第411話

「えェ~…ッと」冨田がタブレットを使い、解説し始めた。

「同じ階の他の住民のアリバイは確認されています…… 阿久津の死亡推定時刻にアリバイのないのは……」

「……😒✨✨」

 サッと全員の視線がニノマエに集まった。


「うゥ…😲💦💦」ニノマエは小さく呻き、細かく首を横に振った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます