第30話 ブラックな集落生活? (6)

 と、言うことで、多忙で辛い健太少年ではあるが、集落一の役に立たないひ弱な男から。一躍、集落の人気者……。それも、独身女性への好感度は高くなっている。


 だって執事の如く、良く働く。若くて可愛い健太少年だから。この集落の若い女性の憧れの的になってきているようなのだ。


 特にオークの社会は、女尊男卑の世界だから、妻の為に文句を言わず家事をこなす男は、人気が高いのだよ。


 だから、健太少年の弱々しい気落ちをしている様子を凝視しては、いつも呆れ返っているアイカお姉さま自身も、どうだ、こうだと、健太少年を手放さないのは。家事は良くする上に、アイカお姉さまに対して、良く尽くす男なのだからなのだ。


 と、言うことだから、アイカお姉さまももう少し健太君に優しくして、夫らしく振る舞うことを許してやればいいのに。アイカお姉さまは、自身の気が進まない時は、健太君が横に座ることさえ拒否をするのだ。


 だから健太少年とアイカお姉さまの二人は、相変わらず夫婦であって、夫婦の仲ではない。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます