第百三十話 姫君達の力

 笠斎から話を聞いた柚月達は、すぐさま、朧達に大広間に集まるよう呼びかける。

 柚月が目覚めたことを知った朧達は、喜びたいところであったが、同時に、驚きも隠せなかった。 

 彼は、いつの間に、目覚めたのだろうかと。

 そして、柚月は、何を話すつもりなのかと。

 状況を把握できないまま朧達は広間に集まり、最後に、柚月、九十九、千里、光焔、綾姫が、大広間に入っていった。


「皆、集まったようだな」


「おう。でも、柚月、お前、大丈夫なのか?」


「まだ、目覚めたばかりなんだろ?少しは、休んだほうがいいんじゃないのかい?」


「いや、問題ない。ありがとう」


 透馬と和泉は、柚月の身を案じる。 

 いや、誰もが、柚月を心配しているのだ。

 まだ、目覚めたばかりだというのに、もう、動いて平気なのかと。

 休んだほうがいいのではと、心配している。

 それでも、柚月は、問題ないと答え、お礼を告げた。


「それで、話って?」


「聖印京に張られてある結界を解く方法を笠斎が教えてくれた」


「笠斎殿が、目覚めたでござるか!?」


「ああ。まだ、回復はしていないがな」


 柘榴が、なぜ、自分達を呼び寄せたのかを尋ねると、柚月は、笠斎から聞いた話を朧達に告げる。

 なんと、笠斎は、聖印京に張られてある結界を解く方法を知っているようだ。

 笠斎が目覚めたと知り、驚く要。

 柚月は、うなずくが、まだ、万全というわけではないと答えた。

 だが、笠斎が、目覚めたのは、まぎれもない事実だ。

 朧達は、ほっと胸をなでおろした。

 それほど、笠斎の事を心配していたのだ。


「そ、それで、どうするんですか?」


 時雨は、恐る恐る柚月に尋ねる。

 気になっているのだろう。

 どうやって、結界を解くのか。

 結界を張っているのは、夜深だ。

 その結界を解くのは、容易ではない。

 一筋縄ではいかないだろう。

 ゆえに、知りたがっていたのだ。


「あの結界を消滅させるには、綾姫と瑠璃の力が必要らしい」


「私達の?」


「ええ、そうみたい」


 笠斎曰く、綾姫と瑠璃の力により、結界は解けるというのだ。

 瑠璃は、信じられないようで、驚いている。

 それもそうであろう。

 自分の力が、夜深に対抗できるなどと思ってもみなかったようだ。

 笠斎の話を直接聞いていた綾姫も、未だ、信じられないでいるらしい。

 本当に、自分達の力で夜深が張った結界を解けるのかと。


「柚月様、どうすれば、結界は解けますか?私達にできることはありますでしょうか?」


「二人が、波長を合わせ、その力をぶつける事で、結界は、解かれると言っていた」


 夏乃は、柚月に問いかける。

 綾姫達の事が心配なのであろう。

 自分にできることがあるならば、協力したい。

 夏乃は、そう思っているようだ。

 柚月は、結界を解く方法を告げる。

 どうやら、綾姫と瑠璃が波長を合わせる事が重要となっているようだ。

 ゆえに、夏乃達は、見守るしかないのだろう。

 手伝えない事が残念ではあるが、今は、見守るしかない。

 夏乃は、そう、心に決めていた。


「ほう、二人が。確かに、二人は、強い力を持っておるからのぅ」


「空蘭には、わかるんだな」


「わしだけではない。高清も、要も、わかっておろう」


 春日は、納得しているようだ。

 綾姫と瑠璃の力が強い事に気付いていたらしい。

 朧は、春日に尋ね、春日は、うなずくが、気付いていたのは、春日だけではない。

 高清も、要も、気付いているらしい。

 研究者であったがゆえにであろう。


「安城家も、昔は、姫君として扱われていたからね。強い力をもともと持ってたみたいだし。だから、憑依の力を授かったって聞いたことあるよ」


 柘榴曰く、かつて、安城家は、千城家と同様、姫君として扱われていたらしい。

 その姫君は、強い力を持っており、強力な術を発動で来たと言われている。

 強い力を内に秘めているがゆえに、憑依の力を授かり、加えて、聖印の影響により、桜の神と心を通わせることができたという。

 瑠璃は、その姫君の子孫なのだ。

 皇族の血筋を持つ千城家の姫君も、同様に、強力な力を持っていたがために、聖印を授かった影響により、泉の神と心を通わせることができたという。


「確かに、二人は、泉の神と桜の神を復活させているしな」


 柘榴の話を聞いた千里は、納得している。

 綾姫と瑠璃は、二柱の神を復活させているのだ。

 神を復活させるのは、容易ではない。

 柘榴達も、それを身をもって体験している。

 宝玉の力があったと言えど、柘榴達は、力をつなげて、ようやく、空の神を復活させたのだ。

 綾姫と瑠璃は、たった一人で、神を復活させた。

 それは、強力な力を持っているが故であろう。


「綾姫の結界と瑠璃の憑依の力を合わせれば、結界は解かれるらしい」


「つまり、わたくしが、瑠璃に憑依し、綾姫の結界の力を融合させ、ぶつける事で、結界は解かれるという事ですね」


「ああ」


 波長を合わせるという事は、単に力を合わせるという事ではない。

 聖印を発動させたうえで、融合させるという事だ。

 ゆえに、瑠璃が美鬼を憑依させたまま、綾姫の結界と融合させなければならない。

 これは、至難の業であろう。

 異なる聖印を融合させなければならないのだ。

 いくら、強力な力を持つ二人であっても、容易ではない。

 綾姫も瑠璃も、覚悟していた。


「でも、どうやって、波長を合わせて、ぶつければいいのかわからない」


「それなら、問題ないぞ」


 もちろん、結界を解きたい。

 そうすれば、柚月達は、聖印京に突入できるはずだ。

 だが、綾姫とどう波長を合わせればいいのか、どうやって、その力を結界にぶつければいいのかは、わからない。

 瑠璃は、不安に駆られていた。

 自分は、できるのかと。

 すると、柚月は、石からある物を取り出す。

 それは、矛のようだ。


「それは?」


「笠斎が、生み出した。解放の矛って言うのだ。わらわの神の光も宿っているぞ!」


 瑠璃は、柚月に尋ね、柚月の代わりに、光焔が誇らしげに答える。

 柚月が手にした矛は、解放の矛と呼ばれるものらしい。

 その名付け親は、もちろん、笠斎だ。

 結界を破壊するために、生み出した矛であり、神の光も宿っているという。

 笠斎曰く、この矛に力を注ぐことで、波長を合わせることができ、神の光を身に纏ったまま、結界を破壊できるのだという。


「笠斎が、生み出した?そんな事できるの?」


「うん。そうみたい」


 和巳は、目を丸くして、瞬きさせている。

 朧も、ここへ来る前に、柚月から聞かされ、大層驚いていたのだ。

 まさか、笠斎が、そのようなことができるとは思ってみなかったのだろう。

 しかも、寝たきりの状態でだ。

 この解放の矛は、不器用の素材で作られたものではない。

 神のごとく、何もないところから、生み出したのであろう。


「うーん、笠斎って、本当に、妖なのかなぁ。創造主の力を奪ったり、矛を生み出したり」


「確かに、不思議ですわよね。何でも、知ってるみたいですし。何か、聞いてませんの?」


「さあな。俺も、聞いたけど、教えてくれねぇんだよ。あいつ」


 笠斎の正体について、思考を巡らせる景時。

 特別な妖だとしても、夜深から創造主の力を奪ったり、何もないところから矛を生み出すことが不可能に等しい。

 ゆえに、笠斎が、妖かどうかさえも、疑わしくなってきたのだ。

 初瀬姫も、不思議に感じていたようで、九十九に尋ねる。

 九十九も、笠斎に聞いたのだが、本人は、答えてくれなかったらしい。

 ますます、わからない。

 だが、それも、自ずとわかる事なのであろう。

 柚月達は、今は、聖印京の奪還に向けて動くことを決意した。


「柚月殿、その矛に力を込めて、突けば、結界を破壊できるということでござるか?」


「ああ、そうらしいぞ」


 要は、柚月に確認するように尋ねる。

 やはり、思った通り、矛へと力を集中させ、突くことで、結界を破壊することができるようだ。


「これなら、聖印京に突入できるっすね!!」


「聖印京も、奪還できるでごぜぇやす!!」


「うん。そうだね」


 高清も、真登も、確信を得ていた。

 解放の矛を使えば、結界を破壊し、聖印京に突入できると。

 後は、彼らを支配している静居と夜深、または、神々を討伐するだけだ。

 そうすれば、聖印京は、奪還できる。

 朧達は、そう思っていた。

 だが、柚月は、難しい顔をしている。

 それは、なぜなのかは、朧達には、わからない。

 柚月は、ゆっくりと、綾姫と瑠璃に、歩み寄った。


「綾姫、瑠璃……」


「言わなくてもわかるわ。もちろんやるわよ」


「綾姫……」


 柚月は、綾姫と瑠璃に、懇願しようとしていたのだ。

 二人にとって過酷になるかもしれない。

 そう思うと、頼んでいいのか、ためらったのであろう。

 だが、綾姫は、柚月が何を言いたいのか理解している。

 それに、話を聞かされた時から、決めていたのだ。

 自分達の力で結界を破壊すると。


「やる。絶対に、成功させる」


「静居に一泡吹かせてやりましょう。反撃するわよ!」


「はい。わたくしも、ご協力させていただきます」


 瑠璃も、美鬼も決意は固い。

 聖印京を取り戻したいと思っているのだ。

 聖印京は、彼女達にとっては、辛い思いでしかない。

 それでも、静居や夜深の支配から解放したいと強く願っているのだ。


「ありがとう」


 柚月は、綾姫達に感謝の言葉を述べた。

 こうして、聖印京を奪還するために、柚月達は、動きだそうとしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます