第22話 相変わらず辛い新婚生活 (7)

 それなのに、それなのに、「はぁ……」と、また溜息が漏れる。


「こらぁ~健太! また溜息を……そんなに私の体に触れ、マッサージを行うのが嫌なのか? ……それに、そんなにも嫌なら、早く他所にいってしまえ──」


「えっ? ちょっと待ってよ、アイカさん……僕全然嫌じゃないよ。それこそ、嬉しぐらいだよ……」


「じゃ、何故、溜息ばかりをつくんだ? 健太は」


「えっ? だって、だって……」


「ん? だってじゃ、分からん? 男ならちゃんと述べてみろ」


 アイカさん、憤怒しなが、早口で威嚇攻撃をするけれど。ぼ、僕、本当にアイカさんに御無沙汰を喰らっているから。本当に『ムズムズ』とするんだ。

 それに、アイカさんと二人っ切りなら。『要求不満なんですよ』と、述べるけど。

 アイカさんの妹達いるから、そんな事述べる訳にもいかないから。本当に困り果ててきたよ。本当にどうしようと思う?


 だからアイカさんの耳元で囁く事に決めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます