⚓️完結⚓️恋愛航海【LOVE&VOYAGE】~水飛沫の輝きは貴方への海路~

作者 結愛みりか

43

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 かつて海賊の男に助けられた姉弟の物語。この姉弟は、王女と王子だった。王子にとって彼は〝海賊のお兄ちゃん〟であり、王女にとっては恋い焦がれる相手だった。読書好きで聡明な王子と、お転婆で快活な王女のキャラクター設定が見事である。
 成長した二人は、何故か国旗ではなく海賊旗を掲げて航海することになる。そこで二人は姉弟を助けてくれた海賊に再会するが、彼は一国の准将となり、しかも、「その海賊(二人を助けた海賊)を殺した」と告げるのだった。王女は別人を自分の恩人の海賊だと思い込み、さらには政略結婚が迫って来ていた。運命は二人と海賊を引き離すかに思えたが……?
 成長した二人は海賊と邂逅する。しかし、国同士の海での争いや、台風や地震などの自然災害が次々に三人を襲う! 果たして三人の運命は⁉
 この作者様は歴史に強いと見えて、国同士のやり取りや船の構造などがとてもリアルで、読みごたえがありました。この御作と同時に、日本史ものの恋愛ファンタジーもお書きになっており、何と言う博識なのだと驚かされてばかりです。しかも、その歴史に絡んだ恋愛譚として軸がぶれない所も、作者様の力量がうかがえるところだと思います。
 苦難に満ちた航海も、恋愛譚として読むことができる一作です。
 是非ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

この作品は、実に作者らしい気持ちの良いテンポで描かれています。
海賊、海、お宝という世界に盛り込まれた素敵な恋愛要素。そして数々の設定や専門用語には、とても驚かされます。少し調べた程度、ではこの物語は書けません。

更に魅力ある登場人物が、物語を更に盛り上げます。女王という肩書きを捨て、女海賊として生きることを選んだシリル。このヒロインがまた可愛いんですよ。とてもまっすぐで、一途で。そんなシリルに次第に惹かれていくルーク。

大冒険の中で生きる2人の姿はとても美しいです。結末はあなたの目で見てください。私はとても感動するラストでした。
この物語に出会えて良かった。ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

メイン人物の一人、ルークが胸に野望、船に面白さ満載で再度出港した時点でのレビューになります。

本作品は海賊モノというよりも、海を舞台に数奇な運命を背負った人物たちの闘いとドラマだと思います。

その為、登場人物たちは曲者、訳ありと一筋縄ではいかない者ばかりです。そうした登場人物たちを、役者ではなくきちんと生きた人間として描かれている点が注目ポイントです。

こうした作品には、映画のようなイメージを抱きがちなのですが、本作品にはそうしたお約束的な展開はありません。むしろ、きな臭い話や、一体どうなるの?という展開が連続して押し寄せてきます。

史実をベースにされてるかとは思いますが、テンポよく進んでいくストーリーとハラハラする展開は、史実を知らなくても十分楽しめました。

そんな生々しい作品の中で、強烈な個性を放っているのがメインヒロインのシリルです。王女でありながら、女海賊として周囲の制止や気苦労もおかまいなしに、失われたクラウンを求めて大海原に飛び出していきます。

そこで待ち受けている宿命こそ、本作品の一番の魅力です。ドタバタ系の恋愛と思わせてからの見事な裏切りは、シリアスもあり、命の巡りを連想させる壮大なものもあり、見事の一言でした。

恋も闘いも冒険も、見事に融合させた本作品。ミリタリー好きな方はもちろん、そうでない方にもドラマとして十分に楽しめますので、ぜひとも一読をオススメします!!

特に前半のシリアスパートは、色んな感情を揺さぶられる傑作の出来になってますよ!!

★★★ Excellent!!!

時は、スペインの艦隊と英国海軍が戦い、海賊が海を行く大航海時代。
広い海でスカンディナヴィア国王女・シリルと海賊・アルプがであったことから始まる海洋ラブロマンスです。

成長した王女は恋をした海賊に会うため、自ら海賊となり、国のため、自分の恋のため、弟妹と共に大海原飛び出します。
まさに天真爛漫を絵にかいたようなシリルの行動はドキドキハラハラの連続。
弟・レオンの気苦労が目に浮かぶようです。
ヒーローは海軍らしくない気質の准将・ルーク。
それもそのはず、とある秘密を抱えていて……?
と、まだ物語が半ばですので、その先は書きませんが、秘密を抱えながらシリルを守ろうとする切ない男の恋心を垣間見ることができるでしょう。
海賊・アルプを目指しながらも、ルークの優しさにも揺れるシリルも可愛らしいです。

しかし、こちらの作品はただの恋物語ではありません。
スペインの無敵艦隊、英国海軍が展開する海上の戦いの描写は目を見張るものがあります。
迫力満点です!
大航海時代を生きている人々の生活がきちんとそこにあるのです。
戦いと海の時代は生死なくして語れない時代でもありますが、それも描かれています。
作者様の時代背景の調査考察、描写力の賜物もあり、物語が生きていると思います。

シリルの周囲にはたくさんの愛がありますが、恋愛だけではありません。
レオンやリノンからの家族愛。
国のためにという愛国心。
たくさんの愛と共に漕ぎ出した船の航路の先で掴み取るものを見届けたいと思います。

二部以降も楽しみにしております!

★★★ Excellent!!!

海賊モノといっても一筋縄ではいかないストーリーで目が離せないです!気の強い王女も可愛くて年の差恋愛なのかな?先が気になります。海賊アルプのかっこよさと王女シリルの愛らしさに弟と妹も加わってハラハラドキドキな冒険が始まりました。敵方のスペイン艦隊の描写も素晴らしいです。軍艦や軍隊好きさんも、きっとハマれます!おススメです。