六回裏「未来への共同戦線」②

「これは……」

「……なんて酷な」


 住居内の一室に招かれたジゼルたちに映ったのは、ベッドに仰向けとなり、包帯で上半身を巻いたレティシアとサンドラの姿である。

 白の包帯はべっとりとした血で染まり、額には脂汗が滲み、何やらうわ言を口にしていた。


「ジゼル。そしてミシェルとサラ。あなたたちも油断しましわね。やつの死んだふりに……」

「あ、ああ。一度にあれだけの血を流したんだ。即死でなければおかしい」

「このふたりも、たしかにとどめを刺した感触があったらしいですわ。でも、背を向けた瞬間に――」


 鋭い爪が、甲冑もろとも打ち砕いたと言う。


「凶暴かつ、狡猾な性格のようですね……」

「さらには、皮膚が異常に硬く、わたくしの矢もそのほとんどが貫通しませんでしたわ」

「貴国があのような過剰な防衛線を張っているのも納得だな」

「しかし、まだ不安は拭え切れていませんわ」

「何故だ?」

「あの獣、異常なまでの繁殖力を持っているのです」

「なるほど……つまり、おおもとの巣を特定し、根本から掃除をしなければいつまで経っても状況は変わらず、被害は増える一方と言うわけか」

「そうは言ってもわたくしたちの軍事力には限界がある。いずれわたくしも……」


 ヴィヴィアンヌはベッドの方へと視線を移した。


「たしかに、イテマエ屈指の主力が倒れては気が気ではないな。だがヴィヴィアンヌ、我たちはあくまで敵同士。そんなに易く、団の現状を話しても良いのか?」

「そ、それは……」

「我も、まさか紛争をする相手を助けるなんて思ってもみなかった。しかし我が団には、敵国の人間を助けたコトによって、自国に利益をもたらす可能性もあるなどと妄言を吐く大バカものがいてな」

 ジゼルは口元を緩める。

「イテマエに必要な病院も、いずれはガンバレヤにも必要。ガンバレヤに必要な田畑も、いずれはイテマエにも必要。それなら、手を取り合うべきだ……なんてな。おかしな話だろう?」

「……」

「治療に関してもそうだ。騎士として、この者らも敵国の人間に命を救われたと知ったらどう思う?」

沽券こけんに……かかわりますわね」

「そうだ。だから今回は獣の討伐にたまたま手を貸した……までにとどめておいて、これ以上の介入を拒むコトも可能。ヴィヴィアンヌ、騎士団長であるキサマが是非を決めるのだ」


 しばし流れる静寂。

 その中に、苦しそうに呼吸をする声がこだまする。


「た……」

「た?」

「助けて、欲しい。レティシアとサンドラは、幼い頃から苦楽を共にしてきた仲間……こんなところで失いたくはないのですわ!」

「それが、キサマの答えか?」


 目尻に涙を溜めたヴィヴィアンヌは、力強く頷く。


(もし、我がヴィヴィアンヌの立場であったらどうするだろうか?)


 たとえ敵同士だとしても、同じように涙を流して懇願するであろうか。


(逆に、我が床にせていたとしたら、団の者は……)


 騎士としての自負を捨ててでも頼み、願ってくれるだろうか。


 ジゼルは無意識に、ミシェルとサラに目を配る。

 すると、その視線の意味を知ってか否か、彼女たちは小さく、されどしっかりと頷いた。

「よし、ミシェル、サラ。まず包帯を外すのを手伝ってくれ。傷口の具合が知りたい」

「がってんですわ」

「はい!」


 こうして行われる治療――。

 時計の針が急くように主張し、誰かの唾を飲む音が狭い部屋の中に響く。


 ジゼルは手慣れた様子で傷口周りの血液を拭き取り、サラは丁寧に傷薬を塗り込んでいく。その際、体の平衡が乱れないように、ミシェルは慎重に支え続けた。

 戦闘と同じように、それぞれが適切な役割を持って対応にあたる……。実にプラチナバスターズらしい連携だった。


「ずいぶんと手慣れていますわね……」

「ふっ。我も小さい頃、よく妹の怪我の手当てをしていたからな」

「えっ? あなた、妹さんがいらっしゃったんですの?」

「ああ。名はマリナと言う。女の子でありながらヤンチャでな。しょっちゅう転んでは生傷をこしらえてきたものだ」

「でもわたくし、今までお顔を拝見したコトがない――」

「すまない。今は病を患っていてな」

「そ、そうだったんですの……」


 ジゼルの深刻な物言いに、マリナの病状が尋常ではないものと悟ったヴィヴィアンヌは、それ以上の詮索はしてこなかった。

 その後、どことなく張り詰めた、気まずい空気が取り囲むなか、ちゃくちゃくと治療は行われていく。


「よし。清潔な包帯に取り換えればひとまず終了だ。後は水分も摂らせた方がいい。お湯はあるか?」

「ええ。今すぐに持ってきますわ」

 すぐさま厨房の方へと駆けるヴィヴィアンヌ。そのよそで、かすかではあるがしっかりとした息吹を感じることができた。

「あ……ああ、ヴィヴィアンヌ様。逃げ、お逃げくだ……さ……」

「きれ……。斬るのだ、早く斬らねば……やられ……る。やら、れ……」

「ジゼル様。ふたりの意識がっ!」


 治療からおよそ一時間。


 おぼろげながら意識を取り戻したレティシアとサンドラ。

 お湯の入った筒を抱え戻ってきたヴィヴィアンヌは再度大粒の涙を流して喜び、彼女たちを抱きかかえるようにベッドに沈んだ。


「ヴィヴィアンヌ様? ご無事で……」

「よ、良かった」

「ごめんなさい。ごめんなさい! わたくしの不注意のせいであなたたちをこんな目に……」

「はは、良いんです。わたしは、あなたの役に立てればそれで」

 レティシアは震える右手でヴィヴィアンヌの頬を撫で、零れ落ちる雫を掬った。

「ありがとう、ありがとう……」

「アタシも、レティシアと同感だよ。アンタの役に立つコトが……アタシの……喜びさ」

 サンドラも言葉を詰まらせながら、何とか自分の主張を伝えきる。

「でも、どうしてわたしたちは助かったんですか?」

「そうだ。アタシだって騎士の端くれ。食らった傷の程度で、助かるか助からないかくらい判断できる。今回は三途の川で爺ちゃんが手招きしてるのが見えるくらいヤバかったのに……」

「実は、ここにいるプラチナバスターズの方たちが手当てをしてくれたのですわ」


 ここで、初めてレティシアとサンドラは、ジゼルたちの存在に気付く。


「あ、あなたはジゼル!?」

「なんでお前がココに……。さてはヴィヴィアンヌ様に危害を……く゛ぅッッ!?」

 サンドラは血気盛んな性格なのだろう。

 ボロボロの体にもかかわらず、ベッドから起き上がってジゼルの胸ぐらに掴みかかろうとする。

「落ち着け。そんな体で我に敵うと思っているのか。我たちが何故キサマたちを助けたかは、傷が癒えてからゆっくり考えるが良い」

「そうですわ。まずはこちらをお飲みください」

「こ、これはなんだ?」

「薬草を煎じたお茶。あなたたちの傷の治療はひとまず終わりましたわ。今度は体の内側から治していきましょう」


 サラの柔和な表情には相手の昂った気持ちさえも萎ませる、そんな効果があるのかもしれない。

 すっかり大人しくなってしまったサンドラとレティシアは素直にお茶を口に含むと、瞬く間に眠りについてしまった。

 ただその表情と呼吸は、先ほどよりもはるかに穏やかで落ち着いて見える。


「しばらく安静にしていれば、よくなりますわ」


 サラとミシェルはふたりの乱れた掛布団をかけなおし、ぽんぽんと優しく叩く。


「あの、本当にありがとう。なんてお礼を言ったら良いのか……」

「礼なら、外で待ってる大バカものに言ってくれ。そもそもの言いだしっぺはアイツだ」

「思えば、ずいぶんとサワムラさんを待たせてしまいましたね」

「そうだな。ひとまず経過を伝えに外へ出るか」


――――・――――・――――・――――・――――・――――・――――・―――


 待っている側と待たせている側。

 このふたつの時間の流れ方はどう考えても同じではない。


 また、嫌いな時間と好きな時間についても、だ。

 苦手な物理と数学の授業は果てしなく長く感じるし、得意な体育とお昼の休憩時間は光陰矢の如く過ぎていく。

 きっと時間をつかさどる神様が、誰も見ていないところで分針をいじって遊んでいるんだろう。

 

 そう。今だって――。


 いくら待てどもジゼルたちは現れず、さすがに待ちくたびれた俺は、住居の壁に背を預けるようにして座り眠りについていた。

 コー・シエンにきてから、どんなところでも眠れるようになった。この適応力って地味に凄いと思う。

 しかも、敵国のど真ん中で。


「まったく……。我はキサマの姉ではないんだがな」


 どんなところで眠れるようになったのはいい。

 だが、もうそろそろで本格的な睡眠へと心と体が移行した際、決まって横やりが入るのも恒例となっていた。


「そんなに隙だらけだと、何をされてもしらんぞ?」


(あれ? このセリフ、どこかで……)


 淡い記憶が俺の脳内にゆっくりと構築されていく。

 ああ。たしかこのセリフの次は、温かで、柔らかくて、幸せな感触が優しく包んでくれたんだよな……。


 ぎゅ。


 そう。こんな風にぎゅって。


(ぎゅ?)


 ぎゅぅぅうううう……。


 いや、こんな風じゃない!

 ……って、いったい誰だよ、さっきから俺の頬を引っ張ってるのは!?


「ようやく起きたか」

「ジ、ジゼル……!? い、いでででで!!!!」

「キサマ……我に対し待ってるとか言っておいてどうしてのんきに寝ていたのだ?」

「あ、あまりに待たされるもんだから、つい……」

「そんな子供染みた言い訳が通用すると思っているのか。だいたい治療を望んだのはキサマだろう。寝て待つなんて随分と良い身分だな!」

「わ、悪かったよ。ジゼルたちばかりに働かせて。今後は俺が――」

 ようやく指が離され、真っ赤になった部分を擦りながら俺は恐縮した。

「ふ……はははっ! そう。その顔だ! ベアトリスにひっぱたかれて落ち込んだ情けない顔。実に滑稽だ!」

「もう勘弁してくれよ……」

「これはおかしい! あはははッッ!!」


 騎士団長と言う仮面が外れ、ひとりの少女のようにはしゃぐジゼルの姿に、その場にいる全員が息を飲む。


「ふぅ。笑い過ぎて少々疲れた。おいヴィヴィアンヌ、この辺りに少し腰を下ろせるような場所はないか?」

「え、ええ。この道を真っ直ぐ進めば緑地公園がありますわ」

「恩に着る。では少し休ませてもらうとするか。ショウ、キサマはその間、やるべきコトをしておくのだぞ」

「あっ! わ、私もご一緒します!」

「わたくしも!」

 ニコニコと上機嫌で石畳を鳴らすジゼルの後ろを、ミシェルとサラが慌てて追いかけていった――。


 3人が立ち去った後、ヴィヴィアンヌは手近のベンチに俺を誘導し、今までの経過を簡単に話してくれた。


「本当に感謝しますわ」

「俺は何もしてないさ。それに、最終決断を下したのはジゼルだ」

「そのジゼルのコトなんですけれど……何だか雰囲気が変わりましたわね」

「雰囲気?」

「ええ。わたくし、数年前からジゼルとは少なからず交流がありまして。でも、あんな風に笑うのは初めて見ましたわ」


 彼女の言うことももっともだ。

 俺がジゼルに初対面で感じた印象は、怖く、どこかとっつきにくい、冷酷な人間。それは紛れもない事実なのだから。


「以前はどんな感じだったんだ?」

「もっとこう……。常に焦燥感とでも言うのかしら。そう言ったものをまとい、同時に少し近寄りがたい空気も出していましたわ」


 ヴィヴィアンヌもまた、俺と同じように感じていたようだ。

 だが、ジゼルと向き合い、話すきっかけができたことによって、そんなイメージは徐々に払しょくされていった。


「いや。ジゼルは何も変わってないさ。おそらく、あんな風に笑うジゼルが、本来のジゼルなんだろう」

「本来の、ジゼル?」

「騎士団長としての重圧、国の問題、妹の病気のこととか色々なものが重なり合って、彼女の本来の姿を見えなくしていたんだと思う」

「あの、妹さんについて何かご存知ですの?」

 俺は内心、その質問にギクリとした。

「病を患っていると言っていましたが、そんなに深刻な……?」

「申し訳ないけど、その答えについてはジゼル本人から聞いてくれないか」

「あっ……! そ、そうですわよね。ごめんなさい……」

 さすがに踏む込み過ぎたと思ったのか、ヴィヴィアンヌは素直に詫び、肩を落とす。


「ところで、野球外交の話は団員にしてくれたのか?」

「は、はぁ。皆少々困惑しておりますが、ひと通り聞いてくれましたわ」


 ガンバレヤは食料が不足し、いずれ飢餓で国が壊滅する可能性がある。

 イテマエは薬が不足し、満足な治療をすることができない。さらには、獣の被害も今後よりいっそう加速する危険性がある。


「紛争で領土を奪い取るなんて考えはもう古い。ここは、両国手を取り合って互いの問題を解消しつつ、領土を共有する方法をとってみてはどうだろう?」

「しかし、それでは今まで培ってきた少女騎士団としての存在意義が……」

「そこで登場するのが野球だ。紛争の代わりに野球で勝負をつける。今から少女騎士団のゴールデンファイターズは、白球の少女騎士団ゴールデンファイターズに生まれ変わるんだよ」

「白球の、少女騎士団……」

「ヴィヴィアンヌ。聡明で仲間思いの君なら分かるはずだ。紛争の無意味さが……」

「そ、聡明って。たしかにそれは紛れもない事実なのですけれどー、面と向かって言われるとさすがに照れますわ~♪」


 ヴィヴィアンヌはクネクネと体を揺らし、ふいに俺の肩へと寄り掛かってきた。

 そのときである――。


「ッッ!?」

「ど、どうした? いきなり怖い顔して……」

「ムッシュ・サワムラ。先ほどあなた、ジゼルの雰囲気は変わっていない。あれが本来のジゼルだと言いましたけれど……」

「……?」

「嘘をついてますわね。そもそも変わるきっかけを作ったのは、あなたでしょう!?」

「な、何を言って……」

 とうとう、ほぼゼロ距離と言うところまで近づいたヴィヴィアンヌは荒い口調のまま、俺の首筋に自身の鼻を近づける。

「だって……すんすんすん。この匂い、ジゼルの香水ですわよね?」

 鎖骨にかかった彼女の吐息が、俺の全身を震え上がらせる。

「つまり、あなたとジゼルは互いの匂いを交換するくらいに体を寄せ合った。その際、何かきっかけを作ったのですわ!」

「い、いや。それは違う……」

「いーやそうですわ! ムキー! そうでもなければあの朴念仁ぼくねんじんがあそこまでヘラヘラするなんてありえませんもの!」 

(ヘラヘラって……。別にそこまではしてないだろ)

「ムッシュ・サワムラ。女性を甘く見ないでください」

 そう言って突然ベンチから立ち上がったヴィヴィアンヌは、俺の鼻先にビシッと人差し指を突きつける。

「分かりましたわ。プラチナバスターズとのやきう勝負、お受け致しましょう。ただし、領土とは違った報酬を用意していただきますわ」

「報酬……? なんだよ、それ」

 未だ、ヴィヴィアンヌの白くて細い指は俺の顔を指したままだ。と言うことは?

「あ・な・たですわ。勝った団が、あなたを好きにできる」

「な、なんだって!」

「お二人とも! 今の話、聞きましたわね!?」

「はい。たしかに」

「サワムラ様も、やきうで勝った団に好きにされても良いとしっかり明言されました」

「うわぁぁ!!」

 突如、影からヌルッと染み出るようにして、ごく自然に会話へと参加するアネットとクラリス。

 多少は慣れたとは言え、こういきなりではたまらない。

「ちょ! 俺はそんなことは言ってないぞ!!」

「ヴィヴィアンヌ様が言ったと言えば、何が何でも言ったのです」

「ヴィヴィアンヌ様のためでしたら、たとえ火の中水の中。やきうでも何でもやりましょう」

「……」

 女性3人から見下ろすような形になった俺は無抵抗を余儀なくされる。

「ふふっ、楽しみですわ。笑うようになって少しばかり可愛くなったジゼルの面前で、ムッシュ・サワムラとのイチャイチャをこれでもかと見せつける……なんて甘美で小気味いいコトでしょう!」

 背後にパッと薔薇の花を咲かせて天高く笑うヴィヴィアンヌに、ドッと疲れが沸き起こる。

 いや、理由はどうあれ、イテマエとの野球外交が良い方向に向かってきたのは間違いない。

 報酬に俺が追加された件は、ひとまず聞かなかったことにしよう。そう、聞かなかった――。

「楽しみです……やきう」

「ヴィヴィアンヌ様の話を聞いて、実はやってみたかったんです」

 兜を被っているため表情はうかがえないが、いささか興奮した様子の側近ふたり。

 彼女たちの声の抑揚の違いまで何となく分かるようになったのは、それだけ俺がイテマエの空気に馴染んだってことかもしれない。


 そう。何気なく言った空気に意識を集中すると、どこからか風に乗って笛の音のようなものが聴こえてきた。


「あら? この音はなんですの」

「これは……笛の音じゃないか」

「ふえ?」

「知らないのか?」

「え、ええ」


 ヴィヴィアンヌの反応から察するに、イテマエ自体楽器に馴染みがなさそうだ。でも、そんな国になぜ笛の音が響く?

 笛を持っている人物。笛を吹くことができる人物なんて俺の近くにいただろうか?

 

(いや、いる……)


 ジゼルだ。


 昨日マリナを紹介された際、サイドテーブルに笛のようなものがたしかに置かれていた。

 これは、その笛の音なのだろうか?


「見に行ってみよう」

「分かりましたわ」


――――・――――・――――・――――・――――・――――・――――・―――


 向かった先は緑地公園と呼ばれ、イテマエ国民にとって憩いの場として親しまれているところらしい。

 そこには、ヴィヴィアンヌが思わず目を見開くほどの驚きの光景が広がっていた。


 それほど大きくない公園を埋め尽くすほどに集まった、子供からお年寄りまで年齢や性別を問わない大勢の人。

 その中心にいたのが、ジゼルとミシェル、サラであった。

 ジゼルは俺の予想した通り、あの曲がった笛を吹き、観客を魅了していたのだ。

 さらにはその演奏に合わせ隣にいるふたりが歌を唄い、やがて観客たちも口ずさむようになる――。


「これは、天使の歌……」

「ヴィヴィアンヌ。知っているのか?」

「え、ええ。その昔、地図に載らない辺境の村で、娯楽の代わりに唄われていたものと聞いたことがありますわ」

「……」

「ちょっとムッシュ・サワムラ。さっきからジゼルばっかり見てますけれど。まさか見惚れてるとかじゃないですわよね?」


 彼女にはもう下手な嘘は通用しないと悟った俺は、せめて問いにははいかいいえで答えることにした。


「少しだけな」


 内容はさておき、その方が少なからず誠実さは伝わるだろう。


「……悔しいですケド、たしかに今のジゼルはそこそこキレイですわ。でも、もっとキレイなのは――」

 人込みの間を縫うようにたたっと駆けだすヴィヴィアンヌ。

「「ヴィヴィアンヌ様です!!」」

 その背中を、追いかけるアネットとクラリス。

 程なくして、彼女たちは手を取り合い、歌と演奏に参加する。

 紛争を控えた敵同士が紡ぐ華やかかつ奇妙な

 俺はその光景に、ふとガンバレヤとイテマエの未来の姿を重ね合わせた――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます