カクヨム周り徒然

作者 一式鍵

取り合えず、読めば道が広がります

  • ★★★ Excellent!!!

読み始めたきっかけは「腰痛剣士と肩凝り魔女」を書いた人をもっと知りたいという一心でした。
何せ上記の小説、一頁を何度読んだか解らない位読んで、その読み方で最終頁まで紐解いたのに、まだ何かある気がする、まだ行間に読み取りきれていない情報が隠れている気がする、そしてテーマの小分類の正義は解ったけれどこの大元の大分類は正しくはなんと表現すべきテーマが隠れているのかと、まぁ夢中になってしまって、カクヨムが一式様のメインだと知って大急ぎでカクヨムアカウント取りました。
徒然があるのを発見し作者を理解すれば作品理解につながる?! と飛びついてしまいました。
此処までが前提。長いわ!

でも、これ、本当にすごかった。
このカクヨム周り徒然読んで色々な事を納得しました。
そりゃ書けるわ、とんでもない物語でもこの徒然書けるこの方なら書けるわ。
視野が広く、物事の受け取り方も独特、目の付け所もとてもいい。
でも、決しておかしくないのです。
あれ? この見方は新鮮だけれども、この見方ってすごく素敵だし、生きやすいよね?
そんな吃驚に何度も何度も遭いました。

「腰痛剣士と~」は兎に角キャラクターが真摯なのですが、一式鍵様が一番真摯でした。
そりゃあ、性根腐ってたら真摯なキャラクターなんて書いても嘘っぽいけれど、此処までご本人が真摯でいらっしゃるとは想定外。

書く事の姿勢について、時に耳に痛い言葉もありました。
けれど、「痛いけれど間違ってたの私だわ」と気づかせて下さいます。
負けず嫌いなのに反論が浮かばない、だって一式様の意見で納得しきっているのですもの。
そして、時に厳しい表現があっても、追い詰める表現はないんです。
自分で考えさせられることはしょっちゅうですが、書くのが辛くなった時、この徒然を紐解けばスタートラインに戻って、また全力で走れる――私は心からそう思いました。
物を書かなきゃ生きていけない人も、読書が好きで物を書く人の心理ってどうなんだろうと思う人も取り合えず読んでみなさい、正座でがっつりとね! そう言いたくなる作品でした。
一つ問題があるとすれば、エッセイなんて言葉では何か足りなく感じることくらいです(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

古都里さんの他のおすすめレビュー 6