治癒師と魔剣

作者 一式鍵

47

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 剣と魔法のファンタジー世界ですが、リアルな方向性のハイファンタジーです。後半から非常に面白い展開になっていくので、読むのが止まらなくなりました。
 特に異形の凶悪な敵感がファンタジーならではの恐怖を感じて興奮です!
 私は神官戦士が好きなので主人公にも好感を持てました。
 神官戦士が好きな方や、優秀だけど鼻につかない真っ当でカッコいい主人公が好きな方へ非常にオススメの作品です!

★★ Very Good!!

重厚な雰囲気を醸すハイファンタジーがここに。
未来の聖騎士と目される神官のファラスと、常にそのそばにいる少女ケーナが軸に物語が動いていきます。

北方の反乱を鎮圧する戦いと思いきや、政治、権力、権威、様々なものをその手に掴むための陰謀が徐々に見え隠れしてきます。
そして反乱は、いつしか世界の根幹を揺るがす妖剣と魔剣を巡る争いに……

剣と魔法を駆使した戦い、そして禍々しい異形との戦いはダークな雰囲気をまといつつもその卓越した描き方で魅せてくれます。

シリーズものと言うことで、作品完結後には早くも第二弾を書き上げているようです。

★★★ Excellent!!!

独特な設定、導入から引き込まれる描写、伏線の回収と高レベルな作品です。

特にキャラクター同士の関係性が良くて、ファラスとケーナのやりとりはニヤニヤしますし、ファラスとイレムのやりとりは二人の友情と葛藤と信頼が垣間見えて熱くなる。

本作は数々の謎や目まぐるしく展開するストーリー、明かされる陰謀の壮大さなど読み応えも抜群。

個人的にはファラスとケーナがこれからどうなっていくのか、凄く気になっています。
一味違うダークファンタジーに浸ってみてはいかがでしょうか。

★★ Very Good!!

エッセイ「カクヨム周り徒然」の著者による、レトロ・ハイ・ファンタジー。

剣と魔法の、豪華絢爛な戦闘場面が見どころです。
他にも、敵に襲われる場面の不気味さなど、描写に力がこもっています。

しかし個人的には、主人公ファラスとケーナの関係を掘り下げた部分が出色でした。どのジャンルであっても、「人間」をしっかり描くことにより物語に深みが出ることを実感しました。

「三つ巴」なので、ストーリーは入り組んでおり、正直に言うと、世界観の理解が難しかったです。しかし著者のエッセイで、もとから世界観の設定が緻密で情報量が多いことがわかり、仕方なかったかなと思いました。

ハイ・ファンタジーを読み慣れた人は、もっと楽しめるのではと思います。

また、同じ世界の別作品を現在執筆中とのことで、相乗効果で両作品がさらに楽しめる作品になるのではと、期待しています。