第5話 くれぐれもその歳でよそ様の娘さんを孕ませるんじゃないよ

「え? 男爵様が?」

「はい、父上がヒコザ先輩に興味を持たれたみたいで、夕食に招待したいと」


 いつもの昼休みではなく今は放課後でちょうど帰り支度をしてたところだったんだけど、ちょっととんでもないことになってきた。ユキさんに呼び止められて話を聞くと、タノクラ男爵閣下、つまりユキさんのお父さんが平民の俺なんかを夕食に誘ってくれたというのだ。おそらく姫殿下からたまわった懐剣かいけんが原因だとは思うが、いきなり過ぎて困るよ。


「えっと、興味ってつまり……」

「私も昨夜突然言われたので詳しいことは分かりません。ただ懐剣を見たいと言われてましたので、多分姫殿下が何か申されたのだと思いますけど」


 やっぱり懐剣か。姫殿下からの物だとするとさやに飾られた宝石も本物だろうし、売ったら一生遊んで暮らせるくらいの金になるんじゃないだろうか。いやいや、もちろん売るなんてとんでもないことだけど。


「それで、いつ?」

「出来れば今夜にでも、と」

「こ、今夜!?」


 それはあまりにも急だって。今日も普通に登校しただけだし、手土産も何も用意してないから。


「父上は何も持たずに来ればいいとおっしゃってました。気遣いは無用とのことです」

「いや、しかし……」

「父上は裏表のない方なので、そう言われたのですからその通りに受け取って下さい。あ、ただ姫殿下から賜った懐剣だけは忘れずにお持ち下さい」


 もちろん懐剣は肌身離さずと言われているから持っていくつもりではいるけど、その他にも何かあるのかな。


「今夜は何か予定がおありですか?」

「ユキさん」

「はい?」

「俺、首ねられたりしないよね?」

「え? どうしてですか?」

「いや、だってほら、俺ユキさんに付きまとっているようなものだし」

「ご自覚があるんですね」

「ゆ、ユキさん?」

「ふふ、冗談ですよ」


 ユキさん、何だか楽しそうだな。俺と一緒にいるのは姫殿下の命令のためということが校内に知れ渡って以来、少しずつユキさんが打ち解けてきてくれているような気がする。これまでは何であの子がというふうに見られていたものが、今それを口にすると姫殿下への反逆と取られかねないからね。気が楽になったせいもあるのだろう。


「それで今夜はいかがですか?」

「う、うん、とりあえず予定とかはないけど」

「では一刻いっときほどしたらお城の東の公園まで来て下さい。そこまでお迎えに行きますので」


 一刻とはだいたい二時間くらいのことである。よかった、一度帰れるのか。


「そうそう、何か食べたいものはありますか? お肉でもお魚でも何でもいいですよ」

「俺は好き嫌いはあまりない方だけど、そうだな、せっかくご馳走になるならお肉がいいかな」

「お肉ですね。分かりました」


 あれ、でもお呼ばれしたのは曲がりなりにも貴族様のお屋敷、それも由緒正しい豪族のタノクラ男爵様の家だ。もしかしてお肉ったって俺たち平民がいつも口にしているようなものとは大違いなんじゃないか。それに俺、こっちの世界の作法とか全然知らないぞ。どうしたらいいんだろう。


「ではまた後ほど!」

「あ、ユキさん、ちょっと」


 ユキさんには俺の声が届かなかったらしい。急ぎ足で駆けていってしまった。


 どうすんだよ俺。粗相そそうとかやらかしたら本当に首と胴が別々に帰ることになるかも知れないぞ。父ちゃん、母ちゃん、親不孝な息子でごめん。


 それから俺は一度家に帰り、せめて身ぎれいにしておこうと風呂に入って下着も新品のものに着替えた。母ちゃんには心配させるといけないのでタノクラ男爵様の屋敷に行くとは言わず、友達と晩飯を食ってくるとだけ伝えた。そうしたら母ちゃんは父ちゃんには内緒だよって言いながら、大銀貨を一枚持たせてくれたよ。


 大銀貨は約千円の貨幣だが、二万円で一ヶ月楽に暮らせることを考えると、実際の価値は日本なら一万円以上になると考えていい。つまり高等四年生、日本基準でいうと高校一年生と同じ十六歳の俺には相当に大きな金額になるということだ。友達といて恥をかくことがないようにとの親心である。泣けるよ、母ちゃん。


「あんた、くれぐれもその歳でよそ様の娘さんをはらませるんじゃないよ」


 前言撤回だ、母ちゃん。何故なら母ちゃんは大銀貨と一緒に避妊具、いわゆる男のアレに被せるヤツを渡してきたからである。しかも五、六個まとめてだ。俺は呆れながらも大銀貨と一緒にズボンのポケットに避妊具をねじ込み、制服の上着の内ポケットから懐剣を取り出して落とさないように懐にしまってから家を後にした。


「あ、ヒコザ先輩、こっちです」


 ユキさんは公園の入り口で待っていてくれたので、すぐに落ち合うことが出来た。よかったのか悪かったのか、俺はユキさんに連れられてタノクラ男爵邸に向かって歩みを進めた。




 ところ変わってこちらは隣国のタケダ王国。国王はタケダ・ハルノブといい、若い頃はその荒い気性と天性の知性により、文武にほまれ高き人物であった。だがその猛王もうおうもすでによわい七十を超え、晩年は安寧あんねいに満ちた生活に心を安らかにしていたのである。


 そんな折に後継に指名されていた第一王子であるヒコタロウが病で急逝きゅうせいしたため、第二王子トラノスケを擁するトラ派と第三王子イチノジョウを擁するイチ派との間で争いが勃発。通例であれば順当に第二王子が後継に指名されるのだが、トラノスケの母親である第七夫人は実は貴族の出ではなかったため、公家出身の第十一夫人の子であるイチノジョウを後継に推す派閥との間で争いが巻き起こったというわけである。それからもう一つ、トラ派には王国の乗っ取りを企てているという噂が流れていた。


「陛下、いかがなされるご所存ですか?」


 王の部屋で揺り椅子に腰かけ、楽しげに口ひげをいじる王に向かって話しかけているのはタケダ家重臣の一人、ツチヤ・マサツグ伯爵であった。ツチヤ伯爵は全部で六人いる側近の中でも、最も王に近いとされる人物である。


「マサツグよ、トラ派の動きはどうじゃ?」

「はい、かねてよりの調べ通り、やはりオーガライトを大量にため込んでおります」

「あれを使って何をしようというのかのう」

「それも目下探索中ではございますが、なかなか尻尾しっぽを掴ませてはくれないようで」

「送り込んだ密偵も例のくノ一くのいち籠絡ろうらくされたとか申しておったな」

「トラノスケ王子殿下は国で一、二位を争う見目麗みめうるわしき女を何人もくノ一に仕立て上げておりますので、修練を積んだ密偵でも男であればあらがいがたいようでございます」

「ほっほっほっ、もそのような女子おなごに籠絡されてみたいものじゃ」

「陛下! ご冗談はおやめ下さい! 今ここで陛下がお命をお落とされてはトラ派の思う壺となりますぞ」


「ところで密使はすでに旅立ったか?」

「はい、陛下からの密書を携えて、数日のうちにはあちらに着くものと思われます」

「まずはあちらの出方を窺うとしようじゃないか。焦ることはないじゃろう」


 そう言って口元に笑みを浮かべる国王はかつて猛王と呼ばれた時のように、まるで戦いを楽しみにしているかのような表情を浮かべていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます