Loneliness*Lovesickness

作者 白河宣子

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今作は「きみにさよなら」に登場する特定の人物にスポットを当てた物。

もちろん、前作は読んでいなくても、単体で楽しめるように描かれている。

失恋直後の酒の席で、なし崩しになり。
熱い一夜を共にする一克と倉橋。

二人の情熱は打ち上げ花火のようで、巧みな描写で描かれる情愛模様は凄く引き込まれた。

これだけ心情を描けて、グラス一杯の描写で人を引き込めるのだから。
今作は圧巻の一言に尽きる。

是非、ご覧になって頂きたい。

★★★ Excellent!!!


失恋に落ち込む大学生と、一見完全無欠な弁護士との、艶やかで美しく、淫らで可愛い恋煩い。

器用そうな二人が、不器用な恋に落ちていく流れ、その可愛らしさ、妖艶な雰囲気にニヤニヤ、きゅんきゅん悶えながら、一話一話に惹き込まれ、最後まで見守りたくなってしまう--堪らない♡恋物語です。

読み進めていくうちに、其処に籠められた作者様の登場人物達への愛、物語を紡ぐことへの真摯な情熱が伝わり、それが、物語を依り心地好く、依り面白くしていると私は感じています。

然りげなく埋め込まれたキラリと輝く言葉の数々が、依り堪らない気持ちを盛り立て、流麗に紡がれる愉しい世界へ、深く、快く没頭できる作品です。

是非、御堪能くださいませ♡。