親猫

作者 気分屋

第70話 とびら」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 猫の子から読み続けてやっと追いつきました!
    追いつくまではコメントを書かないと決めていたのでいいたかったことを
    全部書きます。

    一、二日で一話追加されてたのでこっちも負けずと
    一日五話、六話、時には十話ほど読んで一週間かけてやっと追いつきました。その日のうちに泣いたり笑ったり笑ったりして大変でした。
    毎秒投稿してください。

    気分屋さんの小説によって自分は鬱耐性が0に等しいということが
    わかりました。
    何度こんなに悲しいのなら愛などいらぬ!と叫んだかわかりません。
    嘘ですこの世は愛がすべてです。

    でももう鬱展開やめてくれ、幸せな日常だけ書いてくれればいいからさ?

    ちょこちょこ入るジョジョネタに毎度爆笑しております。
    もっとたくさん入れて欲しい

    そして毎回他の読者様とのコメントの掛け合いでも爆笑しております。
    自分は多分面白いこと言えないのでご了承願います。

    かばんちゃんかわいい

    P.S.
    ここまで読みきって結構な量の誤字脱字を見つけましたが、
    報告したほうがよろしいでしょうか?

    作者からの返信

    このくそ長い妄想の為によく時間を裂いてくれました、ありがとうございます

    現在鬱の海を自由形で泳ぎっている最中ですが大丈夫、ハッピーの呪文を唱えましょう

    ハピネス!(裏声)


    結構な量だったでしょう?その報告だけで十分でございます、恐縮です
    時間見つけて見直して直していきます

    2018年4月18日 07:57

  • 物語はいよいよ核心へと迫っているわけですが…
    「かばんちゃん総集編」に全部持っていかれて、そこから先に思考が進みません。

    作者からの返信

    かばんちゃん総集編をやりたいだけだったとしたら説明がつくのです

    2018年4月17日 07:51

  • なんか、ようこそ!ジャパリパークの歌詞の開かれたゲート夢をいっぱい語ったら どこまでも(どこまでも)続いていくgreatジャーニーにちょっと内容が似てますね
    そして次回かその次の話で読んだら絶対に自分は泣いてますねw

    作者からの返信

    泣ける話になるように努力はしてみようと思うのよ

    2018年4月17日 00:05

  • 残った心が思い出のどこかにトラウマと一緒に散らばっていて
    それを三人で追体験して復元していく

    いいゾ~これ

    かばんちゃん総集編どころじゃないやばい映像も出てきそう
    なんか不穏な感じがしなくもないし
    SAN値は最後まで持つのだろうか!?




       

       オイナリサマのトビラ、開いてもいいっすか?

    作者からの返信

    かばんちゃん総集編ができただけでも満足

    ゲームの収集イベントみたいよね、主人公離脱中



    よーし開けろ開けろ、全開じゃ

    2018年4月16日 23:57

  • 最初の「子供達」の部屋でシロの元気な姿を見させられて泣かされたと思ったら「とりのおうさま」登場ですか。コラボ好き。
    その後にも「かばんちゃん総集編」で大笑いしてしまいました(笑)
    でシロに傷つけられてしまったのが女の子だったとはね…いつから男の子だと錯覚していたのだろう
    あかん…けもフレのアニメの11話と12話を見ている時くらい泣いている自分がいる
    早く幸せを取り戻して欲しいものです…

    作者からの返信

    元気なシロ書いたのくっそ久し振りで楽しかった
    ジワジワ小さなコラボネタは入れていきたい

    夢の中にしたのはこのネタがやりたかっただけ説があるのです

    書く予定なかったから男の子みたいになってたけど女の子やぞ?

    毎度ありがとうございます

    2018年4月16日 22:42

  • 70話おめでとうございます。
    猫の子の頃は今ベロチューの話してる頃ですな

    かばんちゃん総集編で嫌な予感しかしなくて草
    まぁ・・・開けた瞬間ベッドシーンとかじゃなくて良かったねぇ・・・

    シロの辛い部分全放出するのん・・・?泣いちゃいますぜ、いや、泣かせてくださいお願いします何でも((ry

    作者からの返信

    手を繋ぐだけでドキドキしててこっちと温度差尋常じゃなかったw

    シロの過去はいい加減掘り下げんとね

    2018年4月16日 22:39

  • ???「罪、それは一度犯してしまうとどんなに時が経っても拭いさることはできないもの、罪、それは忘れ去ることのできないもの、罪、それは永遠に付いて回るもの、さあ、シロ様、貴殿はどのようにしてその罪を背負い続けるのかとても見ものでございますね」

    作者からの返信

    なんぼ正しいことの為にやっても殺しは殺しよ

    2018年4月16日 22:37