第208話・遠い昔のあの子の思い出

 小学二年生の夏休みに入ってすぐの頃、俺は母さんと二人でじいちゃんばあちゃんが住む田舎へと遊びにやって来た事があった。

 普通に考えれば夏休みを利用しての帰省きせいなんだろうけど、この時の帰省はそんな単純なものではなかった。なぜならこの時の帰省は、俺の心の静養を考えた母さんが企画したものだったから。

 もちろん母さんがそう言ったわけじゃないけど、今になってあの頃の母さんの気の遣い様を考えると、そうとしか考えられない。まあこの時は、母さん自身の心の静養も兼ねていたんだろうとは思う。

 心の静養――なぜそんな事が必要だったのかと言えば、それはほんの半年ほど前に父さんを交通事故で亡くしたからだ。あの時は本当に突然の事で、父さんの死を受け入れる事ができずによく泣いていた気がする。そして母さんはそんな俺を気遣う様に、極力側に居てくれた。

 小さな頃はそんな気遣いにほとんど気付かなかったけど、大きくなった今では母さんの気遣いに色々と気付く。あの頃は母さんも相当辛かっただろうに、本当に沢山の迷惑をかけていたと思うから、その点は今でも申し訳なく思っている。

 そして記憶の中にあるあの子と最初に話をしたのは、確か田舎に着いた初日の事だった。

 田舎に着いて少しのんびりとし、お昼を食べてから散歩へ出掛け、近くにある小さな公園にさしかかった時、その公園に入って行った白のワンピースの女の子が青色のハンカチを落としたのが見え、俺は急いでそれを拾ってから大きな木がある方へと向かって行く女の子に声を掛け、そのハンカチを手渡した。


「ハンカチ落としたよ」

「……ありがとう」


 呼び掛けに反応して振り返った女の子は平坦な声音でお礼を言ってハンカチを受け取り、そのまま木陰の下にある小さなベンチへと向かって行った。


 ――確かあの子、朝にここの前を通った時にもあそこに居たよな……。


 朝早くこっちへやって来た時、俺は母さんと一緒にこの公園前を通った。そしてその時、俺はあのベンチに座っている白のワンピースを着た女の子を一度見ていた。

 その時は深く俯いていたから顔は分からなかったけど、風に揺れていた長く綺麗な髪や白のワンピースという服装を考えると、同一人物で間違いないと思った。

 ベンチに座っているその子はどこか寂しそうに見えて、なんだかその姿が少し前の自分と重なって見えた。もちろん本当に寂しいのだとしても、その意味合いは全然違うとは思うけど、俺はなんとなくその子を放っておけない気分になった。


「ねえ。ここで何してるの? 誰かを待ってるの?」


 意を決して木陰の下のベンチに座っている女の子の前まで行き、明るい声でそう問い掛けた。

 するとその子は俯かせていた頭を上げたけど、その表情はハンカチを手渡した時と同じ様に笑顔一つない。無表情――と言ったらなんだけど、この時の俺にはそんな風に見えていた。


「……私?」

「うん」

「私は……何をしてるのかな?」

「えっ?」


 俺が聞いた質問をそのまま呟かれ、俺は少し戸惑った。女の子の様子を見ていた限りでは、何をしていたのか、何をしようとしていたかなんてさっぱり分からなかったからだ。でも自分なりにその理由を考えてはみた。


「えっと……誰かと遊ぶ約束をして待ってるとか?」

「ううん。遊ぶ約束はしてないよ。いつも独りだから」

「えっ? 友達と遊んだりしないの?」

「私には友達が居ないから」


 無表情に見えた表情から一変、女の子は表情を沈ませてしまった。なぜ友達が居ないのかは分からないけど、少なくとも俺には、その子が人に嫌われそうな子には見えなかった。


「……ねえ、良かったら一緒に遊ばない?」

「えっ? 私と?」

「うん! 僕は鳴沢龍之介。じいちゃん達の家に泊まりに来てるんだ。龍之介って呼んでいいからね。君の名前は?」

「今居る所ではみっちゃんて呼ばれてるよ」

「みっちゃんか。それじゃあみっちゃん、良かったらだけど、僕がこっちに居る間は一緒に遊ばない?」

「いいの?」

「もちろん! それじゃあみっちゃん、面白い場所があるから一緒に行こうよ!」


 ベンチに座るみっちゃんに向けて手を差し出すと、恐る恐ると言った感じでその手を握った。そして俺は握られた手をしっかりと握り返し、去年見つけたていた秘密の沢へと向かって歩き始めた。


× × × ×


「りゅうのすけ君、この生き物は何?」

「こっちのハサミがある方がサワガニで、あっちの緑色のがアマガエルだよ」

「触っても大丈夫?」

「サワガニはハサミに気を付けなきゃだけど、アマガエルは平気だよ」

「それじゃあ、アマガエルに触ってみるね」


 みっちゃんはそう言うとカエルの正面からゆっくりと手を伸ばしたが、その手がカエルへと触れる直前に別の方向へと逃げられてしまった。するとみっちゃんは残念そうにしながら口を小さく尖らせた。


「正面から手を伸ばすと逃げられちゃうから、後ろから捕まえるといいよ」

「うん。分かった」


 みっちゃんはにこやかな可愛らしい笑顔を浮かべ、さっき触れる事ができずに逃げられたカエルを探し始める。そしてカエルが逃げて行った方を見回しながら目的のカエルを見つけると、今度は言われた通りに後ろからそっと近付き、両手で優しく包み込む様にしてカエルを捕まえた。


「捕まえたよっ! りゅうのすけ君! 手の中でピョンピョン跳ねてるっ!」


 カエルが包み込まれた両手を俺へ向けて差し出し、嬉しそうにはしゃぐみっちゃん。こういう場所で遊ぶのは初めてだと言っていたけど、カエルを捕まえただけでこのはしゃぎようは凄い。


「わー。柔らかくてぬるぬるしてる」


 片手を離して中に居るカエルをまじまじと見ながら、離した方の人差し指で優しくカエルを触るみっちゃん。

 全ての事に興味津々と言った感じのみっちゃんの反応はとても面白く、それから夕陽が沈みかけるまで一緒に楽しく沢遊びを楽しみ、また明日一緒に遊ぶ為に公園のベンチで待ち合わせをしてからその日は別れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます