空手バカ異世界 ~物理で異世界ケンカ旅~

作者 輝井永澄

1,366

486人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

BGM: 「Try to Win」-GUNBRIDGE-

武を極め、道を追い求める。きっと、男が漢であることは非常に難しいのだ。
だから人は、武道に夢を乗せて羽ばたかせる。きっと届かないからこそ讃える一方で、デタラメだと笑うのだ。

これは、私たちが待ち望んだ小説である。つまりこの空手バカは実在するのだ!サンタクロースを嘗て信じたように、あなたも空手を信じろ!

★★★ Excellent!!!

単なる異世界転移ものではない、空手を信じる男が己の肉体を試し続ける。
相手は神話の世界の住民や怪物。
主人公は二本の足で立ち、見ぬ強者相手に挑むのです。
これ以上は語れません。余計な言葉はこの物語に似つかわしくありません。
一つだけ言えることは「空手を信じろ!」
これだけです。

★★★ Excellent!!!

ステキな作品が多いWEB小説プラットフォームでは、目をひく設定と思わずクリックしてしまうタイトルがとても重要。この作品は、ほぼ100点満点に近いなぁと思います。

異世界とカラテ。相入れないものを組み合わせると良い、とショートショートの神様、星新一も述べてますが、まさにその通りの笑えるシナジー。

1話1話のなかで、きちんとオチがありながらも、次の話への引っ張りもあり、その加減も絶妙です。

さてさて、これならどんなケンカ旅をしていくのでしょうか。続きが楽しみです!

★★★ Excellent!!!

小説を読む時間が惜しい・忙しいという方もいようが、
まずは本文リンクをクリックされよ。
圧倒的な疾走感、きっと時間など忘れるだろう。
事実、1話読了に飲み物を一口・タバコを一口以上の時間はかからぬ。
この作品には飲み物もう一口、タバコもう一口を忘れる強い魅力があるからだ。
私のタバコは一口吸ったのみで、数話読了後にほぼ燃え尽きていた。

相手が魔人であろうとミノタウロスであろうと空手で必殺
今拝読している重装騎士など、「4tトラックと立ち会う」事に比べれば余裕であろう。

肉体の信望者である主人公は真の勇者であろう。
ゲームのファンタジーに慣れた者には違和感があるかもしれないが、勇者とは己の力で戦う漢だ。
ゲームにありがちなチート(勇者専用武器等)を与えられたファンタジーヒーローなど及ぶべくもない。

彼のメインウエポンは鍛え抜かれた拳だ。
身に纏うは空手着のみ。
勇者の剣?究極魔法?そんなものいらぬ。
鍛え抜いた拳と筋肉がある。
甘ったれたRPGファンタジーを粉砕する、真摯に己の武道を貫く勇者である。

なお、小説的にショートストーリーとしての完成度が抜群。
筆者の腕も神速の正拳といえる切れ味だろう。

さして時間はかからぬ。騙されたと思って一読をお勧めする。

★★★ Excellent!!!

チートも魔法もいらん、ゲンコツでぶちのめせ!

作者さんと繋がって以来、ずっと彼の格闘もの読みたいなーと思っていたんですがね……もう最高です。こういうど真ん中を突き進む空手ネタってなかなかなくて。しょうがなく自分で書いてみたもののマイナー路線まっしぐらで、ああ、明るい空手もの読みたいなあと思っていたところでこれなわけです。度肝を抜かれる空手力。圧倒的な押忍力。素晴らしい。

この作品はとても仲間うちで評判が良い。仲間うち、というのは格闘技仲間ばかりでなく、創作仲間からもです。とにかくスカッと爽快で、読者に媚びたところや作者の知識自慢がない。やはり物語の王道というのはこうでなければいけない。まさしく期待してたものです。

そしてこの話はアクションやパロディだけでなく、とにかくキャラクターがいい。特に主人公がいい。そして仲間たちもいい。エルフも姫騎士もいい、オークまでいい。さあみんなで空手をやろう!

★★★ Excellent!!!

まだ最新更新分(二話目)までですが、もうすでに彼の強さと、空手馬鹿っぷりにやられました。

トラックをどうやったら倒せるかとか真剣に考えちゃうあたり、空手馬鹿以外の何者でもありません。

でも、だからこそ強い。
純粋な強い。極めたものだけが出せる風格があります。

これから、彼がどんな強敵に立ち向かっていくのか。どうやって勝ちにいくのか。
目が離せません!