サチスイ

作者 黄間友香

青春、部活、この年頃特有の熱量と涙、だけじゃない

  • ★★★ Excellent!!!

まさに王道青春群像劇。

吹奏楽部の部員一人一人が、それぞれの思いを抱えながらも、同じ目標に向かっていく。
部活物、青春物に限ったことではないくて、それぞれの思いを抱えているのはあたり前のことなのだけど、このサチスイは、あらためてすごいことなのだと、教えてくれます。
同じような経験をしたことがある人、あるいはしている最中の人、してこなかった人、誰が読んでも共感できるのは、一人一人丁寧に描かれていることだと思います。


ここからは、あくまでも私個人の感想ですが、この作品の素晴らしいところは、『信じる』ことにあると思います。
『信じる』『信じられる』『信じてもらえている』
簡単なことのようで、難しいことを、悩んだり、泣いたり、笑ったり、分かち合ったりしながらも、見つけられる。
鼻で笑ってしまうくらい、薄っぺらい言葉かもしれませんが、きっと読んでみれば、わかるはずです。

最後に、ハンカチをご用意ください。途中画面が滲んで読めないくらい、感動してしまいました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

笛吹ヒサコさんの他のおすすめレビュー 522