銀河の潮流

作者 坂水

33

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

作品紹介文に記された通り、男女の別れ話です。タイトルに"銀河"が含まれてますが、一方は宇宙人。
短編ですから、評価ポイントはシナリオではなくて、表現力でしょう。
ここまで書いて「ネタバレのルビコン川は先だな」と思いましたので更に深入りすると、竹取物語の構図です。
高畑勲アニメ「かぐや姫」に登場する"捨丸兄ちゃん"に主人公を重ねる読者も多いのでは。
読了後に、ほんの少し、哀愁を感じます。セピア色の過去を懐かしむ気持ち、既婚者なら分かると思う。新婚ホヤホヤの方は理解できないだろうなぁ。
星の数は、短編にはMAX2つが信条だからです。

唐突ですが、閲覧者には作者の別作「宇宙の缶詰」を強く推薦します。透明感に富んだ幻想的な逸品です。(あぁ、本作品がアカンと言う意味じゃないですよ。私自身が大好きで、単に第三者に推薦したいだけです)

★★★ Excellent!!!

よくよく考えると、主人公はこれ以上ないくらい人間らしいキャラクターであって、ミヤコは人間らしくないキャラクターではないかと思います。

食、楽、そして性――と愛が後からついてくる主人公に対して、ミヤコは愛を先に考え、求めていたような気がします(間違っていたらすみません、、、)。

どちらのようが……とは言い難いですけれど、本能を持つ動物であった人間は、基本的には主人公のような考えが多く、自然かな、と思います。

人が学ばければならないものを、人外から学ぶなんて、これもまた人間らしいですよね。


にぎた

★★★ Excellent!!!

ダメ・クズ・カスだけど魅力的な人がいる。いつか、そういう人物を書きたいって思ってるんですけど、なかなか今作品のようにはいかないと思います。素晴らしかったです。

物語は実に奇妙な変遷を見せて(魅せて)収束していきます。不思議な読後感で、読み終えた後もフワフワとした覚束ない気分のままです。もしかして夢心地ってやつなのかも知れません。

おススメです!

★★★ Excellent!!!

秘密、欲情、汚れ、身勝手、後悔、未練、、、

人間臭い恋愛の感情を男性目線で綴っています。
リアリティーのあるセリフが読者を引き付け、物語を彩る。

お読み頂くと楽しい幸せってだけではない、男女の嫌な部分や恥ずかしい部分もリアルな言葉で書かれてる。

でもそれが下品にならないのは、作者さんの芸術的センス溢れる文章だから。
その文章力は万人を魅了する才能の持ち主だと思います。

都合のいい女として扱われてる彼女に名前があるのが、男の未練を感じました。

では、その彼女は?
女は生理が終わる度、新しく生まれ変わる生き物なんです。

★★ Very Good!!

クズくてある意味等身大な、30代男と彼女のお話。

決して現代的には可愛くなく、言うなれば特徴は平安時代美人なのでしょう。
不器用で天然気味な彼女のことを、主人公は割と雑に扱います。暴言に届かない雑な言葉、思いやりには向かないやりとり、優しさ未満なその態度。

そんなリアルめいたそこそこのしあわせに、唐突な出来事がぶちかまされます。

きちゃった。

お迎え。

そんなありえない事象を、せいぜい日常の延長だと穿って主人公は捉えます。
ただ単に、触れることを避けてきただけですが。それでも非日常はひたひたと押し寄せます。
潮が満ちたその時に、理解できない二人が本当の意味で遭遇します。

最低で短絡的でも、それでもその時の思いは本物だったのでしょう。
世間一般が言う優しさ未満が、優しさになっていたのでしたら、それはきっと一つの価値でしょうね。



非日常は引いていって気がついたら飲まれていた日常の中で、時折月が嗤うような影を感じます。
そんな妖しさに過去を思ったりする中で、ふと届いて欲しい思いがあったなと、たまに思い出したい。

ひねくれている中から覆い隠された思いが、とても好みな物語でした。

★★★ Excellent!!!

いつもまとまらないのです。私はこの著者の作品を読んだ後、必ず心かき乱され、溢れるままにレビュー欄をタイプしてしまいます。

身の上はどうでもよく、作品に触れます。これはれっきとしたSF作品です、と私は自信を持って推薦するでしょう。ネタバレにもなりませんが、ちゃんと地球外生命体も出てきます。バトル(戦場)もあるし、ラブコメディな展開もあるかもしれません。
そんなあらゆる要素を数珠繋ぎにしているのは、「人間」という至極単純な要素なのです。物語の根底に流れるのは、やはりヒューマンドラマで、人間は簡単でない、と再認識に至る読後なのです。
これを書くとネガティブな意見にとらわれるかもしれませんが、もしかすると性別を選ぶ作品かもしれません。それは著者自身、発言できる場で不安を吐露していたように思います。しかし、だからこそ、この作品は著者の創作への野心を感じるのです。お高くとまって読者を選ぶようなことはしていません、読んだら最後、誰彼も最後まで「心ぐらぐら」させてやろう、という意欲さえ感じるのです。全部で5話、まず1話を読んでみてください。

この作品でやっと自分の中で気づきました。この著者の物語、センス、突き詰めれば言葉の羅列の魅力は、「果てしなさ」なのだと(勝手に納得しているだけです)。果てしなさは美しいです、本当に。