呪物公園

作者 ぴぃた

呪物を拾ってはいけない。絶対に。

  • ★★★ Excellent!!!

まず、呪物というアイディアが面白いと思いました。自殺の名所となっている巨大な公園に落ちている特別な能力を持った呪われたアイテム。それはある者には力を、ある者には恐怖を与えます。不幸にもそれを拾ってしまった人々は困惑しながらもその不思議な力に魅入られ、やがて人生を狂わされていきます。

怪談の短編集のような形で語られる物語はやがて一つの物語へと繋がっていきます。その理由が明らかになるとき、突如として怨念と悪意に満ちた巨大な存在が姿を現します。そして小さな怪談の集まりだった物語は一気に世界の命運をかけた戦いの物語へと変貌を遂げます。

読み進めるうちに緻密に組み上げられた構成に気付き、単純な恐怖だけでなく物語としての面白さに引き込まれていきます。後半の展開は間違いなくいい意味で期待を裏切られることになるでしょう。この物語がどんな結末を迎えるのか、最後まで目が離せません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

新戸皆鳴さんの他のおすすめレビュー 114