七回裏「オリヴィアの陥落」

「ムッシュ・サワムラ! 遅いですわよっ!」


 指定されたエエンヤデ正門近くのクロマツ下で仁王立ちをしていたのはヴィヴィアンヌである。

 彼女もまた、大型のシュヴァル・ブランを従えていた。


「女性を待たせるとは良い度胸ですわね! まったく、これだから――」

「たしか、待ち合わせ時間はイチゼロマルマルじゃなかったか? まだキュウゴーゼロだぞ」

「げっ、ミリッツァ!? あなたがなぜここに?」

「今日の外交にはボクとロジーヌが不可欠だからな。それにしても、勝手に早くきておいてイライラするのはどうかと思うぞ」

「まったく同感なのです。それに女性は少し男性を待たせた方が、焦らし効果も加わって燃えると聞くのです。逆に早すぎると、飢えている感じがにじみ出て正直ドン引きなのです」

「ぐ、う……」

 正論を吐かれ、ぐうの音も出ないでたじろぐヴィヴィアンヌ。

(な、なんでこのわたくしがミリッツァやロジーヌのようなお子様に諭されなきゃなりませんの!?)

「聴こえてるぞ。それにボクはお子様じゃない。サワムラとはベーゼを交わした仲だ」

「ええッ!」

「わたしも、サワムラさんには幾度となく抱きしめられたのです。決してお子様ではありませんよ?」

「な、なんですって! ちょっとムッシュ・サワムラ、どういうコトか説明して頂きますわよ!?」

「いや。ふたりとも大げさに言ってるだけだって……」

「ムキー! お子様に先を越されるなんてシュルマイスター家一生の不覚! 後れを取り戻すために、今すぐわたくしにも熱い抱擁と濃厚なベーゼをくださいなっ」

「そんなムチャな……」

「分かった。そこまで言うなら段取りを組んでやる。まず両目を閉じろ」

「なっ! どうしてミリッツァが仕切って――」

「いいから早くしろ。そして唇を尖らせるんだ」

「分かりましたわよっ!」

「よし、そのままでいろよ。そのままで……」

 ミリッツァはニヤついたまま、馬車の荷台に積んであった消波ブロックテトラポッドを取り出す。


 そして……。


 むにっ。


 ヴィヴィアンヌの唇に密着させた。


(あらっ、男性の唇ってこんなに冷たくて硬いのかしら? でも、言いようによっては力強く、それでいて少し塩っ気も……)


「ぷぷっ……。あいつ、消波ブロックテトラポッドにベーゼしてるぞ」

「ミリッツァ、さすがに気の毒なのです。あれがヴィヴィアンヌの初めてだったらどうするつもりなのですか」

「幸せそうな顔をしてるし、いいじゃないか」


 そんなヴィヴィアンヌはさておき。

 エエンヤデ国に視線を向けると、やはり津波の爪痕が未だ随所に残っているように見える。

 それでも、住居の大半は元通りに復興されているようだ。

 これもひとえに、オリヴィア率いる少女騎士団の団結力と士気の高さによるものだろう。


「よし。まずは国の人間もしくはオリヴィアに接触するんだ。話をしないとどうにもならん」


 以前も、同じような言葉のやり取りがあった気がする。

 そして進んだ先で、いきなり銃を持った子供たちに囲まれたんだったな。

 あの時の威圧感はハンパなかった。ハンパなかったが、彼らはこぞってどこか怯えた子犬のような目をしていた。

 これが意味することはおそらく――。


「まったく……。貴女きじょたちはよほど暇に見えるな。連日こんなところで油を売っていて良いのか?」


 なんだかんだであれだけ騒いだのだ。

 黒い甲冑を身にまとったこの人が現れてもおかしくない。


「ま、ボクたちは油よりもよっぽど良いものが売りに来たんだがな」

「なに……?」

 オリヴィアは怪訝そうな表情を見せる。

「先日の津波の被害。どれくらいだったんだ?」

「どうして貴女きじょに報告をしなければならん。必要がないだろう」

「もっともだな。じゃあ質問を変える。いつまでこんないたちごっこを続けるつもりなんだ?」

「どういう意味だ?」

「津波と復興。この不毛をいつまで続けるってコトだ。何か策をこうじたりはしないのか」

「防潮林を植えているだろう」

「それだけでは心もとないはずだ。前にお前は言っていたな。どこかに軽くて丈夫な石でもないものかと」

「言ったが、それが何か……?」

「ガンバレヤの特産は石。今日はいいものを作ってきたんだ。ロジーヌ?」

「はいなのです」

 側で待機していたロジーヌが消波ブロックを取り出し、オリヴィアの足元に置いた。

「なんだ? この奇妙な形の石は……」

 見たことのない物体に、彼女は興味津々と言った感じで触り始めた。


(よし。食いついたぞ。サワムラ、ここからはお前も会話に加われ。ヤツを丸め込むんだ)

(あ、ああ……)


「オリヴィア。これを海岸沿いにかみ合わせるように設置することで、打ち寄せる波の力を軽減させ、分散させることができるんだ」

「波の力を……?」

「うまくいけば、防潮林との相乗効果で津波や潮風、塩害と言った被害を最小限で抑えられるかもしれない」

「そんな夢のような道具がコレなのか……」

「地震はあくまで自然現象。こればっかりは防ぎようもない。でも、二次災害は備えを持つことで小さくすることができる」

「それは分かったが、何故貴殿らはこんなものを……敵国の利益になるようなものを持ってくる?」

「サワムラは大バカものだからな。要するに、お前たち少女騎士団や国の人間を助けたいらしい」

「助ける、だと? ふざけるのもいい加減にしろ。敵国の施しは受けん。とっとと帰れ!」 


 オリヴィアは身をひるがえして立ち去ろうとする。

 しかし、今日ばかりはここで引き下がるわけにはいかない。


「もし、紛争の直前になって地震が起こって津波にすべての仲間が飲み込まれ、たったひとりになってしまったらどうする?」

「どういうコトだ?」

「たったひとりになっても、紛争をするかどうかってことだよ」

「はっ。バカな。いくらなんでもひとりでできるはずがないだろう」

「そうか、そうだよな。ひとりじゃできないよな。君は臆病だからな」

「何が言いたい」

 オリヴィアのまぶたがピクリと揺れた。

「臆病だから、移民を受け入れると言うまっとうな理由を掲げ、自らを守る盾を大量に用意した。要するに、子供でもお年寄りでも誰でもいいんだ。君にとってはね」

「……」

「君は以前、子供たちが自らの意志で武器を持ち戦いたいと願った……と言ったけど、俺はそれが彼らの本心とは思えない」

「本心ではなかったらなんだと言うのだ?」

「本当は、その選択肢しか与えなかったんじゃないのか?」

「む……」

「隣の子が頷けば、同じようにその次の子も頷く。子供はとにかく仲間外れを嫌うからな。ここに初めてきたとき、彼らは皆同じ動きで鉄砲を構えた。この連携はひとえにオリヴィア。君のたまものだろう」


 何故俺がここまでオリヴィアを攻め立てるのか自分でもよく分からない。

 ただ、リゼットがそうしたように、感じたまま、思ったままのことを口にしていた。


「でも、あのときの子供たちの怯えた顔。感情を失った死んだような瞳……俺はこの先、一生忘れないよ」

「忘れない……か。だが、過去に囚われた人間はえてして成長しない。人は常に未来を見据えて歩かねばならん」

「そうだな。それには賛成だ。でも君は見捨てたよな? 共に未来を歩むべき仲間を……」

「たったひとりを助けるためにそのつど命を張っていたら、命などいくつあっても足りん。物事には優先順位が必要だろう」

「いや。そのたったひとりを助けるために命を張ってくれる人物が俺の国にはいる。ジゼル・ベルジュラックと言う騎士団長がね」

「ジゼル殿の行為は騎士としてあるまじきもの。勇敢とはかけ離れた無謀もいいところだ」

「そうかな? あのときの、ラファールに乗ったジゼルの横顔には、無謀とはかけ離れた勇敢さを――騎士の資質を、俺は感じたけどね」

「……」

「同じ騎士団長でも、ジゼルにはあって、君にないものっていったい何なんだろうな?」

 下唇を噛み、苦虫をかみつぶしたような顔をするオリヴィア。

「もうひとつ質問だ。あの時の子供は、今はガンバレヤで保護しているんだ。君は元団長として、あの子の名前を憶えているか?」

「……いや、忘れた。もう記憶にとどめておく必要もないからな」

「ポーラだ。彼女は、今もエエンヤデでの復帰を願っているそうだ。たとえ元団長である君に名前を憶えてもらえていないとしても……ね」

「くっ……」

「移民を受け入れ、領土の使い道もそんな彼らの住居を作るため……。これはとても素晴らしいことだ。でも、君の思想はどこか偏ってる」

「なんだと……?」

「今、エエンヤデに本当に必要なのは単に軍事力を育てることよりも、人を育てるってことだろう? 人を育てなきゃ、軍は育たない。君が本当に欲しいのは人じゃない。ただの都合のいい機械だ」

「ふっ、ふふっ……。さっきから黙って聞いていれば、随分と失礼なコトを言うものだな。まるで、クロード殿のようだ」

「……!! その人がここに来たのか?」

「ああ。もう何年も前になるか、色々な国を放浪し治療をする国境なき医師とか言う名目で、エエンヤデに入国してきたコトがある」

「その人はどこに行ったんだ?」

「海を渡って他の大陸に行ったと聞く。その渡航の際、たまたま居合わせた余の仲間にこう告げたそうだ」

「……」

「妹の泣き虫が直ったから、安心して旅立てるってな。意味はよく分からないが……」


 俺は、隣で話を聞いていたミリッツァと視線を合わせる。

 クロードが置手紙を置いて消えた日は、リゼットがプラチナバスターズに入団する前日……。

 その翌日に彼女は大泣きし、団員に揶揄された。

 しかし、数日後には吹っ切れたように涙を流さなくなった。


 妹の泣き虫が直った――とクロードが言ったならば、彼は数日の間、姿は見せずとも陰から見守っていたことになる。

 もし妹が崩れようものなら、たったひとりの肉親として、すぐにでも抱きしめに行こうと考えていたのかもしれない。

 だが、リゼットは自らの意志で立ち、歩き始めた。

 そこで、大丈夫だと悟ったんだろう。もう、自分が側にいなくても――。


「さ、おしゃべりはこのくらいにしておこう。サワムラ殿、貴殿の言ったコトは少々度が過ぎている。他国の人間に、自身の価値観を押し付けるのははっきり言って迷惑だ」

「う……」

「早々に立ち去れ。余の気分が変わらないうちにな」


 一見冷静に見えるオリヴィアだが、内心腹を立てていると言うのは言葉の節々からも分かった。

 さらには、腰に備え付けられたオプスキュリテの柄付近を、彼女の右手がウロウロとしているのだ。これはひとえに、抜こうと思えばすぐにでも抜けると言う合図なのだろう。

 さすがにミリッツァ、ロジーヌと言う面子で、戦闘になってしまってはどうしようもない。

 

(くっ……。まだ、野球外交のことを話してもいないのに。誰か、誰かいないのか?)


 何とかオリヴィアを食い止めることができる人物が……と天に祈った、そのとき――。


『んなーーーーーーーーーーーーっっ!!!!』


 馬鹿でかい、それでいてどこか脱力感を匂わせる雄叫びが辺りを包んだ。


「ぬあぁんですの、コレはーーー!!!」


 ビックリしたのは、俺たちだけではない。

 オリヴィアも鳩が豆鉄砲を食ったような顔をして振り返る。


「ちょっとミリッツァ、よくもこのわたくしにこんなものを押し付けましたわね!」

「お前も嬉しそうな顔をしてたじゃないか。おあいこだ」

「ち、ちがっ! そんな顔なんてしてませんわっ!!」


 ついさっきまでの暗く澱んだ空気をかっさらうかのようなド派手なやり取り。

 これが後に喜ぶべき誤算へと転がるとは、今は知る由もなかった。


「な、な……。貴女きじょはヴィヴィアンヌ。なぜこんなところに……ッッ!」

「ま、まぁ! コホン。これはオリヴィア。ご無沙汰しておりますわね」

「そんなコトはいい! どうしてエエンヤデにいるのだ! 理解不能だ!」


 たしかにオリヴィアが驚くのも無理はない。

 これから紛争をしようと言う各国の主要メンバーが、ここ一帯に集結しているのだから。


「わたくしは、こちらにいるムッシュ・サワムラの外交の手助けとして一緒に同行しているだけですわ」

「違う国の人間同士で外交の手助けだと? 冗談はそのひねくれた髪だけにしておけ!」

「失礼な。まぁ、ひねくれもののあなたにはこの美しい縦ロールが理解できないですわよね。まったく気の毒ですわ~」


 ヴィヴィアンヌのひょうひょうとした態度に、オリヴィアは飲まれ始めている。

 どうやら強い苦手意識を持っているようだが……?


「とにかく、少し話を聞きなさい。あなた、紛争が悲しみや憎しみしか生まないと言うコトを理解しておりませんの?」

「はっ。何を言い出すかと思えば。余は今まで数多くの紛争を踏み越えてきたのだ。今更あれこれ考える必要もない」

「それは、あなただけの考えですわよね?」

「……何が言いたい」

「じゃあ、ひとつ賭けをしましょう」

「賭け?」

「あそこの住居でずっとこちらを窺っている子供十数名に対し、あなたとわたくしの思想、どちらの支持があるか――」


 と言って、いつ間にか足元に置かれていた麻袋から何かを取り出すヴィヴィアンヌ。


(あれは、マカロン……? しかもとんでもない量だ)


 赤、青、黄。

 見るものの言葉を奪う、生地の色も形も美しい代物だ。さらには、匂いも……。


「そんなものでいったいどうしようと言うのだ」

「こうするんですわっ!」


 何を思ったか、そのままエエンヤデの正門付近へと駆けていき――。


(いけない! その先に足を踏み入れたらきっと……)


 以前俺たちがそうだったように、ヴィヴィアンヌも瞬く間に武装した子供たちに囲まれてしまう。


「皆さん! 耳の穴をかっぽじいてよ~くお聞きなさい。わたくしはあなたたちの団長であるオリヴィアの旧友……そんなわたくしが今、甘くて美味しいお菓子を持っておりますわ!!」


 旧友、そしてお菓子と言う聴き慣れない言葉に、その場がにわかにざわつき始める。


「今日は皆さんにこのお菓子、マカロンを差し上げるためにやってきましたわ! 食べてみたい子は、今すぐ武装を解除して、こちらにいらっしゃ~い♪」

「ば、バカなっ! そんなものに余の軍がなびくと思うてか。皆のもの、すぐにこやつらを追い払え!!」


 しかし、団長であるはずのオリヴィアの掛け声は、子供たちの耳には届いていない。

 それどころか――。


 ぼとっ、ぼす、ぼすん……。


 鉄砲や胸当てが次々と打ち捨てられ、砂浜にめり込んでいった。


「なっ……何をしている!! それは命よりも大切な……」

「あの子供たちは、自らの意志で戦いたいとは言ったらしいが、どうやら子供ゆえの本能は失われていないようだな」


 驚愕の表情を見せるオリヴィアの隣で、ミリッツァは言う。


「まだまだ遊びたい、食べたい盛りの子供が、おもちゃやお菓子の代わりに冷たい銃と胸当てを与えられるなんて、酷な話だ」

「知ったコトを!! 余はあれぐらいの年の頃から武器を持ち、血で血を洗ってきたのだ!」

「自分が子供の頃にそうであったから、あの子たちにも同じ道を歩ませるのか?」

「う、ぅぅ……」

「お前が幼少の頃にとても苦しい思いをしたのは、その口ぶりからも分かる。でも、そうであったのならなおさら、次の世代にはそうさせたくないと思うのが人の筋じゃないのか?」


 遠回しな言い方をしてはいるが、つまりミリッツァは騎士であり、人であれと伝えたかったんだろう。


「ほら、見てみろよオリヴィア。あの子供たちのキラキラした笑顔を。楽しそうな声を」

「見たコトない……。余は、あの子らのあんな表情を、見たコトがない」


「ミリッツァ! ロジーヌ! この子たち、やきうに興味があるみたいですわ! ちょっと道具を持ってきてくださいまし!」 

「おっとお呼びがかかったか。ボクもリゼットほどとは言わないが、子供の扱いは得意だ。さぁ行くぞロジーヌ」

「は、はいぃ!」


 呼ばれたふたりは何の違和感もなく子供たちに溶け込み、手を取り合い、やがて笑顔の花を咲かせる。

 それとは対照的に、オリヴィアはただ茫然とその様子を見守っていた。


「これが、答えみたいだな」

「サワムラ殿……」

「さっき君は価値観を押し付けるな、とは言ったけど、俺だってあの子供たちの笑顔や未来を守りたいと思ってる。たとえ他国の人間とは言え……ね」

 きっとリゼットも――と、付け加えた。

「だから、この消波ブロックテトラポッドを設置してエエンヤデ国の防御をさらに高めるんだ。未来への布石だよ」

「しかし、敵国に施しを受けるわけには……」

「敵国じゃない。今から俺たちガンバレヤ、そしてイテマエとは友好国になるんだ」

「なっ……!?」

「友好国の証として、消波ブロックテトラポッドを渡す。でもその代わり、紛争を止めてくれないか」

「ふ、紛争を止めるだと。バカな! 第一領土問題はどうする?」

「友好国同士、共有するんだ。ガンバレヤが目的としていた田畑、そしてイテマエが目的としていた病院も、エエンヤデには必ず必要になるものだろ?」

「まさか、余の国の目的である住居も、いずれガンバレヤやイテマエも必要になると言いたいのか?」

「そうだ。でも紛争を行うために培ってきた力、鍛錬、連携技術などを今後どこへ持って行ったら良いのか――」


 俺はふいに砂浜の方へと視線を向ける。

 さすがに子供たちは真綿のように吸収が早い。あの短期間で、バットの持ち方、グローブのはめ方、ボールの握り方などを把握してしまっている。


「野球だ。野球の試合で決着をつける。正々堂々と、誰も傷つけることない、スポーツで」

「すぽーつ? やきう? しかしそれでは余たち少女騎士団の存在意義が……」


「……ありますわ」


 そこへ、砂浜で遊んでいたはずのヴィヴィアンヌが突然口を挟む。


「エエンヤデが地震と津波に怯えるように、ガンバレヤは食糧難、そしてわたくしたちイテマエも獣の被害……と、各国は何かしらの不安要素を抱えて過ごす毎日ですわ」

「……」

「そこで、あなた率いる少女騎士団の力を、獣討伐に貸してほしいのですわ」

 しっかりと、そしてはっきりと明言し、深々と頭を下げるヴィヴィアンヌ。

 俺も慌ててそれに倣った――のだが、

(ブラックスワンって、プラバスの自力優勝を逃したときの対戦相手じゃないか! クソっ、この世界では直接関係ないにしても、頭を下げるなんて複雑な気分だ……!)

「ムッシュ・サワムラ! ボケッとしてないで、あなたからも何か言ってくださいな」

 いや、ここは背に腹はかえられない。

「あ、ああ。実はその獣と言うのは、今後ガンバレヤにも出没範囲を拡大する危険性があるんだ。だから頼む、力を貸してくれ」

「……」

 しかし、これだけ頭を下げても、オリヴィアの態度は変わらず、未だ難しい表情をしたままだ。

 また交渉は失敗してしまうのか――と思った矢先、俺たちの元へ多くの騒がしい足音が近づいてきた。


「「「「「オリヴィア様! 一緒に遊びましょう!!」」」」」


 十数人の子供が、一斉にオリヴィアを取り囲む。

 そして体のあらゆる部分を掴んで、砂浜に誘導させようとしていた。

 皆、笑顔を振りまき、まるで本当の家族のように映る光景に、俺もヴィヴィアンヌも息を飲む。


「あ、遊ぶ? 余は遊んだコトなど……」


 困惑するオリヴィアを、子供たちは問答無用で遊びに参加させる。

 この強引さが、後に彼女の偏った思想を陥落させる要因にもつながったのだ――。


――――・――――・――――・――――・――――・――――・――――・―――


「サワムラ殿、そしてヴィヴィアンヌ。すまなかった。余は、余の思想は、たしかにひねくれていたのかもしれない」

「あの子たちの笑顔を守れるのは、君なんだぞ」

「そうだな。移民を受け入れると言うコトは、その者の未来も同時に受け入れると言うコト……。余は、なぜ気が付かなかったのだ。こんな簡単なコトに」

「これから、今まで以上に愛していけば良いのですわ。人は常に未来を見据えて歩いて行きませんと」

「ヴィヴィアンヌ……。貴女きじょは意外と良いやつだったのだな」

「ムキー! なんですのソレ!? わたくしは常に国民のコトを考え、辣腕を振るってきましたから!」

「くくっ。そうなのか? でもそれは自ら言うものでもないような気もするが」

「う、うるさいですわね。もう知らないですわっ」

「オリヴィア。ヴィヴィアンヌ。今から6日後、ガンバレヤ国が整備したガンバレヤ野球場で正々堂々と試合を行おう。それまでにしっかりと腕を磨いておくんだ」

「承知した」

「分かりましたわ。あっ、そう言えばオリヴィア……」

「?」

「このやきう勝負で優勝した団は、ムッシュ・サワムラを好きにできるんですわよ♪」

「んなっ!?」


 すっかり忘れていた。

 ヴィヴィアンヌもどこか抜けているようで、こういうどうでもいいところの記憶力は良いんだよな。


「ほう。貴殿を好きに、か。まぁ正直顔は好みではないが……」


 好きにできると聞いて、オリヴィアは俺の体のてっぺんからつま先まで舐めるように吟味する。


「煮るもよし、焼くもよし……か」


 不吉なことを言って微笑むオリヴィア。

 黒い甲冑を着込んでいる相乗効果も相まってさらに恐ろしく見えたが、その瞳は以前よりもずっと清らかで美しいものだった――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます