スキマ性

作者 冬宮よる

24

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作品の味ともいえる文体が、とにかく強烈なインパクトを与えてきます。
恐ろしい内容なのに、それをさらりと描くことで、より恐ろしさが際立っているのです。

なぜ、そうなってしまったのかと、読者の興味を引きつける手法。
そして、最後まで読むことで、謎が解決され、すっと落ち込んできます。

短い中に、読者の心を掴む手法、物語性がぎゅっと詰め込まれたのが、この作品でしょう。

最後に一言。
もう一度、冷静になって読み直してみましょう。

これ、すっごいホラーですよ……

★★★ Excellent!!!

フェティシズムとホラーの噛み合わせの良さを知り且つ「ですます」調の文体を選ぶ冬宮よるさんのセンスは素晴らしい。読後に明治や昭和の文豪の短編を読んでるような気持ち良さがありました。