僕は異世界で粉物屋を始めたよ! (黒き竜の物語)

かず斉入道

第1話 まえがき(溜息しかでない僕……)(1)

 あああ、暇だな、僕のお店……。駄々今ランチのタイムの忙しい時間(とき)だと言うのにね。僕のお店。店内を見渡し確認をすればわかる通りで。お客さまの姿一つない状態なのだ。


 だから僕は、今自分自身がおかれている現状を見て確認をすれば。「ハァ~」と、嘆息しか漏れてこない。


 それも、この閑古鳥が鳴く、我がお店の状態は、今日初めての様子ではなく。もう数か月も続いている状態でね。僕自身もこのお店……。


 そう、一階が店舗、二階と三階が、居住スペースがあるこの大きな店舗付き注文住宅を購入する際の頭金の残りの貯蓄。お店を始め、運営を軌道にのす迄の運転資金の方もそろそろ底をつきそうな悲惨な状態へと陥っている最中なのだよ。


 だから僕自身、家のお店の現状……。お客さまがいない状態を何度も見て確認をしては、「ハァ~」と溜息……。


 その後はまた、「どうしよう?」と、自分自身が気落ち落胆しながら。


 今後この『広島お好み焼きさつき』を経営するか? 否か? を只ひたすら思案を続けたのだ。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る