サチスイ

作者 黄間友香

ひとつのことに打ちこむ煌めきが重なりあい、爽やかなハーモニーを奏でる

  • ★★★ Excellent!!!

とある高校の吹奏楽部が定期演奏会を迎えるまでの様子を、複数の部員たちの視線から描いた群像劇です。

この作品の一番の魅力は、定期演奏会を成功させたいというひとつの願いを、それぞれの立場から実現しようとする部員たちの頑張りが重なりあって放つ、煌びやかな輝きだと感じました。
最後の定期演奏会に向けて、昔の痛みをこらえて、先輩たちの背中を見ながら、さまざまな思いを胸に、大きな目標の実現のために力をあわせる部員たちの姿は、笑っていても悩んでいてもきらきらと輝いていて、なんとも眩しいです。

部活動の雰囲気、そして放課後に聞こえてきた楽器のあの音色が蘇るような描写にくわえて、人数がおおいだけに複雑になりがちな吹奏楽部の人間関係や、吹奏楽部を理解するために必要な知識を、自然とつたえてくれる作者様の筆致も素晴らしいです。

青春ものがお好きな方は是非お読みくださいませ。まばゆい煌めきを、きっと感じられます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

望月結友さんの他のおすすめレビュー 54