第48話 家出! (13)

 えっ? な、何……ま、まさか、け、健太って……僕の事?


 と、いうか、この世界に健太何て名前は僕ぐらいしかいないよね。


 それにさ、僕の名前だけではなくて、エリエさん、プラウム、サラの三人の奥さん達の名前も男女の会話に出てきたし。男性の方は "チビ" を処分しろと述べているから僕の事だと思う……


『ううう……』考えたくはないけれど。今の二人の会話を注意深く聞いてると、先ずは間違えないく、声の主はアイカさんだと思うし。相手はまだ誰だか解らないけれど。僕以外の男性に喜悦な声迄漏らしていた気もする……


 それにアイカさんと誰だか解らない男は、僕を殺す? 殺さない?とか述べていたよね……


 だから僕は、四つん這いで地面に体を伏せていたけれど。慌てて立ち上がり、利く耳を立てて辺りを確認をしたよ。

 かなり今の僕は動揺をしているけれど。『とにかく。とにかく、落ち着くんだ……』僕は自分自身に言い聞かせて──声が聞こえた方向を自分なりに推測をするよ。

『う~ん…… 確かあっちの方向だった気がする?』と、思うと。声がしたと思われる方向に駆け足を始めたよ。

 特にさ、靴も草履すら履いていない僕だし、近代世界日本から着た僕だから、ここ辺りに住んでる人達とは違ってね。鍛え方が違うから足の裏の皮が柔らかいんだよ。


 だからね、草や枯れ葉、木の枝、小石や尖がった石の多いい……道の無い道を全速で走り抜けるとね、傷まみれになるの。多分今僕の足の裏は血まみれだと思う?

 だって痛くて堪らないから。


 でもさ、それでもさ、何とか止めないと……僕のモノなんだよ、アイカさんは、なのに何で、他の男に嬌声を漏らしているんだよ……


『はぁ、はぁ、はぁ……痛いし、息が苦しい……』


 僕はこんな感じで、痛くて堪らないけれど。とにかくさ、声がした方向へと走り抜けて行く──アイカさんを止める為に……


『はぁ、はぁ、はぁ、アイカさんは何処? 何処なんだよ──?』


 心の中で何度も叫んだし、息を切らしながら、辺りを『グルグル』と、全速力で駆け抜ける。足の裏が千切れそうなぐらい痛くても……




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます