第195話・様々な不安

 制作研究部の活動開始から二週間が経ち、ようやく本格的なゲーム制作へと活動は移り変わろうとしていた。

 今までの期間で何回も検討や討論を重ね、ようやくゲームの世界観や内容を統一するに至り、そして今日の活動で統一された世界観やキャラクターの関係性を元に、各個人がどの様な割り振りで制作にたずさわるかを決める事になっている。

 メインのゲームプログラム関連は美月さんが担当する事になるだろうけど、美月さんはきっと、みんなが担当する内容全般に携わってくれると思う。

 それは全ての事が初体験の俺達にとって、とてもありがたい事だけど、美月さんに負担がかかり過ぎないか心配になる。まあ、実際にどうなるかはまだ分からないけど、ワクワク半分、不安半分なのは間違いない。


「今までこういうのをやった事が無かったからでしょうけど、何だかちょっとワクワクしますね。先輩」


 二つの長机と数個のパイプ椅子、そしてホワイトボード以外の備品が無い簡素な八畳ほどの部室。そんな部室の中には、現在俺と愛紗しか居ない。


「そうだな。俺もこういうの初めてだから、その気持ちは分かるよ。でもさ、結構不安もあるよな。俺にちゃんとできるのかな――ってさ」

「あっ、それ分かります。私も結構不安ですから」

「だよなあ。こういうのって、その業界目指してる人なんかがする事だと思ってたから、やれるのか不安になるよな」

「ですよねえ……」


 この場に二人しか居ないのをいい事に、俺と愛紗はこの活動における不安を口にした。

 誤解が無い様に言うと、俺達はこの活動に不満があるわけじゃない。ただ、どんな事をするにしても、初めての体験というのは大きな不安が付きまとう。だからこれは、お互いに不安を言い合い、その不安が自分だけじゃないのだと確認して安心する為のものだ。自分の抱える不安が自分だけではないと分かるのは、それだけで安心するものだから。


「――お待たせしてすみません。龍之介さん、愛紗さん」

「待たせてごめんなさい」


 二人で話をしながら待つ事しばらく。部室の扉が音を立てて開き、そこから美月さんとまひろが姿を現した。


「気にしないでいいよ。愛紗と喋ってたから、大して待った気はしてないからさ」

「先輩の言う通りですよ。だから気にしないで下さい」


 その言葉に頷きながら、愛紗はにこやかな笑顔を見せる。俺だけが気にしないでと言うよりは、愛紗もこう言ってくれた方が助かる。


「遅れてごめんなさい!」


 愛紗の言葉に二人が感謝をしてパイプ椅子に座ると、今度は勢い良く開けられた引き戸からるーちゃんが入って来た。


「お疲れ様、るーちゃん。結構時間かかったみたいだね」

「うん、待たせてごめんね。初めての二者面談だったから、話しを進めるのに時間がかかっちゃって」

「三年生は進路を決めなきゃいけない時期だしね、仕方ないよ。さあ、とりあえず座って」

「ありがとう、たっくん」


 俺は自分が座っていた席をるーちゃんに譲って座ってもらい、他のパイプ椅子を用意してから改めてその椅子に座り直した。


「あっ、それと途中で水沢さんに会って伝言を頼まれたんだけど、『今日はそっちの部活に参加できないかも』って言ってたよ」

「ああー。バスケ部は夏のインターハイ予選もあるし、三年生にとってはインターハイに行けるかどうかの最後の挑戦だから、仕方ないね」

「そうですね。去年は惜しいところでインターハイ出場を逃しましたから、今年は是非インターハイに行ってもらいたいですね。それに、せっかく忙しい合間を縫って制作研究部に入ってくれたわけですから、茜さんの負担にならない様にしないといけませんね」


 そう言って気合を入れる美月さん。その姿はとても頼もしく見えるけど、無理だけはしない様にしてほしいもんだ。


「さてと。とりあえず桐生さんは面談があるからいいとして、杏子は何やってるんだ? 愛紗、何か聞いてないか?」

「いえ、私は何も聞いてませんけど……あっ、でも、ホームルームが終わったあと、急いで教室を出て行くのは見ましたよ?」

「マジか。それじゃあ何で部室に来ないんだろうな……とりあえず聞いてみるか」


 杏子の様子が気になった俺は、制服の胸ポケットから携帯を取り出してから電話を掛け始めた。すると電話を掛け始めてすぐ、杏子が携帯の着信音にしている音楽が廊下の方から聞こえてきた。


「お兄ちゃん、どうかしたの? 電話なんて掛けてきて」


 着信音が鳴り始めて数秒も経たない内に部室の引き戸が開き、そこから携帯を持った杏子が入って来た。


「『どうかしたの?』じゃないよ。今まで何してたんだ?」

「ん? 男子から告白されてた」

「「「「「ええっ!?」」」」」


 あまりにもサラッとそう言われ、俺達はほぼ同時に驚きの声を上げた。


「こここ告白って!? いったい誰が誰にだよ!?」

「えっ? 誰が誰にって、私が男子に告白されたって意味にしか聞こえないと思うんだけど?」


 杏子は小首を傾げながら、何か変な事を言ったかな――みたいな表情を浮かべている。


「そ、それで!? 相手には何て返事をしたんだ!?」


 俺はパイプ椅子から立ち上がって入って来た杏子に近付き、その両肩を掴んでから回答を迫った。

 どこの馬の骨かは分からんが、うちの妹をたぶらかそうとはいい度胸をしている。杏子の返答次第では、色々と考えないといけない。


「お兄ちゃん、落ち着いて。もちろん断ったよ、当たり前じゃない」

「そ、そっか……」


 告白を断った事をなぜ『当たり前』と言ったのかは分からないけど、杏子の返答を聞いた俺は、心底ほっとした気持ちだった。


「でも、ちょっと困ってるんだよね」

「ん? 何がだ?」

「実はね、その告白してきた男子が、俺は絶対に諦めない――って言ってるんだよ」

「えっ? でも、ちゃんと断ったんだろ?」

「うん。私には好きな人が居るから――ってちゃんと言ったんだけど、『それって付き合ってる訳じゃないから、俺にもまだチャンスあるよね!』とか言って、自己完結させちゃったんだよね……」


 杏子は困った様な不安そうなと言った感じの複雑な表情を浮かべ、大きく溜息を吐いた。


「ああー。なるほどな」


 男子特有――ってのは言い過ぎかもしれないけど、この手の話はわりと耳にする事が多い。

 確かに相手に恋人が居ない限りは、チャンスがあると思いたいのはよく分かる。しかし、これはあくまでも、であり、その想いに対する相手の心中は、ほぼ高確率でなのだ。

 相手も告白される事については嬉しいと思ったりはするかもしれない。だが、あまりにもしつこい愛情の押し付けは、相手にとって迷惑極まりないものだ。冷静になれば誰でもそういった考えに行き着くと思うけど、恋は盲目とはよく言ったもので、恋心を抱く人間はそういった単純なところすら見落としがちになる。

 要するにこれは、人は恋愛をすると我がままになる――と言う事なのかもしれない。


「まあ、話としてはよくある事だと思うけど、もしも何かあればすぐに言って来いよ? 俺がバシッと言ってやるから」

「うん。ありがとう、お兄ちゃん」

「おう。気にすんな」


 そう言って不安そうな表情を浮かべる杏子の頭を撫でてやると、俺を見ながら笑顔を見せてくれた。

 そしてしばらくしてから桐生さんが部室へ来たところで制作研究部の話し合いが始まり、そこで制作担当の割り振りを決め、その日の部活動は解散となった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます