サチスイ

作者 黄間友香

124

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 幸高校吹奏楽部の略が、題名の『サチスイ』である。その名の通り、高校の吹奏楽部が、定期演奏会に挑む姿が描かれている。目を見張るのは、吹奏楽や音楽が苦手でも、その知識がなくても、読ませてしまう技量。そして、些細な日常を描いているにもかかわらず、感情移入してしまうところだ。この物語は、吹奏楽と音楽劇という二部構成になっていて、そこが新しいと感じる。しかし、ミステリーにある大きな事件や事故、ファンタジーにある熱さは描かれていない。それなのに、音符一つ読めない小生が、スラスラと読んでしまった。
 確かに、物語の最後には「サチスイメモ」として、楽器の特徴や吹奏楽ならではの用語の解説があるので、とても分かりやすい。だが、もしもこのメモがなくても、読んでいたと感じさせる。
 演奏と音楽劇のため、それぞれに乗り越えなければならないこと、二つ一緒に乗り越えなければならないことが、沢山ある。移動しながら音を合わせる難しさ。部員の突然の不登校。大道具に必要な経費の膨大さに頭を抱えたり、上手く悪者の声が出せなかったり。そして、徐々に近づいてくる定期演奏会。大げさではないささいな出来事が、サチスイメンバーそれぞれの視点で描かれていく。まさに、青春群像劇。
 まるで、このメンバーの中に、読者が入り込んでいくような感覚がありました。

 是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

幸高校吹奏学部、約してサチスイは上手くもなく、下手でもない、どこにでもある普通の吹奏楽部。
その年の一大イベントである、夏のコンテストは銀賞で終わり、疲れにも似た気だるげな雰囲気のミーティングで、ある少女から「年度末の定期演奏会では音楽劇をやろう」と提案される。
これまでにない出し物に、不安と戸惑いに揺れる部員たち。僅かに踏み出された一歩は、やがてその歩調を早くして、それぞれの胸に悩みを抱えながら走り出す。
若さ溢れる青春を、各人の視点で捉えた青春小説です。

この小説は、音楽が流れます。

それは決して誇張ではなく、本文を読めばわかること。
青春小説はストレートな表現で読みやすくある物の、華やかさに欠けるという常識を、この作者は溢れ出す想いとそのセンスで見事に打破して見せます。
各章に散りばめられた決め台詞は、正に青春真っ只中の若き心の叫び。

あなたにも経験のある、そしてその途中の人の心を代弁して余りあるもの。
あのときに、このときに、次々と心から零れだす懐かしい思いに、つい遠くを見詰めてしまう。
物語の終わりには、あなたの耳に必ずや音楽劇の音色が届くはずです。
ぜひ御一読ください。

★★★ Excellent!!!

無垢に何かに打ち込める時間というのは、若かりし時だけなのだろうか?
青春時代だけの「特権」なのだろうか?——だとしたら、自分は何かできただろうか?と遠い目になる。
 しかし、何かに打ち込むことは時を経て、齢を重ねてもできることだと思いたい。
 本作品は、若さへの羨望と回顧を引き起こすけど、その後には、まだまだ、やれる、って思わせてくれた気がする。
 良質な青春群像小説です。

★★★ Excellent!!!

高校の吹奏楽部が定期演奏会の成功に向けてひたむきに努力していく。そこに描かれているのは天才でも何でもない等身大の生徒たち。その彼女彼らが悩みながらも前に向いて進んでいく普遍的な物語。

恋愛関係や家庭の事情、部活外の描写を極力排した構成は、余計は雑音を感じさせることなく深い感情移入がもたらせている。
まるでそこに一緒にいるかのような没入感は見事の一言に尽きる。地の文、台詞、感情その全てがが彼女たち(そして彼)を生きたキャラへと昇華させている。
時にさりげなく発せられる一文が胸にぐっと突き刺さる。その感性、センスが素晴らしい。

高校で吹奏楽はおろか音楽とは全く無縁でも、中学高校で余り良い学生生活を送ってなくとも、作品を読み進めていけば懐かしい、或いは新鮮な“あの頃”を取り戻すことが出来る、全ての人に読んで欲しい魅力に満ちあふれた作品。

★★★ Excellent!!!

大勢で一つのものを作り上げることは、本当に難しい。

この作品では、吹奏楽部の定期演奏会を皆で成功させようと、部員一人一人が奔走する姿が描かれています。

この部員の子達が皆、良い意味で本当に『普通』で飾り気がなく、そのため彼女達(男子もおりますが)が直面する悩みや葛藤に、深い共感を覚えました。

私もこんなことでこんな風に悩んだな。
どうにもできなくて、逃げ出したくなったな。
でもそんな時、こんな仲間がいてくれたら……と、ずっと感情移入しっ放し。

この時期の青少年特有の心の揺れが見事に描かれており、過ぎ去った青春を思い返しては微笑み、そして涙し、まるで自分も部の一員になったかのような感覚で胸がいっぱいになりました。

頑張ろうと藻掻いてもどこか不安定な、だからこそ目が離せない彼女達の軌跡の物語。

熱くて優しくて、切なくて楽しい、様々な煌めきに溢れた作品です。

★★★ Excellent!!!

とある高校の吹奏楽部が定期演奏会を迎えるまでの様子を、複数の部員たちの視線から描いた群像劇です。

この作品の一番の魅力は、定期演奏会を成功させたいというひとつの願いを、それぞれの立場から実現しようとする部員たちの頑張りが重なりあって放つ、煌びやかな輝きだと感じました。
最後の定期演奏会に向けて、昔の痛みをこらえて、先輩たちの背中を見ながら、さまざまな思いを胸に、大きな目標の実現のために力をあわせる部員たちの姿は、笑っていても悩んでいてもきらきらと輝いていて、なんとも眩しいです。

部活動の雰囲気、そして放課後に聞こえてきた楽器のあの音色が蘇るような描写にくわえて、人数がおおいだけに複雑になりがちな吹奏楽部の人間関係や、吹奏楽部を理解するために必要な知識を、自然とつたえてくれる作者様の筆致も素晴らしいです。

青春ものがお好きな方は是非お読みくださいませ。まばゆい煌めきを、きっと感じられます。

★★★ Excellent!!!

夏のコンクールを終えた幸高校吹奏楽部。通称「サチスイ」の二年生にとって、引退前最後の大舞台となる定期演奏会で行うことになったのは、経験したこともない大音楽劇だった。

部員ごとに視点が変わりながら展開されていくのがとても新鮮でした。それぞれにそれぞれの想いがあって、演奏会に向けて一つになろうとするのだけど、気持ちはところどころでズレていて。それでも皆、目指しているものは同じで。

そんな不安定な安定感が、高校生らしくてとても瑞々しい。

吹奏楽を全く知らなくても、ぐいぐい読み進められました。あの放課後の校舎の空気を、なんとなく知ってさえいれば、誰でもサチスイの一員になれるような気がします。

サチスイは理想の姿なのだと思います。ここには「自分があのときできなかったこと」が、たくさん詰め込まれている。だからこそ彼女達に共感し、心を動かされてしまうのでしょうね。

★★★ Excellent!!!

素晴らしい作品でした。
きらめくキャラクターと書きましたが、出てくるキャラクターは普通の少女たちです。
共通点といえば音楽・楽器が大好きなこと。
その目標は『音楽劇』を作り上げることです。
もちろん一人で出来るものではありません。
みんなで協力しながら一つの音楽劇を作り上げていくことが必要です。
その課程の中でもがきながら、サチスイのみんなが、キャラクター達がまばゆく輝きだすのです。

ということで、この作品は音楽劇を作り上げていく課程を、様々な視点から書き上げた群像劇となっています。
もちろんみんなで作り上げるものですから、いろんな問題につきあたります。問題の生まれ方、解決方法なんかも人それぞれ、キャラクターそれぞれです。
そのあたり、多くのキャラクターを上手にかき分けており、またリアリティも豊かで、何とも心に響くドラマが生まれています。

そういったドラマがゆっくりと積み重なっていき、気付けばすっかり夢中になっている、そんな作品です。
ぜひぜひ読んでみてください。
ここには懐かしいような、憧れるような、純粋な気持ち、悩み、向上心、そんなものがたくさん詰まっています。
音楽のことを知らなくても(私もですが)、まるでその場の一員として参加しているような、そんな臨場感があります。

サチスイのみんなとともに色々な苦労を乗り越えた先には、きっと素晴らしい読後感が待っているはずです!

★★★ Excellent!!!

まさに王道青春群像劇。

吹奏楽部の部員一人一人が、それぞれの思いを抱えながらも、同じ目標に向かっていく。
部活物、青春物に限ったことではないくて、それぞれの思いを抱えているのはあたり前のことなのだけど、このサチスイは、あらためてすごいことなのだと、教えてくれます。
同じような経験をしたことがある人、あるいはしている最中の人、してこなかった人、誰が読んでも共感できるのは、一人一人丁寧に描かれていることだと思います。


ここからは、あくまでも私個人の感想ですが、この作品の素晴らしいところは、『信じる』ことにあると思います。
『信じる』『信じられる』『信じてもらえている』
簡単なことのようで、難しいことを、悩んだり、泣いたり、笑ったり、分かち合ったりしながらも、見つけられる。
鼻で笑ってしまうくらい、薄っぺらい言葉かもしれませんが、きっと読んでみれば、わかるはずです。

最後に、ハンカチをご用意ください。途中画面が滲んで読めないくらい、感動してしまいました。

★★★ Excellent!!!

 吹奏楽に掛ける青春。その中で苦労も、努力も、悲しみも、喜びもあり、まさに青春という作品です。
 キャラ達が本当に生き生きとしていて、今にも音楽が聞こえそうな描写は素晴らしいと思いました。
 更には吹奏楽についての補足説明もあり、物語にすんなりと入っていけます。
 こんな青春を送りたかった。
 そう思える作品でした。

★★★ Excellent!!!

大人と子供の狭間。その中にいる部員たちが一丸となって作り上げていく定期演奏会。
葛藤。逡巡。挫折。苦悩……。しかし全体を流れる青春時代の爽やかさと情熱。まさに王道。
胸の熱くなるエピソードが多く盛り込まれています。吹奏楽に詳しくなくても丁寧で楽しい豆知識つき。
音が重なり合い、一つの音楽となるように。部員たちの想いが重なる。
音楽と想い……。その瑞々しい音色に、ぜひ耳を澄ませて下さい。

★★★ Excellent!!!

大勢で力を合わせて、一つのものを作り上げる。
それはとても素晴らしいことで、そうして出来上がったものは掛け替えのない宝物になる。
だけど、簡単じゃない。
一人ひとりが持つ能力や経験は違うし、何より考え方も様々だから。

この物語は、幸高吹奏楽部、通称「サチスイ」を舞台にした青春群像劇です。
サチスイのメンバーは、次の定期演奏会で今までやったことのないマーチングや劇を取り入れた演目を行うため、準備を始めます。

主人公を交替しながら一人称で綴られる文章からは、それぞれの感情や思考がダイレクトに伝わってきます。
彼女らの視点を通して楽器の音や教室の空気の匂いまでもを感じ、サチスイの一員としての日々を追体験しているような気持ちになりました。

思い通りにいかないもどかしさ、自信を持てない不安定さ、友達とすれ違ってしまう苦しさ。
想いが通じる喜び、みんなの気持ちが一つになっていく充足感、自分を受け止めてくれる、誰かを受け止められる、仲間がいるということ。
楽しいことばかりではないけれど、悩みもがきながらも前に進んでいく青春の日々が、まさしくここにあります。

大勢で力を合わせて、一つのものを作り上げる。
決して簡単ではないけれど、それを成し遂げた暁には、きっとたくさんの笑顔がきらきらと輝くことでしょう。
ラストに期待を寄せつつ、彼女たちの奮闘を追っていきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

まさに王道青春群像劇。
それぞれのキャラクター心情が丁寧に描かれているので、共感や興味を覚えやすく、淡々と、それでいて細かな描写や会話で読者を引き込みます。

私のように低体温な青春時代を送った人間には、羨ましい眩しさがあり、読みながら疑似体験できるのは面白いです。

吹奏楽という協調性が必要になる部活は、スポーツとは違った熱さがあり、少女たちを中心とした友情も込み入ってきていて、ますます今後の展開が楽しみな作品です。

★★★ Excellent!!!

中学、高校と吹奏楽をやっていた者です。
これは、すごいです。
まさしく、吹奏楽部。
臨場感がハンパじゃない。
その楽しさも、辛さも、悔しさも、悲しさも、全部全部、わかる。
私がいる。
サチスイにいる。
参加してる。
あの頃感じていた空気、楽器の奏でる音、みんなの声……色褪せない青春の追体験。
文章だけで、それがここまで迫ってくるなんて……!
お見事です。お見事としか言いようがないです。

と、経験者としてレビューを書かせていただきましたが、もちろん、経験者ではない方も楽しめると思います!
この感情は、おそらくどなたにも共通のものだと思いますし、ちゃんと用語解説までついてます。やさしい……!!
現役の学生さんにも、かつて学生だった皆さんにも読んでほしい!!
青春、サチスイのみんなと一緒に駆け抜けましょう!!

★★★ Excellent!!!

 多少でも興味のある方はご覧ください。
 幸高吹奏楽部、略してサチスイの入部案内です。

 初心者歓迎、経験者優遇。
 楽器弾けなくても大丈夫です。楽譜読めなくても平気です。先輩が丁寧に解説します。分からないことがあったら、コメントで質問してください。作者が丁寧に解説いたします。

 みんな優しい先輩ばかりです。男子大歓迎。重い物持たせたり、女装とかさせたりしません(たぶん)。

 今回わが幸高吹奏楽部では、なんと劇をすることになりました。音楽劇です。是非参加してわたしたちを手伝ってください。

 興味のある方はこちら「https://kakuyomu.jp/works/1177354054884667413」から入って、「1話目から読む」をクリックしてください。ちょっと覗いてみるだけでも構いません。全然興味のないって方も、お試しでどうぞ!

★★★ Excellent!!!

ひたむきに、一途に。
ときに迷い、悩み、苦しみながら。
それでも、彼女たちは、明るく、夢を目指す。

人物たちの細やかな書き込みや、吹奏楽の知識を交え描かれるは、たとえ下を向き、後ろを向いたとしても、進むべきは前。というポジティブなメッセージ。

青春の思いでは、人の数だけあると言う。
その追体験をさせてくれる本作。青春の最中の読者にはもちろん、それを遠き日の自分を仰ぎ見るように振り替える、大人にこそお勧めしたい。

★★★ Excellent!!!

はい、私、こういうのとんでもなく好みなのです。
なにがって、女の子たちがバーって集まってひとつの着地点に向かって懸命に邁進するストーリーが、ですよっ!

部活動は違えど、中学時代や高校時代を思い出して、どこかほっこり、でもなぜかキュッと胸を締めつけるあの感じ。
学年があって、それを守りつつも越えてゆくあの感じ。
はぁ、戻りたいっ!戻ってもっと、リア充したいぞー!

というくらいに、魅力的なキャラクタとストーリー。吹奏楽部の知識がゼロの私でも、するすると青春時代に戻れる巧みの筆致。
何度でも奏でられる魅力的な物語を、私はまた聴きに来る。


2018/1/24:完結に寄せて。
遅ればせながら、読了しました。
中盤から後半にかけて、怒涛の勢いで流れる構成に、涙せずにはいられなかった。トラウマから、抜け出せないもの。救いたいもの。助けたいが手を出せないもの。ひっそりと寄り添うもの。
そのひとつひとつが、すべて思いやりとなって、群像劇は深みを増してゆく。みなの思いを乗せて、音楽が高らかに鳴り響きますように――
サチスイに、幸あれ。
素敵な物語でした。

★★★ Excellent!!!

まさに、現代ドラマ。
現実のような感じが凄いです。
演奏会で何をするかの提案しあうところが本当にあり得そうなのと、自分の意見を押し通すために責任は自分にあると言い張ったりしたのが凄く現実的で、こういう人居るよなってドラマ的でした。
物語が動き始め、最新話ではマーチングに触れ始めましたが、マーチングの難しさや、どこまでのラインを目指すのかが見所。
マーチングは難しく、ひたすらに練習しなければある一定以上のレベルにすら到達しません。
加えて、演奏面の練習もあるわけで……どの程度な質に落ち着かせるのかがひたすらに気になります。
部員達が割りと楽観的な事もあり、どのような演奏会に落ち着くのかがハラハラする作品。
現実のような、吹奏楽部の日常。
そんな、本当にあり得そうな感じが好きな人におすすめです。

★★★ Excellent!!!

やれないことばかりあげるのは、大人になってからいくらでもやったらいい。

大切なのは、
この魔法のような時代を、どれだけたくさんのものを手にいれて、抱えて、悩んで、苦しんで、精一杯楽しんで、駆け抜けられるか。

それを、このお話に見た気がします♪


真っ直ぐに駆け抜けろ!サチスイ!!
君たちの未来は、この魔法のような時代の上に出来てくんだ。

最高に楽しみにしています♪
がんばれ!友香ちゃん。