したのだ。

 成平は、瀬戸の心情を読み取り、承諾した。

 瀬戸の願いを叶える事を。


「古河助、皇城家の聖印を隠す事は、できないだろうか。そうすれば、葵の子だとは、知られずに済むかもしれない」


 瀬戸は、古河助に依頼する。

 奏の皇城家の聖印の身を隠してほしいと。

 皇城家の聖印を奏が、その身に宿していると、静居に、知られれば、奏が葵の子だと悟られてしまう。

 ゆえに、皇城家の聖印のみを隠さなければならないと瀬戸は、考えたようだ。

 陰陽術を得意とする古河助なら、それが、できるのではないかと、推測していた。

 なぜなら、古河助は、妖を欺けるために、術で、自分の聖印を別の家の聖印に変化させたことがあったからだ。 

 もちろん、視覚のみだが。


「やってみる」


「ありがとう……」


 古河助は、陰陽術を発動し始める。

 すると、みるみるうちに、皇城家の聖印は、消え、鳳城家の聖印のみが、残ったのだ。

 この術は、のちに聖印隠しと言われるものであり、古河助は、その術で、奏の皇城家の聖印を隠す事に成功した。


「できたぞ」


「ありがとう。すまないな」


 瀬戸は、古河助にお礼を言う。

 これで、奏は、皇城家の人間だと悟られることはないだろう。

 瀬戸は、そう、確信し、安堵していた。


「角、頼みたいことがある。この子の時を止めてくれないか?」


「時を?」


「そうだ」


「けど、時を止め続ける事は、俺には、できないよ……」


 瀬戸は、角に万城家の聖印を発動して、奏の時を止めてほしいと懇願する。

 だが、角は、難しそうな顔をしていた。

 瀬戸の願いを叶えてやりたいが、夜深が、いつ、復活するかは、不明だ。

 その時まで、奏の時を止めるのは、不可能であった。


「案ずるな。私が、封印の核になる」


「ど、どうやって……」


 不安に駆られる角に対して、瀬戸は、自分が封印の核となる事を告げた。

 つまり、封印を発動し続けるというのだ。

 だが、どうやって、やるつもりなのだろうか。

 聖印や術では、不可能だ。

 ましてや、鳳城家の聖印では。


「成平。私を殺せ」


 瀬戸は、衝撃的な言葉を口にした。

 自分を殺せと成平に命じたのだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます