サチスイ

作者 黄間友蚊

放課後の校舎に儚く響いた管楽器の音が、ありありと蘇ってくる

  • ★★★ Excellent!!!

夏のコンクールを終えた幸高校吹奏楽部。通称「サチスイ」の二年生にとって、引退前最後の大舞台となる定期演奏会で行うことになったのは、経験したこともない大音楽劇だった。

部員ごとに視点が変わりながら展開されていくのがとても新鮮でした。それぞれにそれぞれの想いがあって、演奏会に向けて一つになろうとするのだけど、気持ちはところどころでズレていて。それでも皆、目指しているものは同じで。

そんな不安定な安定感が、高校生らしくてとても瑞々しい。

吹奏楽を全く知らなくても、ぐいぐい読み進められました。あの放課後の校舎の空気を、なんとなく知ってさえいれば、誰でもサチスイの一員になれるような気がします。

サチスイは理想の姿なのだと思います。ここには「自分があのときできなかったこと」が、たくさん詰め込まれている。だからこそ彼女達に共感し、心を動かされてしまうのでしょうね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

とある高校の吹奏楽部が定期演奏会を迎えるまでの様子を、複数の部員たちの視線から描いた群像劇です。

この作品の一番の魅力は、定期演奏会を成功させたいというひとつの願いを、それぞれの立場から実現しよう… 続きを読む

大黒 歴史さんの他のおすすめレビュー 56