ストロングゼロ/オーバーホール

作者 偽教授

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

純然たる妬みによって星あとひとつを入れることができませんでした。私だって猫に餌やってたくらいのことで「本当は優しい」とか都合のいい評価を受けて据え膳されたい。人生。人生。優しいってつまり顔がいいって意味だろア"ア"?! みたいな気持ちでやっぱりあとひとつ星を入れることができません面白かったです。彼女欲しい。

★★★ Excellent!!!

 あまりに優しい世界だったので「どうしたんですか教授!?」と若干戸惑ってしまいましたが、正直かなり好みのシチュだったのでつい☆3投げてしまいました。
 若者よストロングゼロを手に取れ、しかる後ストロングゼロを捨てよ、街に出よう。

★★★ Excellent!!!

作中に登場するヒロインのまさかの名前に吹き出しながらも、ずるりと引き込まれてしまいました。何気ない日常をここまで魅せるのは、純文学の最大の武器でありますし作者様の筆力あってのものだと思います。

枯れ草に埋もれるような感覚と、青々しい新緑の匂いを同時に感じるような不思議な読後感を味わうことが出来ます。語り手にとってもっとも多くの感情が詰まった場所が、彼の新たな人生の交差点となったことを、他人事ながら我が身のように嬉しく思いました。