森島章子は人を撮らない

作者 秋永真琴

分かる、才能ってこういう人が持ってる。

  • ★★★ Excellent!!!

面白い。

章子ちゃんのセリフ回しや描写がとてもリアルで、作者さんの近くにもこの手のタイプの天才がいるのかしら、と思いました。
 こういう、人とは違うぞ、という人物を描けるのはとても羨ましく、見習いたいです。

また感想になってしまいますが、
章子ちゃんの作品に触れた時の主人公はここからどうなるのだろうとハラハラして読んでいました。
しかしそこでキチンと素直に自分の気持ちを言えるほど強く、また自分の表現活動に誇りを持っている主人公でよかったです。
徐々に興奮していくのがとても表現されていました。

ただ、「ファイルを閉じる頃に手が震えていた」描写がありましたが、そこまで肉体的な興奮の描写がなかったために(あったらごめんなさい)、現実にひゅっと無理に連れ帰られた感じがしました。
感情の高ぶりに肉体的な描写や、五感によるアプローチを入れるとさらにあのシーンが印象付けられるのではないかなと思いました。

また、これは本当に難しいことだと思いますが、この素敵な物語、文章の作者さんだからこそ章子ちゃんの写真を、才能をさらに翻訳してほしいと思いました。

とても面白かったです。
ありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@sashiさんの他のおすすめレビュー 2