国境をかける戦士たち(続・イルマの東へ)

作者 月河 未羽

29

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

前作の世界観をより大きく広げる卓越した描写が魅力で、特に主人公たちを飲み込む美しく恐ろしい不思議の森は読者を深い闇の奥へと連れていきます。そこでアベルが見たものとは……。
世界観も魅力なのですが、この作品が描き出すのはそこに生きる人々、懸命にもがき生きようとする姿に引き込まれる読者も多いはずです。

本作では前作以上に色々なキャラクターが活躍します。私のおすすめはラルティスです。彼はナイトです! うん、本当にカッコイイ!
御贔屓のキャラクターも出来たとこで。うん、読み返しましょうか前作を!
『イルマの東へ』を読んで本作を読み、児童書版を読むのがいいのでは?
と今考え中です。



★★★ Excellent!!!

手に汗握る緊迫感。巧みな心理描写と息もつかせぬ展開。かと思いきや、ふっと微笑まずにはいられないシーンがあったり、美しい情景描写に癒されたり。
鮮やかな神視点で描かれる様々な人間模様は、美しく織り上げられた叙事詩のようです。

丁寧な日本語とすっきりした言いまわしは、配慮の行き届いた繊細な描写でありながらテンポよく読めてしまうという、一見正反対の魅力を兼ね備えていて、ついつい頁をめくる手が止まらなくなります。

また日本の武士道とは違った騎士道精神なるものも垣間見えて、地に足のついた騎士としての描写が、それぞれの人間らしさに繋がっています。

西欧の良質な児童文学を彷彿とさせ、かつ今風の軽やかさも意識して取り入れた軽快な筆致は、まさに"ライトな青少年文学"なのであろうと思います。

読後感さわやかな、平和への祈りが込められた、優しい物語です。

〝我々は、いつか武器を置いてこう言える日のために、涙をのんで正義のもとに戦う。もう戦争は止める〟――先代王ラトゥータスの言葉 より

※ この作品は、『イルマの東へ』の続編として執筆されたものです。冒頭から群像劇として綴られているので、先に前作で主人公アベルたちと一緒に旅をしてからお読みになると、より一層お楽しみいただけると思います。
ぜひ『イルマの東へ』とあわせて、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

前作『イルマの東へ』より、対象年齢が上がったということで、ストーリーの構成も前作とは異なっています。

『イルマの東へ』は、主人公、アベルの視点が主でしたが、今作はさまざまな人物の視点から物語が紡がれ、その分、世界の奥行きが感じられるようになっています。

そして、主人公側を追い詰めるのが上手な作者様……。
ついつい、どうなるの? どうなってしまうの!? と読むのをやめられなくなってしまいます。

外交や戦争、謀略だけでなく、恋愛模様もあり、一作で何粒もおいしい作品です。

前作から読んでいただいたほうが、何倍も楽しめる物語なので、ぜひ、『イルマの東へ』から順にお読みいただきたいです。

★★★ Excellent!!!

今からこの作品を読もうと思われた方は、是非1作目の「イルマの東へ」から読んでください。
1作目そのものが大きな伏線となっているので、「続編」の面白さを充分に味わうことが出来ると思います。

登場人物が増えて、1作目の主人公たちの出番は少なくなっていますが、1作目で目立たなかったあの人やあの人やあの人も活躍します。

今回は、兄王の活躍で物語が終わりますが、子どもたちに「善とは正義とは何か?」を考えさせてくれますね。

個人的には、アベルとラキアの進展しない恋?(笑)が、この先どうなっていくのか、優しい続編を期待してしまう所です。

★★★ Excellent!!!

「続編」の面白さ、というのをじわりじわりと感じた作品です。

これは、『イルマの東へ』という小学校高学年以上を対象とした児童文学の続編として描かれた作品です。

前作は王弟アベルが仲間と共に様々な困難を乗り越え、兄王と再会する話で、視点は殆どアベルとその仲間たちのものでした。

今作は続編であり、なおかつ中学生以上を対象としているというのもあり、視野がぐぐっと広がったのが特徴です。つまり、アベルたちの旅では見えなかった、兄王の苦悩、敵国との関係などが描かれる群像劇となっております。

私がいいな、と思ったのは、前作でチームとなっていたアベルとその仲間たちが、最初はあまり出てこないことです。何故いいのかというと、前作に描かれなかった上記の要素にしっかり入り込めたのです。でも、出てこないわけではありません、というより、絶妙なタイミングで、前作のメンバーが集結するのです。それが遅すぎず、早すぎず、新しく広がった世界と、前作の凝縮された世界とをうまくつないでいるのです。

前作で印象的だった場面や固有名詞を、さりげなく背景として散りばめながら、新しい人々との出会いを鮮やかに描いています。

是非是非、『イルマの東へ』→本作、の連携の面白さを体験して欲しいと思います。