第八十九話 幻に打ち勝つために

 獅子の姿をした妖は、唸り声を上げて威嚇する。

 殺気を感じた九十九と千里は、警戒し、構えた。


「幻ってのは、こいつの事か?」


「らしいな。強力な妖気を感じる」


 千里曰く、幻を発動していたのは、この妖のようだ。

 強力な妖気が何よりの証拠だという。

 幻を人を騙す術。

 ゆえに、微弱な力では、幻を発動できても、見抜かれてしまう。

 かつて、四天王であった緋零もそうだ。

 幼い姿をしていながら、四天王と言う地位までに上り詰められたのは、単に、うまく、九十九達を利用したからではなく、それなりの実力があったからであった。

 幻の術は彼にとって切り札とも言えたのであろう。


「柚月達をあの場においてきて正解だったな」


「だよな」


 九十九と千里は、後ろで眠っている柚月と朧の身を案じる。 

 九十九達と彼らの距離は、遠くはないが近くもない。 

 ゆえに、自分達がいれば、妖が、柚月達の元へ近づくことは、容易ではないなだろう。

 そう思うと、あの場所で眠らせておいて良かったと九十九と千里は、改めて、感じていた。

 だが、妖は、雄たけびを上げ始める。 

 向こうは、九十九と千里を殺すつもりのようだ。


「気をつけろ。九十九」


「わかってるっての!」


 九十九と千里は、警戒心を高め、妖が、勢いよく地面を蹴る。

 九十九と千里も、妖の行動に反応し、地面を蹴り、妖に向かっていった。

 妖は、爪を振り下ろすが、九十九と千里は、回避する。

 それほど、速いというわけではなさそうだ。

 だが、威力は、予想以上と言ったところであろう。

 妖は、地面をたたきつけるが、地面がめり込んだのだ。

 もし、同じようにたたきつけられたとしたら、ひとたまりもないだろう。

 威力は劣るかもしれないが、速度はこちらの方が上回っている。

 妖が、攻撃を終えた時点で、九十九は、跳躍し、構えていた。


「ふざけたことしやがって、焼き尽くしてやる!」


 九十九は、九尾の炎を発動する。

 このまま、一瞬で焼き尽くし、灰にするつもりだ。 

 おそらく、九十九は、怒りを露わにしているのだろう。

 自分達は、この妖によって、幻にとらわれてしまいそうになったからだ。

 続けて、千里が跳躍し、構えた。


「覚悟しろ」


 千里は、闇隠しを発動する。

 闇に覆われた妖は、そのまま、刃を受け、切り刻まれているだろう。

 そう確信し、千里は、地面に着地し、次なる攻撃に備える。

 もちろん、万が一の為だ。

 だが、闇は強引に打ち砕かれ、妖が現れた。

 それも、無傷のままで。


「ちっ。無傷かよ」


「幻の類かもしれないな」


「じゃあ、こいつは、幻かもしれないってことか?」


「いや、それ以上に厄介かもしれない」


「はぁ?なんだ、それ」


 予想は、していたものの、無傷だとは思いもよらなかったであろう。

 手ごたえはあったのだ。

 だが、確実に仕留められるとは思っていない。

 傷一つ付けられれば、十分であった。

 そのはずなのだが、妖は、傷一つついていない。

 九十九は、舌打ちをするが、千里が、冷静に判断する。

 今目の前にいる妖は、幻以上に厄介であると。

 だが、九十九は、理解ができず、首を傾げ、千里に問いかけた。


「あいつは、幻ではない。正真正銘の妖だ。だが、幻を発動できるという事は、一瞬のうちに、幻を作り、攻撃を回避している可能性がある」


「ふーん、まぁ、よくわかんねぇけど。俺らの攻撃が通用しねぇのは、その幻のせいってことだろ?」


「……そういうことになるな」


 千里は、説明する。

 一応、九十九にわかりやすく。

 つまりは、妖は、九十九達が、攻撃を仕掛けた時、幻を生み出し、身代わりを九十九達に見せ、自分は、幻によって雲隠れし、九十九達に、身代わりを討伐させたという事だ。

 と言っても、九十九は、あまり、理解していない。

 幻により、攻撃が通用しなかったという事だけは、理解で来たようだが。

 千里は、なんとなく、九十九が、理解しないだろうと予想していたようで、あきれることなく、静かにうなずいた。


「確かに、厄介だな」


「来るぞ、気をつけろ!」


「おう!」


 幻と言うのは、本当に厄介なものだ。

 かつて、九十九も、緋零の幻にほんろうされたことがある。

 思いだすだけで腹立たしくなるほどだ。

 妖は、雄たけびを上げながら、突進し始める。 

 九十九と千里は、警戒し、構える。 

 しかし、妖は、一瞬にして消えてしまった。


「っ!」


 九十九と千里は、驚愕し、反応が遅れてしまう。

 妖が幻を発動し、姿を消したことは、わかった。

 だが、姿を見えなければ、反応する事は、困難を極めるであろう。

 今は、気配を探るしかない。

 九十九と千里は、集中し始めるが、妖は、九十九の後ろに回り込み、九十九に向かって突進した。


「ぐっ!」


「九十九!」


 九十九は、吹き飛ばされ、樹に激突する。

 体がきしみ、背中に強い衝撃が走り、九十九は、顔をゆがめた。

 千里は、九十九の元へ向かおうとするが、妖が、千里の前に立ちはだかる。

 妖は、前足を振り上げ、すぐさま、千里をたたきつけた。


「うっ!」


 千里は、とっさに、刀を自分の頭よりも、上にあげ、防ごうとするが、防ぎきれず、たたきつけられてしまう。

 地面は、めり込み、千里は、あざだらけになってしまった。

 妖は、九十九や千里を殺そうとせず、突如、走りだす。

 目的は、彼らだけではなかった。


「待て!そっちには、行くな!」


 千里は、手を伸ばすが、妖は、遠のいていく。

 妖が走りだした理由は、柚月と朧を目にしたからだ。

 妖は、彼らを殺そうとしていた。


「柚月!朧!」


 九十九も、妖の目的に気付き、妖を追いかける。

 だが、妖に追いつくことができず、妖は、口を開け、柚月と朧を飲みこもうとしていた。

 だが、その時だ。

 二人の前に結界が張られたのは。

 妖は、何度も、突進するが、その結界を看破できそうにないようだ。

 九十九も、千里も、驚き、動揺した。


「水札?てことは……」


 九十九は、目を凝らし、良く見ると。

 その結界は、水札が使われている。

 水札を使用するのは、一人しかいない。

 と言う事は、九十九と千里は、綾姫が、ここへ駆け付けに来てくれたのだと、悟った。


「まったく、勝手な行動されると困るのよね」


「本当、迷惑」


 九十九と千里の予想通り、綾姫と瑠璃が、柚月と朧の前に立つ。

 それも、怒っているようだ。

 九十九と千里が、勝手な行動をしたことを怒っているのだろう。

 そして、柘榴達が次々と現れ、柚月達の前に立つ。

 柚月と朧を守るために。


「お前ら、来てくれたのか」


「もちろん。当たり前でしょ?」


「仲間だから。でも、後でお仕置きする」


「ええ、そうね」


 九十九は、綾姫達が来てくれたことを素直に喜ぶ。

 綾姫達は、彼らの身を案じていたのだ。

 それゆえに、勝手な行動を許そうとは思っておらず、瑠璃が、無表情でお仕置きすると宣言する。

 綾姫も、楽しそうに、微笑んで、うなずいていた。


「もっと、やばそうだな」


「ああ」


 覚悟はしていたが、相当怒っているようだ。

 恐れおののく九十九と千里。

 妖よりも、恐ろしいと感じながら。


「ほら、ぼーっとしてないで、手伝えよ!」


「こっちは、大変ですのよ!」


「わかってるって!」


 柘榴達は、すでに戦闘態勢に入っている。

 幻を駆使して戦う妖に多少ながらほんろうされているようだ。

 透馬も初瀬姫も、九十九と千里に助けを求めている。

 今は、猫の手も借りたいほどなのだ。

 九十九と千里は、妖の元へと駆けていく。

 自分を受け入れてくれてるのは、柚月と朧だけじゃないと感じながら。

 全員で、かかっても、妖に傷一つ付けることができない。

 それほど、幻と言うものは、厄介なのだ。

 苦戦し、劣勢を強いられる九十九達。

 だが、その時だ。

 妖が、術を発動する直前、光焔が光を放ち、妖の目をくらませたのは。

 妖は、暴れ始めるが、綾姫と初瀬姫が、結界を張る。

 だが、妖は、その結界に向かって突進し始め、危機を感じた高清、春日、要が、妖を食い止めた。

 続けて夏乃が、時限・時留めを発動し、妖の時を止める。

 その隙に、景時、瑠璃、美鬼が、技を発動し、妖に攻撃を仕掛けた。

 幻を発動する事すら、できなくなった妖は、技を受ける。

 妖は、にらみ、唸り声を上げるが、まだ気付いていない。

 柘榴と真登が、背後に回り込んでいた事に。


「残念、俺は、こっちだよ」


 柘榴と真登が姿を現す。

 柘榴が霧脈を発動をしていたのだ。

 妖に気付かれないように。


「真登!」


「了解っす!」


 真登が、牙天破を発動し、妖をひるませる。

 ここで、和泉が麗線を、時雨が葉碌を駆使して、妖を捕らえ、透馬が聖生・岩玄雨を、和巳が聖生・色彩器を、発動し、妖の周りを宝器が取り囲む。

 これで、妖は、逃げることすら不可能となった。


「今だよ!このまま、やっちまいな!」


「行くぜ、千里!」


「ああ!」


 九十九と千里が、跳躍し構える。

 そして、九十九が九尾の炎、千里が闇隠しを発動し、妖は、炎に焼かれ、闇に覆われて消滅した。

 ようやく、九十九達は、妖に打ち勝つことができたのだ。

 だが、本当に、苦労した。

 今にして思えば、妖なのかも、疑わしいほどだ。

 まるで、番人のようにも思えた。

 それでも、幻に打ち勝つことができた。

 これも、柚月と朧が、励まし、綾姫達が駆け付けてくれたおかげだ。

 九十九と千里は、柚月と朧を背に抱えて、歩き始める。

 樹海の乙女達に会うために。

 その時であった。


「見事ね。さすがだわ」


「え?」


 またもや、懐かしい声が聞こえる。

 聞こえたのは、九十九だけではない。

 綾姫達も聞こえたのだ。

 憧れだったあの人の声が。


「やっぱり、すごいね!千里は」


「ええ、頼もしいわ」


 活発な少女の声とおしとやかな少女の声が聞こえる。

 もちろん、聞こえたのは、千里だけではない。

 九十九達は、立ち止まってしまう。

 彼らの前に、突如、三人の女性が、現れたからだ。


「うそ……だろ?」


「なんで……」


 九十九と千里は、戸惑いを隠せない。

 それは、綾姫達も同様だ。

 彼らの前に立っていたのは、なんと、椿、茜と藍であった。

 幻は打ち消したはず。

 そのはずなのに、彼女達は姿を現したのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます