<Diary 2>

〈白銀 林の日記〉 十月十日(月)


 昨日の夢は怖かった。


 ビスクドールの女の子が飼い猫のミルクを探していた。


 でも、夢だなと分かったら、そのあとは怖くなかった。


 一緒にミルクを探して、コンビニに行って

 廃棄処分の牛乳パックを貰ってあげたら、友だちになった。


 ビスクドールが「わたしの名前はリンです」と言った。

 わたしも同じ名前だよと言ったら、可愛らしく笑って「うれしい」と言った。

 なにか象徴的。ユングの本にでも出てきそうだ。


 白い子猫の名前は「シグレ」だった。


 猫がミルクを飲みおえると、二人は高校の敷地に入ってしまった。


「どこにいくの?」と訊いたら


桐原きりはら時雨しぐれに会いに行く」と子猫が答えた。


「時雨さんは優しいひとですよ」と最後にリンが言った。


 帰宅して、着替えてベッドに入ったところまで覚えている。

 本当によくできた夢だった。



 どこかで聞き覚えがある名前だと思って調べたら

 桐原時雨さんは、高校のクラス名簿でわたしの次の人だった。


 なぜだか、桐原さんにとても会いたい。


 勇気を出して、明日は学校に行ってみようか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます