さようなら、バレンタイン。

作者 大久保 舞

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私の中学時代にも、この話と似たようなことがあったなーと、ふと思い出しました。

当事者ではありませんでしたけど、やっかみに似たものは感じたりしていました。

恋愛って神経戦なんや。と、早くから気づかせてくれるバレンタイン先輩マジ鬼畜。

日本で暮らす以上避けては通れない鬼門に切り込んだ作品でした。

★★★ Excellent!!!

作者様がたくさん書いていらっしゃるショートショートももちろん素敵なのですが、じっくり読める長さのこの作品もよかったです。
主人公の気持ちも、田中くんの気持ちも分かるのが、とても切ない。
もし幸せになっていたら、どんなふたりだったのかな……と想像してしまって、余計に胸が痛くなりました。