第12話 ブラック新婚生活! (8)

 だって長の夫なのに、体つきも小さくて華奢な僕だからね。それにさ、貧弱な体型の僕は、幼少の頃より、ガリ勉で男で。勉強ばかりしていたもんだから、本当に体力などないのです。


 そんな如何にもの僕だから、先ずは狩や戦などには、全く持って使い物にならないの。だから先程も述べ通り、立場が凄く弱いんだよね。


 まあ、そんな訳もあるから、この集落の役に立つ事といえば、食事の準備と御片付ぐらい……それと後は家での家事とアイカの為に夜の奉公で彼女が満足させるぐらいが僕が出来る、精一杯頑張れる事ぐらいかな?


 ……あっ? それと奥様の、抱き枕になる事ぐらいかな?


 まあ、こんな感じの僕だから、本当に使えない……どうしようもない男だと。召喚されたその日から、奥様や集落の人達に。最低のレッテルを貼られている、立場のない男なのね。


『あああ……」


 取り敢えずは僕──そんな訳もあるから、とにかく集落では微妙な立場で……食事代も勿体無いから逆に食してしまったらどうかと? 集落の人達の間で意見も出たみたいなんだよ。


 だから長の婿殿といった立場でも、とても微妙な立場で。いつ集落から放り出されてもおかしくないし。処分されて食されてもおかしくない、立場なんだ……


(18-9)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます