アルファベットの物語

作者 あいの

145

52人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

シュールな中に観察眼と洞察がキラリと光る連作ショートショートです。

物語の一つ一つは、現実に非常に近い位置にあり、起こり得そうな、けれど実際にはなかなか出会わないような、そんなものばかりです。
そういうシュールな、時に笑ってしまうような文章の節々で、あるいはラストで、ハッとさせられる言葉が鋭く煌めいています。
日常への観察を通して、人生や人間関係に対する洞察を試みた、たいへん興味深い作品でした。

★★★ Excellent!!!

この世界には様々な人間がおり、それに比例して個性や性格は千差万別と変化するもの。そして、この小説に登場する人々も独特と言いますかアクの強い個性や性格の持ち主ばかり。
ですが、それが最高に面白い。ありきたりな没個性ばかりではなく、一つ一つが違う色鮮やかな花のように強調されており、どれも勝るとも劣らぬ輝きを放っています。
小説を書く上で大事なのはキャラ設定。その設定で苦しんだり、何かを学びたい時、この小説を読んでヒントを得るのも有りかもしれません。それほどまでに登場人物が生き生きした小説でございました。

★★★ Excellent!!!

一言で言わせてもらうと、「面白いっ!」です。
プロットに、"一話完結"と書いてあったので、
気軽な気持ちで読んでみると、以外にハマるんだなぁ、これが。
それに、「え?ここで終わりじゃないの?まだ次があるの?」
と思って読み進めていくと、最後には驚きの結末が。
自分もこんなん書きたいです!!
まだ半分のエピソードしか読めてないですが、
面白いのとツボにハマったので星3つです!!

★★ Very Good!!

何ともいえない雰囲気が魅力。

語りかけてくるような文章に「ふんふん、それで?」と読み進むうちに、登場人物の一人一人と昔馴染みであるような気分になってきます。

達観しているようで青臭くもある彼らの会話に、思わず、「いや、それはないでしょ(笑)」や「私はこう思うけど?」などと発言したくなり、時に「がはは」と笑い、時に「うるうる」と心を通わせてしまう。

普通の日常の愉快さと幸せ。そんなことを教えてくれる作品です。


★★★ Excellent!!!

面白い人の話は一見、脈絡がなかったりする。
次にどんな話が出てくるのか、まったく予測ができない。

聞いているうちに「今何の話を聞いてるんだっけ?」となることもある。

でも、面白い。『アルファベットの物語』はそんな小説です。

ポンポンと飛び出す勢いのある言葉、リズミカルな言葉。
それによって語られる、小中学時代の個性あふれる友人たちの、懐かしくも馬鹿馬鹿しいエピソード
(個人的には「デンジャラスでんちゃん」が大好きだ)。

そんな彼らも大人になって、挫折したり、人生の壁にぶつかったりする。
その1つの解決策を示そうとする作品でもない。

みんなが苦悩と疑問を抱えながら、それぞれにあがいたり、寄り添っていたりする。

それを語り手である「僕」のさり気ない優しさが包んでいる。

ストーリーを追ったり、意味を求めたりするより、心で感じようとする。
そんな読み方がぴったりな作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

例えば戦国時代の主役が信長や信玄で、脇を固めるのが配下の武将や奥方たちだとしよう。
その時代には農民や職人が居て、そんな綺羅星たちとは何の縁もなく生活している。
このお話の舞台は今だけれど、信長の居ない現代ではそんな人たちこそが主役なのかもしれない。
主役だけれど誰も注目していない。
きっとこれは、そんな人たちのオムニバス。

★★★ Excellent!!!

とは言っても、口頭でこの面白さを伝える自信は私にはありません! という訳で、これはもう読んでもらうしかない訳です。

まず、各エピソードの一行目にすごくそそられるんです。
実生活の中で誰かにこれを言われたら「ん? 何それちょっと詳しく聞かせてよ」って答えてしまうかも。
練られた一行目を紐解くように繰り出される、ほっこりしたり、しんみりしたり、癖になるエピソードの数々。

起き抜け、休憩中、帰宅時、夕食後、寝る前、深夜に目が覚めた時、そんな時に1話ずつ読んでいきたい作品。
個性豊かな「アルファベットたち」のドラマが、あなたを待っています。

★★★ Excellent!!!

問いかけに、どんな答えを出すのかと*

心惹かれます*

答えはひとつじゃないかもしれない*


拝読していて、そんな答えがあるなんてと*
なぜか嬉しい気持ちになります*


冷静に考察したり、
楽しく*面白くおしゃべり*

あるがままの思考が*
興味深く*
面白いです*


人物たちの考えは、
どこか正面からずれたところにあるようで、
不思議なそのずれが、

普通とは違う答えのヒントをくれるようで、
楽しいです。


答えを出すことさえ、
必要ないかもしれないと思える*

自由な感覚が、
何かを許される様で、

ほっとします。

★★★ Excellent!!!

共感できたり納得したり、その内容も言い回しも、それにサクサク楽しめる手法も、全てがお洒落でカッコいい! 個性豊かなキャラクターたちが生き生きと描く愉快な短編集。けれど時には切ない、その中に織り込まれる核心をつく心理描写が見事です。読むほどに登場人物一人一人を好きになっていく、これはそんな物語。

★★★ Excellent!!!

2018/1/12追加
未だ勢いは衰えず。「第38話 目的地には皆で一緒に」の冒頭の8行がすごくてついレビューを追加です。
この短編集、「僕」はもちろん、S渡辺、クロさん、ぴよちゃん、等々、魅力的なキャラが満載です。独創性ではキャラクター文芸No.1でしょう。

(前回レビュー)
これはすごいです。途中、笑いが止まらなくなった箇所がありました。

文章が物凄く上手いので、ノーストレスで読めます。

最初は「一体何の話…?」と思いましたが、読み進むにつれそんなことはどうでも良くなります。

とにかく面白いんです。

特に「第8話 笑顔のいい女」の完成度の高さときたら。
コメント欄にも書きましたが、何文字あるのか自分でカウントしてしまいました。