虹の架け橋

作者 日野 祐希

131

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一言で言えば、「筆舌に尽くしがたい」になってしまう、そんな作品でした。

主人公と少し元気過ぎる奈津美先輩の爽やかな青春ストーリーでありながら、製本や司書の話、図書館での仕事や本の歴史まで触れることのできる、芸術性や文化性に富んだ作品でした。

本という一冊の芸術的作品を生み出す事の壮大さ、そしてそこに文字を綴る作家の素晴らしさを噛み締めることができたような気がします。

物語が進めば進むほど、作品の世界にのめり込める作品です。タイトルの意味にも注目して、是非ご一読ください!

素晴らしい作品でした。

★★★ Excellent!!!

拝読途中のレビューとなりますが、物語のヒロイン奈津美先輩がとにかく‼︎魅力的なのです☘

読み進めながら、こんな彼女に出会いたかった、こんな彼女が先輩・友達だったら(振り回されることが目に見えながらも)毎日がすごく楽しいだろうなぁって想像して、その想像にワクワクしてくるのです🌸

是非ご一読を。
そして魅力溢れる奈津美先輩に出会ってくださいませ☘

★★★ Excellent!!!

製本家を目指す奈津美と、司書になりたい悠里。
幼い頃、それぞれの抱く夢を叶えようと約束を交わした二人が、高校生になって再会を果たすところからこの物語は始まります。

はちゃめちゃで、そこかしこにトラブルの種を撒き散らして歩く図書部部長の先輩・奈津美。序盤はそんな印象ばかりが残るよう描かれているのですが、いざ製本作業に取り掛かれば、その立ち姿は一変。普段のはちゃめちゃな先輩はどこへやら、そこにいるのはまさしく職人。このギャップこそ、奈津美がこの物語のヒロインにふさわしい理由であり、悠里がいつまでも彼女との約束を胸に抱き続けている所以なのでしょう。

幼き日の別れ、そして、再会後に訪れる新たな選択。
それは夢のための試練であり、二人が夢を叶えるための必然。

二人の物語は、ここで終わりではありません。
この先の未来こそ、二人の紡ぐ『本当の物語』なのです。

それぞれが叶えたい夢のために奮闘する悠里と奈津美。その過程で、徐々に距離が縮まっていく二人。
そんな二人が架ける虹色の橋――その先に待つ未来を想像できるのは、この物語を読んだ貴方の特権です。
『本』を通して綴られる青春の一ページ、貴方もめくってみませんか?

★★★ Excellent!!!

まだ途中ですが、一話一話読み易く難解な文章も無いので、目が滑る事なく気持ちよく内容を飲み込めました。
何よりもそんな読み易い文章の中で要所に綴られる製本や司書に対するワードは興味をそそられるものがあり、読書中にも関わらず製本や司書について調べたくなるほどでした。
そういった事に関心を持つ人もですが、それ以外の人にもおすすめです。

★★★ Excellent!!!

青春っていろんな思い出を含んでいますよね。
何かに必死に打ち込んだ事だったり、友達と笑ったり、喧嘩したり、恋だったり、思い出す度に甘酸っぱくなるような事だったり。
この物語の悠里君と奈津美先輩の間には、その全てが詰まっているような気がします。

図書部として文集作成に取り組む二人。
職業体験や取材の中で二人の間に繰り広げられる会話劇は、まるで互いに魔球を投げ合うキャッチボールのようで楽しいです。

この物語に欠かせない存在と言えば、やはり奈津美先輩!
人目も気にせず腰に抱きついてきたり、泣きながらナチュラルにディスってきたり、いろんな所でいろんな事をやらかし、そんな満ち溢れるエネルギーを光らせる彼女ですが、ペットボトルの蓋が開けられなかったりとか「か弱い一面」もあったり。
ですが、彼女の真の魅力は、それ以外のところにあるんです。
それに気付いた時、きっと読者は悠里君と一緒に、この物語の世界に引き込まれる事でしょう!

★★★ Excellent!!!

言動が破天荒で、主人公をやたらめったら振り回す美少女。ラノベなどでよく見られるヒロイン像です。
正直なところを言うと、私はこの手のヒロインが苦手でした。

本作のヒロインである奈津美先輩も、例に漏れずそのタイプなのだろうと思っていたのですが。
物語を最新話まで読み進めて、その印象がガラリと変わりました。
製本の作業に打ち込む姿。いつも学校で見ているような破茶滅茶な彼女はどこにもいません。
ここでようやく気付いたのです。普段は注意力散漫でも、自分の好きなことに対しては驚異的な集中力と技術を発揮するタイプ。こういう人は現実にもいます。
天性の芸術家。周囲の人は多分とても振り回されるのだろうけれど、その才能の輝きはきっと計り知れない。

この物語は、天才肌の奈津美先輩と凡人の悠里君の関係を描いているのではないかと、そんな気がするのです。

描写が丁寧で、回想シーンの入れ方なども絶妙に上手く、とても読みやすい作品です。
この先も二人の関係性を追っていきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

 ことあるごとに大騒ぎを起こす変な先輩・栃折奈津美。

 高校の部活である『図書部』で、彼女の後輩にあたる一ノ瀬悠里くん。


 本作は、この型破りな奈津美先輩に振り回される悠里くんの高校生活を描いた物語である……かもしれない。

 入学式の当日、美人の先輩に声を掛けられた悠里くんは、『図書部』へ勧誘される。が、次の瞬間、彼はとんでもない女性に自分が目をつけられてしまったことに気づくのであった……。

 というような冒頭を、回想とギャグを差しはさみながら、綺麗に展開してみせるのは、作者が高い文筆力をもっている証だろう。この手のキャラが好きな人ならば、この第一章だけでご飯三杯は軽い。

 第一章で奈津美先輩の強烈なキャラクターと、彼女と悠里くんの楽しい学園生活を紹介しつつ、第二章で本題である文集の作成、製本の話へと流れてゆく。

 このあと、第三章で、果たして意表を突く展開が待っているのか、あるいはストレートに製本の話に繋ぐのかはまだ分からないが、本作が既存の青春小説とは一線を画すものであることは、この第二章までで十分に伝わる。

 まず、型破りな奈津美先輩のキャラクターだが、これはライトノベルやコミックではよくあるタイプのキャラであると言わざるを得ない。ところが本作は描写が妙に文芸的だ。ここにこのラノベ的な奈津美先輩を登場させることは、極めて異質な絵面を作り出すことになる。そして、必然的に新しい切り口のキャラクター形状が発現するわけだ。

 ぼくは正直、このキャラクター形態には、違和感を感じる。アイドルがドラマで不良の役を演じるような違和感だ。なにか作者とキャラクターが無理している気がしてならない。
 だが、それはもしかすると、全く新しいクリーチャーに対する単なる拒絶反応なのかもしれない。今まであり得なかったミスマッチが生み出した、新しい創造物がここにあるのではないか。
続きを読む

★★★ Excellent!!!

浜名南高校図書部に入部した主人公の悠里。
そこに現れたのは栃折奈津美という美少女の先輩。

「ようこそ、浜名南高校図書部へ!」

そう歓迎された悠里と奈津美先輩のお話です。

このお話の中で、私は初めて『書籍修復家』や『製本家』という仕事を知りました。
世の中にはいろんな本に携わる仕事があるんだなぁ、と感心すると共に。

この栃折先輩の魅力が、ぐいぐい来る。
読み進めるにしたがい、ぐいぐい迫ってくる。
なにこの先輩。めちゃ可愛い。

描写の上手さと展開の巧さにも引き込まれました。

是非あなたも、この図書部の毎日を追いかけてみてください!

★★ Very Good!!

全体を通して非常にいい感じられたのが、ジブリ作品のような色鮮やかな世界が思い浮かべられるところ。というのも情景描写がとてつもなく巧い。
シーン0では桜に始まり、先輩の黒髪、校章の色まで言及し、図書館でもどこか本の匂いを感じられ、二章においては山の緑がイメージさせられていつでもノスタルジックな気持ちになります。
派手過ぎないがために、高校生の仄かな感情が逆に引き立っていて、どこか日本的な美を感じました。
社会の喧騒から離れてゆっくりしたい、そう思った人に勧めたくなる作品です。

★★★ Excellent!!!

うん?この作品のヒロインを見るに、俺の好きな年上系ヒロインか。しかも一番最初の話を見るにクール系っぽいな!はっはっー!こいつは面白そうじゃないか!
(2-3まで読後)
全然クールじゃねー!完全ポンコツ系で見栄っ張りじゃねーかー!最初のギャップと相まって最高じゃねーかーこの奈津美先輩!

失礼しました、熱くなりました。
魅力的なキャラ、これは小説を盛り上げるうえで欠かせないものだと思います。その中でこの奈津美先輩は間違いなく、疑いようもなく、議論の余地なく魅力的です。勉強できなくて、または補修が絡んできて百面相している様など、惹かれる男性諸氏も多いと思われます。

★★★ Excellent!!!

 製本家、書籍修復家という、クラフトマンシップに富んだ手仕事のプロ。
 司書という、人と本をつなげるために、収集し、保存し、提供するという仕事を粛々とこなす、静かなコミュニケーションのプロ。

 そうした本に関わるプロフェッショナルを目指す少年少女が育まれる場として、そうした彼らが青春の時を過ごす場として、学校図書館はかけがえのない場所だと思います。

 それぞれの胸に去来する思い、夢、熱意、そして未来。

 この物語の広がりを、見守りたいです。

★★★ Excellent!!!

2-1まで読みましたが、既に最後まで読みたいなと思える作品です。悠里の視点で書かれた読みやすい文章は違和感なく読み進めることができ、悠里を通して奈津美先輩の魅力がひしひしと伝わってきます。少なくとも私は、ここまでで既に奈津美先輩に心惹かれています。製本家の卵である奈津美先輩と図書館司書を目指す悠里。この小説は恋愛をテーマに置いていませんが、2人が繰り広げる図書部での日常は、充分に学生時代の淡い恋心を蘇らせてくれる。そんな力を秘めた作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

図書館好きにはたまらない作品!
出会いは偶然なのか必然なのか、一つ一つ丁寧な文章が目立つ作品ですが、なによりキャラの動き方にかなり繊細さを個人的に感じる作品です。

物語の情景が本当に目を閉じれば浮かぶのは作者の想いが文章を通じて感じるからなのでしょう。

タイトルの意味も少し気になるところでブックマークは必須です!笑
ぜひ、お手にとって読んでみましょう!

★★★ Excellent!!!

 図書館や製本現場を描く作者様の最新作! 主人公は図書館司書を目指す新入生。そこに現れた先輩美女は、幼き日のあの子だった。司書を目指しているが図書館部には入る気がなかった主人公だったが、強引に入部させられることになって……⁈ 静かな読書空間であるはずの図書館で繰り広げられるラブ(?)コメディ。
 図書館という独特の空間と、ハチャメチャな先輩との組み合わせが癖になること間違いなしの作品です。そして日常に疲れていた主人公が今後どうなっていくのか気になります。
 図書館好き、本好きな方は、是非ご一読を!