第百二十四話 VS戦魔 

 柚月達は、戦の神・戦魔の元へと向かっている。

 瑠璃曰く、今、李桜が、戦魔と死闘を繰り広げているとのことだ。

 李桜にとって、戦魔は、因縁の相手、彼女は、彼と対峙しているだろうと踏んでいたが、やはりそうかと、柚月は、納得していた。

 光焔が、柚月達に必死についていく。

 妖と言えど、少年だ。

 柚月達についていくのに、精一杯であろう。

 柚月は、光焔の様子を伺い、走りながら、振り返った。


「光焔、大丈夫か?」


「うむ、大丈夫なのだ!!」


 柚月は、光焔に、問いかける。

 彼の身を案じているのだ。

 光焔は、強くうなずく。

 柚月達の足手まといになりたくないと強く想いながら。


「柚月、あともう少しなのだな?」


「ああ、もう少しでたどり着くぞ」


 光焔は、柚月に尋ねた。 

 戦魔の所に、もう少しでたどり着くらしい。

 ならば、自分は、柚月達についていくだけだ。

 そうでなければ、戦魔とは、戦えるはずがない。

 光焔は、柚月達と共にかけていく。

 その時であった。


「柚月、あれをみるでごぜぇやすよ!!」


 高清が、空に向かって指を指しながら、叫ぶ。

 柚月は、上を見上げた。

 すると、李桜が、戦魔と死闘を繰り広げていたのだ。

 だが、李桜は、劣勢を強いられているようだ。

 戦魔が、大剣を振り回し、李桜が、それを回避する。

 攻撃を仕掛ける事が、できないようだ。


「李桜!!」


「あれは、まずいね……」


 柚月、和巳が、李桜の危機を察している。

 李桜は、無事なのだろうかと身を案じるほどに。

 柚月達は、急いで、李桜の元へと駆けていった。



 李桜は、柚月達の読み通り、劣勢を強いられていた。

 百花繚乱を発動して、桜の花が渦を巻き、敵を取り囲んで攻撃しようとするも、戦魔は、全て、桜を切り刻んでしまう。

 続いて、天花乱墜を発動し、桜の花で突き上げて、たたき落とそうと仕掛けるが、これも、戦魔が、防ぎきってしまう。

 戦魔は、文字通り、戦の神。

 夜深が、生み出した神々の中でも、戦にたけていると言っても過言ではない。

 それゆえに、李桜は、追い詰められていた。


『ケケケ!どうした?どうした?もう、終わりか?』


『いいえ、まだ、です!!』


『へぇ。強がるなぁ』


 戦魔が、笑みを浮かべながら、挑発する。

 余裕と言わんばかりに。

 李桜は、息を切らしながらも、否定する。

 まだ、自分は、戦える。

 自分に、言い聞かせるかのようだ。

 だが、彼女の心情は、戦魔に見抜かれている。

 戦魔は、大剣を振り回した。


『なら、これで、どうだ!!』


 戦魔は、突きを放つために、李桜に向かって突進する。

 李桜は、百花繚乱を発動して、桜の花で、戦魔を取り囲もうとするが、戦魔は、体を切り刻まれても、突進してくる。

 もはや、傷さえも、気にも留めていないかのようだ。

 戦魔は、李桜に、迫り、李桜は、窮地に陥ろうとしていた。

 だが、その時であった。


「やめるのだ!!」


 光焔がとっさに、神の光を発動する。

 その光は、まっすぐ空へと、戦魔へと向かっていった。


「ちっ!!」


 戦魔は、神の光を回避する。

 やはり、神と言えど、神の光は、戦魔にとっては、厄介のようだ。

 戦魔は、苛立ち、光が放たれた方へと見下ろす。

 すると、柚月達が、武器を手にし構えていた。


「今だ!!」


 柚月が、草薙の剣を振りおろし、斬撃を飛ばす。

 その名は、神威空浄・光刀かむいくうじょう・こうとう

 斬撃に、柚月の聖印能力・異能・光刀を纏わせ、放つ技だ。

 その光の斬撃は、戦魔を切り裂こうとしたが、戦魔は、大剣を振り回して、強引にかき消すが、傷を負った。

 さすが、神刀と言ったところであろう。

 神である戦魔に効いているようだ。


『ちっ。人間ごときが!!』


『待ちなさい!!』


 戦魔は、怒りを露わにし、すぐさま、柚月達の元へと降下する。

 李桜も、柚月達を助ける為に、戦魔の後を追う。

 それでも、柚月達は、避けようとはせず、構える。

 戦魔と真っ向から勝負するつもりであった。


「美鬼!!」


「承知!!」


 瑠璃は、美鬼を憑依させ、美鬼桜乱狩を発動する。

 桜の刃を、戦魔へと放つが、戦魔は、大剣を振り回し、全ての桜の刃を切り刻む。

 それも、一瞬で。

 さすがは、戦の神と言ったところであろう。

 美鬼を憑依させた瑠璃でさえも、舌を巻くほどだ。

 戦魔は、柚月達へと迫っていく。

 柚月は、神威空浄・光刀を放つが、戦魔は、それを回避していく。

 戦魔は、もう少しの所で、柚月達の元へと到達しようとしていた。


「いくでごぜぇやすよ!!」


 先陣を切ったのは、高清だ。

 高清は、誰よりも早く、戦魔に向かっていく。

 戦魔は、大剣を振り下ろすが、高清は、身をよじらせて、かろうじて、回避し、地面を力強く蹴り、跳躍する。

 高清は、陸虎ノ振を発動して、地面を揺らし、戦魔は、ちょうど、降り立った為、跳躍する事もできず、よろめき、体勢を崩した。


「美鬼、私達も!!」


――はい、行きましょう!!


 わずかに隙が生まれたと確信した瑠璃と美鬼は、戦魔の元へ向かっていく。

 瑠璃は、もう一度、美鬼桜乱狩を発動するが、戦魔は、すぐさま、体勢を整え、瑠璃の元へ向かっていく。

 桜の刃でその身を刻まれても、構うことなく。

 戦魔は、一瞬にして、瑠璃の元へ到達し、瑠璃は、距離をとることすらできず、身を硬直させてしまう。

 戦魔は、にやりと笑みを浮かべ、大剣を薙ぎ払うかのように、振り回そうとした。


「させないよ!!」


 和巳が、瑠璃を助ける為に、聖生・色彩器を発動し、火の剣、水の槍、風の弓で戦魔に攻撃を仕掛け、地の盾で瑠璃を守る。

 和巳のおかげで、瑠璃は、戦魔の魔の手から逃れることができ、戦魔と距離をとった。

 戦魔は、苛立ちを隠せず、感情任せに、大剣を振るい、和巳が発動した宝器を全て切り裂き、消滅させた。


「ありがとう。和巳」


「いいって。可愛い女の子を守るが、俺の役目だからね」


 瑠璃は、和巳にお礼を言う。

 和巳のおかげで、重傷を負わずに済んだのだ。

 和巳は、お得意の片目を閉じて見せる。

 それも、いつもの調子で。

 ここに、朧がいたら、間違いなく、咎められていたであろう。

 そんなことしている場合ではないと。

 どちらかと言うと、瑠璃を誘惑するなと言いたいところではありそうだが。

 どちらにせよ、朧がいなくてよかったと内心、思ってしまう瑠璃なのであった。

 戦魔は、柚月達に向かっていくが、李桜が、百花繚乱で、応戦し、戦魔の行く手を阻もうとする。

 だが、戦魔は、大剣を振り回しながらも、突進していった。


「柚月、来るのだ!!」


「ああ、任せろ!!」


 戦魔が迫ってくることに気付いた柚月は、異能・光刀を発動し、光速で、戦魔に向かっていく。

 光速移動で戦魔を何度も斬りつけるが、戦魔は、ひるまず、柚月の刀を防ぎ、つばぜり合いを始めた。


『ケケケ!さすがだな。なら、俺様も、やってやるぜ!!』


 戦魔は、笑いながら草薙の剣をはじく。

 柚月は、光速移動で、突きを放つが、戦魔は、その速さに反応し、防ぐ。

 続けざまに、刀を振るう柚月。

 だが、柚月の光速移動すらも、凌駕する戦魔。

 光焔達は、二人を目で追えず、二人の間に、割り込むことすらできなかった。


――速い!!さすが、神だな……。


 光速移動に反応する戦魔に対して、内心、舌を巻く柚月。

 異能・光刀なら、戦魔に対抗できるのではないかと、推測していたが、考えが甘かったのではないかと、改めて、思い知らされた。

 神ならば、光速移動すら、反応できるのだ。

 柚月は、何度も刀をぶつけるが、戦魔の大剣にはじかれ、ついに、よろめいてしまう。

 その隙を戦魔が、逃すわけもなく、柚月に斬りかかろうとした。


『柚月!!』


 ようやく、二人の速さを目で追えるようになった李桜が、百花繚乱を発動し、戦魔は、とっさに、後退して、回避する。

 その間に、瑠璃が、間合いをつめ、美鬼桜乱狩を発動するが、戦魔は、大剣で、全ての桜を切り刻む。

 だが、柚月を助ける機会を得ることができた。

 光焔達は、戦魔の元へと向かっていった。


「まだまだ、行くよ!!」


「あっしも、助太刀するでごぜぇやす!!」


 和巳が、聖生・色彩器を発動し、火の剣、水の槍、風の弓、地の盾を戦魔に向けて、降らせる。

 戦魔は、全て、切り裂き、破壊するが、今度は、高清が、陸虎ノ振を発動して、地面を揺らす。

 これには、戦魔も、一瞬だけ、よろめいたが、空へ跳躍し、回避する。

 だが、光焔が、手を空へ向けている。

 神の光を発動しようとしているようだ。

 戦魔は、それに、気付くも、時すでに遅し。


「これでも、喰らえなのだああああっ!!」


 光焔が、神の光を発動し、光は、空へ向かっていく。

 戦魔は、回避する間もなく、神の光を受け、地面にたたきつけられた。


『ぐっ!』


 地面にたたきつけられた戦魔は、起き上がるが、よろめいている。

 やはり、神の光は、神々に有効のようだ。

 それも、夜深が生み出した神々なら、尚更であろう。

 これで、戦魔を仕留める機会を得られた。


「柚月、今なのだ!!」


「ああ!!」


 柚月は、草薙の剣を握りしめ、異能・光刀を発動する。

 光速移動した柚月は、すぐさま、戦魔の元へと間合いを詰めた。

 戦魔は、柚月の光速移動に、反応すらできず、柚月は、構えた。


「はああっ!!」


 柚月は、神威空浄・光刀を発動。

 光の斬撃が、戦魔へと向かっていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます