サチスイ

作者 黄間友香

きらめくキャラクターたちの奏でる、あまりにまばゆい群像劇!

  • ★★★ Excellent!!!

素晴らしい作品でした。
きらめくキャラクターと書きましたが、出てくるキャラクターは普通の少女たちです。
共通点といえば音楽・楽器が大好きなこと。
その目標は『音楽劇』を作り上げることです。
もちろん一人で出来るものではありません。
みんなで協力しながら一つの音楽劇を作り上げていくことが必要です。
その課程の中でもがきながら、サチスイのみんなが、キャラクター達がまばゆく輝きだすのです。

ということで、この作品は音楽劇を作り上げていく課程を、様々な視点から書き上げた群像劇となっています。
もちろんみんなで作り上げるものですから、いろんな問題につきあたります。問題の生まれ方、解決方法なんかも人それぞれ、キャラクターそれぞれです。
そのあたり、多くのキャラクターを上手にかき分けており、またリアリティも豊かで、何とも心に響くドラマが生まれています。

そういったドラマがゆっくりと積み重なっていき、気付けばすっかり夢中になっている、そんな作品です。
ぜひぜひ読んでみてください。
ここには懐かしいような、憧れるような、純粋な気持ち、悩み、向上心、そんなものがたくさん詰まっています。
音楽のことを知らなくても(私もですが)、まるでその場の一員として参加しているような、そんな臨場感があります。

サチスイのみんなとともに色々な苦労を乗り越えた先には、きっと素晴らしい読後感が待っているはずです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

とある高校の吹奏楽部が定期演奏会を迎えるまでの様子を、複数の部員たちの視線から描いた群像劇です。

この作品の一番の魅力は、定期演奏会を成功させたいというひとつの願いを、それぞれの立場から実現しよう… 続きを読む

関川 二尋さんの他のおすすめレビュー 615