アイスクリーム・メモリー

 学校帰り、無人駅の小さな待合室で、二人で自販機で買ったアイスクリームを食べていた。おしゃれなカフェがある都会を羨ましがりながら。


 あの頃は、私も彼女も、垢抜けない田舎の高校生だった。地元で進学して就職した私は、たぶん今も垢抜けていない。

 都会に進学して就職した彼女は、すっかり垢抜けて、別人みたいだった。


「懐かしい、すごく」

 都会へ戻る彼女を見送るため、二人で来た無人駅の待合室で、昔より値上がりしたアイスを買う。

 一口食べて、彼女は涙をこぼした。


 彼女は、私に楽しい話しかしなかった。華やかな都会には、けれど大変なこともあるはずだ。

「また、食べようね」

「……うん、ありがとう」

 鼻をすすり、彼女はうなずいた。



※お題「アイスクリーム」「駅」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます