ぐちゃぐちゃぐちゃ

お久しぶりです。


今日は受験生らしく市内の図書館に友達と行ってお勉強してたんです。

その友人が理解のある子、っていうか、いろんなことに興味がある子で、大学に入ったらジェンダー論を学びたいって言うんです。


もちろん、彼女は私のことを色々知っていて、「ジェンダー論って楽しそうだよね」って言ってくれました。

(いやぁ、マジホントいい友達に恵まれてる。)


まあ、これは前置きで、私も今まで自分の意見だけでこの日記を書いてきたので、ちゃんと出版されたセクマイに関する書籍や、ジェンダー論の本を読んだことがなかったので読んでみたんです。

(もともと、この日記を書くにあたって、自分の思いを素直に書いていきたいと思っていたのであまり読まないようにしていたのもあるんですけどね)


ぐちゃぐちゃになりました。

え?私って何?

って感じです笑


とりあえず、私、バイじゃなくて、パンセクシャルかもしれません…


バイセクシャル→男性、女性のどちらも好き

パンセクシャル→好きになるのに

性別なんて関係ない


という違いがあるんですね


例えば、もともと男性だったけれど、性転換手術やホルモン注射等で女性の体になった人を好きになるのばパンセクシャルに入るそうです。


また、Xジェンダーについても。

多くの人は女の子、男の子扱いされることに違和感を感じたり、第二次性徴期で体に性的な変化が出ることに嫌悪感を感じる方もいるそうです。


私の場合は、たしかに、女の子扱いされるのは嫌な気はしませんよ💦でも、「ああ、私この人から見て女の子なんだ」ってすっと冷めたような感じになることはあります。


なんだろ、ただ対等の友達でいいのになって

よく女の子って重いもの持ってるときは男の子に「持ってあげるよ」とか言ってほしい、みたいな願望あるっていうじゃないですか。

それがあんまりわからないんです。

たしかに男性のほうが肉体的に重たいもの持てるのはそうですけど、私だって持てるし。

なんで?って気分になっちゃいます(もちろん!申し出はありがたいんですけど)


体の成長は、正直悲しかったです。

ああ、私子供を産める体になっちゃったんだ。昨日まで男の子と遜色ない体つきだったのに。いつか、彼らと対等な力関係でいられなくなる。女として見られる日が来る。

私は初経が早い方でしたので、みんなより早く体が女の子になっちゃって、他の子たちが羨ましかったです。

少しずつ膨らんだ胸も、腰つきも、違和感でした。


今でもあまり足は出しませんし、胸は大きくない方なので(笑)なべシャツ等で潰すことはしませんが、基本ダボッとしたトップス、ひざの隠れる丈のボトムスですね笑


あたりにも服装に興味がなさすぎて中学の頃は大変だったので、高校に上がる頃に化粧も覚えて、Tシャツだけじゃいトップスも集めたし、ジーパン以外のボトムスも履くようになりました笑

(昔はマジで、Tシャツとジーパンさえあればいいやって思ってました笑)


うーん、あと、やっぱり、ノンセクが主で語られた本がなかったのが残念でした。


性欲のない恋愛はどうすれば良いのかと思いました。


本の引用になってしまうのですが、やっと社会の若い人たちを中心に浸透し始めた”LGBTQ”は俗に言うセクシャルマイノリティという大きな氷山の一角でしかないんです。ほんとに!


こうやって、えらそうに語ってる私ですら知らないセクシャリティがいっぱいあるんです。


だから、みなさんも、ご興味がありさえすれば調べてみてください。

もしかしたら、あなたに当てはまる新しいセクシャリティがあるかもしれません。


社会で多数だからって、それが普通だなんて誰が決めたのでしょうか?


”異性愛”という言葉に「不思議、なんで普通のことにそんな名前がつくの?」なんて思っていらっしゃいませんか?


それがすでに、おかしいんですよ。

なんだって、当たり前なんかじゃないんです。ただ多いだけのこと。


いつか、みんなが広い視野を持って”異性愛”という言葉が同性愛と同じ価値観を持つ日を願います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます