第八十五話 傷ついた魂を癒すために

「なるほどねぇ。そういう事だったんだ」


「魂を傷つけられてしまったから、わたくし達は忘れてしまっていたのですね」


 千里の話を聞き終えた柘榴と美鬼は、納得する。

 彼らも、気にかけていたのだ。

 柚月と朧の事を。

 知らないはずなのに、何かを忘れているような。

 それゆえに、彼らは、知りたがっていた。


「じゃ、じゃあ、魂を癒せば、彼らも目覚めるし、僕達も、記憶を取りもせるんですよね?」


「けど、どうやって魂を癒せばいいんっすか?」


 時雨は、二人を助ける方法を模索し、答えを出す。

 魂が癒えれば、柚月達も目覚め、自分達の記憶も戻るはずだと。

 だが、肝心なのは、どうやって魂を癒すかだ。

 そもそも、魂だけをいやす方法があるのだろうか。

 真登は、九十九と千里に尋ねた。


「わからねぇんだよな、それが」


「俺達も、たまもひめや龍神王に尋ねようとしていたところだ」


「でも、戦闘に入っちまったから、それどころじゃなくなったってことか」


「おう」


 九十九も千里も、まだ、彼らを救う手立てを見つけていない。

 そのため、たまもひめや龍神王に尋ねようとしていたのだ。

 長いときを生きた彼女達なら、知っているのではないかと、藁にも縋る思いで。

 だが、不運な事に、静居が、妖達を光城へと向かわせたがために、九十九達は、戦闘に入ってしまった為、未だ、聞いていない。

 透馬は、まだ、九十九達が、たまもひめと龍神王に、尋ねられなかった理由を知り、九十九は、うなずいた。


「どうすりゃいいんだかな」


「……」


 九十九は、腕を組み、首をかしげる。 

 もし、たまもひめや龍神王が知らなかった場合、どうするべきか考えているのだろう。

 他に当てはない。

 ゆえに、彼は、思考を巡らせた。

 その時だ。

 高清が、うつむき、黙っていたのは。

 こう言う時は、何か、考え事をしている時だ。

 何か、知っているのだろうか。


「ん?高清さん、どうしたの?」


「いや、魂をいやす方法は知らないでごぜぇやすが、魂を導く妖なら聞いたことがあるでごぜぇやす」


「魂を導くもの?」

 

 景時は、高清に尋ねる。

 何か知っているのではないかと期待して。

 高清は、語り始めた。

 「魂」と言う言葉に関して、何か、思い当たることがあるようだ。

 しかも、「魂」を導く妖がいると聞いたことがあるという。

 一体、どういう妖なのだろうか。


「それは、樹海に住む美しい妖のことか?」


「へい」


 春日が、高清に確認するように問いかける。

 高清が言う妖と言うのは、樹海に住んでいる妖の事らしい。

 それも、美しいと言われているという。


「樹海に住む妖?」


「詳しく、聞かせてもらえる?」


「わたくしも、知りたいですわ!」


 千里、和巳、初瀬姫は、高清達に、問いかける。

 気になるようだ。

 魂を癒す方法ではない。

 だが、可能性は無きにしも非ずと言ったところであろう。

 彼らを救う手立てが見つかるのではないかと期待しているのだ。


「聖印京よりも、はるか北にある場所に、妖の樹海と呼ばれるところがあるでごぜぇやすよ」


「へぇ、そんなところあったんだねぇ。聞いたことないけど」


 高清が語り始める。

 聖印京よりも、はるか北に樹海があるようだ。

 名もなき場所であるが、美しき妖がいるという噂があり、「妖の樹海」と呼ばれたそうだ。

 だが、柘榴は、聞いたことないようだ。

 綾姫達も、同様に、聞いたことがないらしく、首をかしげた。


「そりゃそうでござるよ。妖の樹海は、魂だけを導くところと言われているでござるから」


「ですが、高清様方は知っているんですよね?」


「一応、研究者でござるからな」


 要曰く、妖の樹海に入り込む者は、あまり、いないようだ。

 魂だけを導くがゆえに。

 そのため、知っているのは、研究者のみのようだ。

 「聖印」について研究していた高清、春日、要は、「妖の樹海」を知っていた。

 おそらく、聖印と魂の結びつきにより、知ったのだろう。


「で、魂だけを導くってのは?」


「実は、詳しくは知らないでごぜぇやすよ。ただ、樹海に住む妖が、魂をあるべきところへ導くとしか……」


 九十九は、高清達に、妖の事について尋ねるが、高清達も、知っているのは、ほんのわずからしい。

 詳細を知らないようだ。

 なぜ、樹海に住む妖が魂を導くのかも、妖が何者であるのかも。

 光焔と同じ、神から生まれた妖なのかもしれない。

 神のみぞ知ると言ったところであろう。


「じゃあ、光焔が、知ってるかもしれないわね」


「うん、そんな気がする」


 綾姫も、瑠璃も、光焔なら「妖の樹海」について、詳細を知っているのではないかと推測する。

 彼は、光の神から生まれた妖だ。

 ゆえに、深淵の界についても、知っていた。

 「妖の樹海」についても、詳しい事を知っているだろうと推測する。

 柘榴達も、同じことを考えていたようでうなずいていた。


「あいつが、目覚めるのを待つしかないか」


「そうみたいだな」


 九十九と千里は、光焔が目覚めるのを待つことにした。

 光焔に視線を移しながら。

 光焔は、ぐっすりと眠っている。

 力を発動し、疲れはてたように。

 その様子はまるで、子供のようであった。



 時間が立ち、青空が夜空へと変わる。

 九十九達も眠りについていた。

 激しい戦いだったため、すぐに眠りに着けたようだ。

 柚月も、朧も、未だ眠りについている。

 そして、光焔も。

 その夜、光焔は、夢を見た。

 真っ白な景色の中で宙に浮きながら目を閉じている。

 夢の中でも眠っているようだ。

 それほど、力を使ったのだろう。


「光焔、目覚めて」


「ん……」


 光焔を呼ぶ声が聞こえる。

 優しく、凛々しい声だ。

 その声は、女性のようにも、男性のようにも聞こえる。

 中性的な声の持ち主のようだ。

 どちらかは、わからないが、光焔にとっては、懐かしい気がした。

 光焔は、ゆっくりと目を開け、地に降り立つ。

 すると、彼の目の前に、誰か人がいるようだ。

 だが、視界がぼんやりとしていてはっきりと見ることができない。

 まだ、意識がはっきりとしていないのだろうか。

 目を瞬きさせるが、まだ、視界がぼやけている。

 どうやら、意識の問題ではないらしい。

 光焔は、その人物事態が、霧に包まれているように思えてならなかった。


「久しぶり、と言ったところかな?」


「誰、なのだ?」


 謎の人物は、光焔に語りかける。

 どうやら、光焔と面識があるらしい。

 だが、光焔は、その声を主が誰なのか、わからず、姿も、はっきりと見えないため、尋ねた。

 困惑した様子で。


「覚えていないか。まぁ、当然かもしれないね。けど、こうして会えたという事は、力を取り戻してきたんだろうね」


「どういう意味なのだ?」


 謎の人物は、光焔が、覚えていなくとも、気にも留めていないようだ。 

 それどころか納得した様子を見せている。

 謎の人物は、意味深な事を呟き始めた。

 自分と会えたという事は、力を取り戻してきた証拠らしい。

 光焔が、光を発動して、柚月達を助けたことと何か、関係があるのだろうか。

 光焔は、見当もつかず、首を傾げた。


「貴方は、目覚めてから、無意識のうちに、力を取り戻してきたんだ。おそらく、神々が復活したことも、関係があるんだろうね」


「そういう事では、なくて……」


「わかっているよ。貴方と私は、深いつながりがあるんだ。だから、私達は、夢の中で再会することができた。けど、力は、完全に取り戻せていないから、私の顔は、見えないみたいだけどね」


 謎の人物は、説明する。

 光焔が、なぜ、力を取り戻せたのか。

 だが、光焔が、聞きたかったのは、そういう事ではない。

 なぜ、力を取り戻したことで、謎の人物に出会えたのかが、知りたかったのだ。

 それも、謎の人物は、見抜いているようで、説明する。

 二人は、深いつながりがあるのだと。

 だが、力を取り戻せていない為、自分の顔が見えない事も見抜いていた。


「光焔、眠りについている彼らを連れて、樹海まで来てほしい」


「樹海?あの魂を導く妖がいるという……」


 謎の人物は、光焔に、樹海まで来るよう告げる。

 柚月と朧を連れて。

 九十九達が、話していたあの「妖の樹海」の事だ。

 彼らの読み通り、光焔は、「妖の樹海」について知っており、謎の人物は、強くうなずいた。


「そこで、私は、待っている」

 

 謎の人物は、告げた。

 どうやら、「妖の樹海」にいるらしい。

 と言う事は、謎の人物は、「樹海に住む妖」なのだろうか。

 顔がはっきりと見えないため、光焔は、確信を得ることができない。

 何者かでさえも。


「お前は、誰なのだ?なぜ、こんなにも、懐かしく感じるのだ?」


 光焔は、問いかける。

 目の前にいる謎の人物の事を懐かしく感じているようだ。

 たとえ、姿が見えなくとも。


「いずれ、わかるよ。ずっと、待ってる。だって、貴方は、私の……」


 謎の人物は、光焔に告げようとする。

 互いの関係性について。

 だが、謎の人物は、光に包まれ始め、声が聞こえなくなってしまった。

 ゆえに、光焔は、正体を知ることもできず、光に包まれた。

 その直後、光焔は、目を開けた。

 彼は、ゆっくりと起き上がり、あたりを見回すと、光城にいると確信を得た。

 隣には九十九と千里が眠っている。

 二人は、無事だったようだ。 

 そう察し、光焔は、安堵し、夢の中の出来事を思い返した。


「わかった。必ず、二人を連れていこう」


 光焔は、謎の人物に告げるように呟いた。

 柚月と朧を連れていくことを決意して。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます