昔のお話②

春休み。

私とAくんは公立高校の受験を控えていました。

Aくんはあまり頭のいい子ではなく、クラスてもやんちゃのある意味問題児でした。


そんな彼が「勉強教えてほしい」といったので私は「いーよ、うちくる?」と安易に他意無く誘ってしまったのです。

正直近くの公民館は知り合いがいっぱいいて嫌だったし、Aくんの家は私の家から遠かったので行くのがめんどうでした。


そんなこんなでAくんが我が家に来ることになったのですが、なんとなく私も彼氏を家に呼ぶというのは親に言いにくくて、親が仕事でいない時間に会うことに。


まあもちろん、やつは勉強なんぞしませんでした。

「あんたそんなんで大丈夫なの!?」ときいたら「え、定員割れしてるからよゆーw」だそうです。


その日、私は初めて家族以外の人とキスをしました。軽い触れるだけのキスでした。

Aくんは私が真面目に勉強している後ろに座りずっと私の首にキスをして遊んでいました。


その時は、Aくんが構ってもらいたがっている小さい子どもみたいに思えて、彼のやっている行為は別に気にもなりませんでしたね笑

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます