ネコ耳エルフのなえどこぴより

作者 きぐるみ女神Q

50

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品は珍しく2人称視点で書かれていて、最初は驚きましたがキャラが確立していて読みやすい印象を受けました。
そして何と言ってもキャラたちが楽しく、読んでいる自分自身も楽しくなってしまう。そういうところにライトノベルの良さがあるのかもしれませんね。しかし楽しいだけでなくキャラを上手に動かし、物語を展開して行く。その能力に脱帽です!
癒されたい人、読んでみると楽しい気分になれますよ!!

★★★ Excellent!!!

 第一章はほのぼのとした展開で読者をほっこりとさせてくれます。読んでいて思わず笑みが溢れるように愛らしいキャラクターにあなたは魅了されることでしょう。

 第二章からは物語が進んでいきます。第一章の雰囲気をそのままにキャラクターが動き出すこの物語は読んでいて楽しく、読者を飽きさせません。

 出てくるキャラクターがかわいい。読む理由はそれで構いません。むしろかわいいから読み進めずにはいられないといった作品です。心に癒やしが足りないそこのあなた、読んでみてください! 必ず満足することでしょう!

★★ Very Good!!


まず、驚いたのがここまで二人称使った表現作品も珍しいということだ。読者に語りかけるような文章となる2人称の特徴がうまく出ていたと思う。

そして、これでもかといういうくらい可愛らしい世界観はそれだけで無類の個性を持ち合わせているなとも感じた。

あとはべりんちゃんはかわいいだけでなくすごい。ここまでさらりと無理難題を越えられてしまうと爽快感さえ覚える。

癒しを求めている方、ちょっとほっこり微笑みたい方にはおすすめだ。子供にも読みやすいだろう。


ただ、これから私が作者に一読者として要望した事もある。

誤字は作者自身がいかようにもできるが、

若干表現に口語的な表現が多く風景が頭に浮かんでこないという事と、

3人称の表現と思える箇所ではやはり口語的表現は避けたほうが文と物語にもっとメリハリが出ると感じた。

★★ Very Good!!

主人公の女の子が、自身に宿る特殊な能力によって
物語の舞台である神樹イグドラシルの人々に起きている問題を
解決していくという、人助けのお話です。
バトルもない、冒険もしない。しかしただただ人々とのやり取りに
癒される、そういうお話なんです。
まだ話数も少ない作品ですのでまずは読んで確認してみては如何でしょうか?