第187話・人の気持ちと自分の気持ち

 私の中に居るもう一人の自分、涼風まひる。自身を私の妹だと言うまひるとの生活にもかなり慣れ、お互いの事もかなり知った。

 まひるが私の心の中に生まれた私自身だと言う事に変わりはないんだろうけど、それでも交換日記を交わしている内に、なんだかまったくの別人とやり取りをしている様な気分にはなっていた。それは私とまひるが物事の考え方や捉え方が違ったりと、そんな具体的な違いがあったからに他ならない。

 そしてそういう部分があったからこそ、私は段々とまひるの事を本当の妹の様に感じ始めていた。

 まったく触れる事ができない妹というのも変な話だけど、長くやり取りを交わせばその子の感情や気持ちが見えてくる。まひるは本当に優しくて良い子で、こんな妹が本当に居たらいいなと、そんな風にさえ思ってしまう。

 そして私が涼風まひるという妹を認識してから一年ちょっとが経った十月。

 花嵐恋からんこえ学園の二年生である私達は、沖縄へ修学旅行に来ていた。

 沖縄に着いて修学旅行中にお世話になるホテルに荷物を置いたあと、私と龍之介君、茜ちゃん、美月さん、朝陽さん、渡君とで、最初の自由行動で沖縄観光の代表とも言うべき首里城前へとやって来た。


「おー! あれが首里城か!」


 バスから降りた渡君は、さっそく持っていたデジカメでパシャパシャと首里城やその周辺の風景を写真に写し始めた。


「それにしても、立派なもんだな」


 渡君の次にバスから降りた龍之介君も、首里城を前にしてそんな感想を一言述べると、渡君と同じ様にデジカメを取り出して写真撮影を始めた。


「――よし。それじゃあ入ろうか」


 龍之介君は何枚かの写真を撮ったあと、みんなの状況を確認してから首里城の中へと進み始めた。


「それにしても、やっぱり暑いね。龍ちゃんの言うとおり、日傘を持って来て正解だったよ」

「そうですね。想像していたよりもずっと陽射しが厳しいですし、龍之介さんの言う事を聞いておいて本当に良かったです」


 首里城の敷地内へ入ってから五分もしない内に、前を歩いている茜ちゃんと美月さんのそんな会話が聞こえてきた。


「ははっ。まあ、本当に日傘が必要になるとは思ってなかったんだけどね」

「えっ? そうなの?」

「ああ。いくら沖縄でも十月にここまで陽射しが強いなんて思ってなかったしな。まあ、とりあえず使う機会があって良かったよ」


 修学旅行へ行く前に、龍之介君から『日傘を持って来ておいた方がいいぞ』と言われてなかったら、きっと誰も日傘を持って来る事はなかったと思う。私は肌が弱くて毎日日焼け止めを塗っているくらいなので、本当に助かった。

 もう十月だというのに、この真夏の様に厳しい陽射しの下で無防備で居るのはさすがにきつかっただろうから。


「龍之介~、俺もその日傘に入れてくれよ~。このままじゃ溶けちまうよ~」


 お互いに日傘を差しながら龍之介君と並んで歩いていると、後ろからついて来ていた渡君がそんな事を言いながら龍之介君の方へと近付いて来た。


「馬鹿な事言ってんじゃないよ。どうして俺がお前と相合傘をせにゃならんのだ。俺の言う事を聞かなかったお前の自己責任だよ」

「龍之介の薄情者ー!!」


 龍之介君の性格を考えれば同姓と相合傘なんてしないとは思うけど、なぜかいつも渡君には手厳しい。ちょっと可哀相な気はするけど、これが龍之介君と渡君の友達としての距離感なのは分かる。

 そして私は、そんな渡君の事を少し羨ましくも思っていた。もちろん龍之介君にののしられたいとか、そういった意味合いじゃない。私が渡君に対して抱いている羨ましさは、龍之介君と気兼ねなく言い合いを出来るその距離感だ。

 やられている事はちょっと可哀相に思うけど、お互いに遠慮しないで何でも言い合えている感じはとても羨ましく思える。


「わ、渡君。良かったら僕の隣に入る?」


 龍之介君に冷たくされて恨み言を言っている渡君が可哀相に思った私は、ちょっと戸惑いながらもそんな提案した。


「えっ!? いいの?」

「う、うん。いいよ」


 私の言葉に嬉しそうな笑みを浮かべる渡君。そんな渡君の変わり身の早さとテンションに、私はちょっと気圧されてしまった。


「ではお言葉に甘えて――って、何だよ龍之介?」


 満面の笑顔で私の真横へ来ようとしていた渡君の前に、突然その進路を阻む様にして龍之介君が立った。


「渡君、今回は特別に俺の日傘を貸してあげようじゃないか。ありがたく使いたまえ」

「えっ? いや、俺は涼風さんと一緒でいいよ」

「この馬鹿者がっ! 俺の目が黒い内はまひろとの相合傘なんて認めん! 絶対に認めんぞっ!!」

「お前は娘を溺愛できあいするお父さんかよっ!!」

「お前が隣に居るとまひろが汚染されるんだよっ!」

「俺ってどんだけ酷い汚染物質なの!?」


 渡君の目の前に立ちはだかった龍之介君は、私との相合傘を認めないと言って渡君とテンポの良い漫才の様な言い争いを始めた。いつも唐突に始まる龍之介君と渡君の言い争いだけど、その様子一つを見ても、二人の仲が良い事が伝わってくる。

 それに、言ってる事は結構酷いと思うけど、それでも私の隣を渡さないと言ってくれた事は素直に嬉しいと思った。もちろんそれが、私を異性だと知って言っているわけじゃないのは分かっているけど。

 結局このあと、龍之介君は無理やり自分の日傘を渡君に渡し、龍之介君が私の日傘に入る事で決着をみた。結果としては嬉しい誤算だったけど、龍之介君と相合傘をしているという事実が嬉しくも恥ずかしく、私は見学の間ずっと顔を俯かせてしまっていた。


× × × ×


「明日のちゅら海水族館、楽しみだね」

「おう。俺はジンベエザメを見るのが楽しみだな。まひろは?」

「僕はどれも楽しみだけど、イルカショーが一番楽しみかな」

「イルカショーか。確かにそれも楽しみだな」


 首里城見学をした日の夜。

 私は部屋の窓を開けて龍之介君と夜のオーシャンビューを眺めながら、明日行く水族館の話で盛り上がっていた。窓の外からそよそよ入って来る潮風はとても気持ち良く、その匂いは日常との違いを感じさせる。

 でも、せっかくのロマンチックな雰囲気なのに、一緒の部屋で寝てる渡君のいびきが、決定的にその良い雰囲気を壊しているから残念に感じてしまう。


「そうだ龍之介。明日の水族館での件、よろしく頼むね?」

「ああ。朝陽さんと美月さんを連れてどこかで時間を潰してればいいんだよな?」

「うん。よろしく頼むね」

「おう。頑張るよ」


 私には明日、大切な役割がある。それは茜ちゃんと朝陽さんの関係を良くできる様に、とある作戦を実行する事だ。

 二学期の開始と同時に、私達のクラスへと転入して来た朝陽瑠奈さん。彼女は私達が小学校三年生の時に、龍之介君が恋心を抱いていた相手。でも、そんな龍之介君の恋心が実る事はなかった。

 それだけならまだ良かったのかもしれないけど、あんな出来事があったからか、龍之介君は女性に対する見方や考え方が少し屈折してしまった様に感じる。

 本当なら龍之介君をあんな酷い目に遭わせた朝陽さんを許せる訳はない。でも私は、あの時の真実を知った。朝陽さんのついていた嘘を知ってしまった。そしてそれが龍之介君の事を思ってついた嘘だろうと思った時、私は朝陽さんを助けてあげたいと思った。

 なぜそんな気持ちになったのかと言われれば、それは多分、私が龍之介君に嘘をつき続けているからだと思う。嘘をつく事へ罪悪感、そしてそれを隠し続けている事への後悔。それは私にも十分理解できる事だったから。

 でも、朝陽さんを助けてあげたいと思っているのは事実だけど、その根底には私が龍之介君達に嘘をつき続けているという事実があり、その贖罪しょくざいとしてこんな事をしているだけなのかもしれない。


× × × ×


 首里城見学などを行った日の翌日。

 私達はホテルを出てバスに乗り、二時間ほどの移動時間を経て目的のちゅら海水族館へと来ていた。

 色鮮やかな魚達や綺麗なサンゴを見たりと、私達は訪れた水族館を思う存分に楽しみ、沖縄へ来た時の車中、ババ抜きで負けた渡君のおごりでお昼を食べたあと、水族館の二階部分へ戻ってから作戦を遂行する為に龍之介君の側へと歩み寄った。


「龍之介。これから茜ちゃんを連れてここを離れるから、美月さんと朝陽さんの事を頼むね」

「わ、分かった。よろしく頼むぜ」

「うん。頑張ってくるよ」


 緊張の面持ちを見せる龍之介君を心配させない様にと、私は出来る限りにこやかな笑顔でそう答えた。


「ねえ、茜ちゃん。あっちに珍しい生き物が居るって聞いたから、一緒に見に行かない?」

「えっ? そうなの?」

「うん。どんな生き物かは分からないけどね」

「そっか。それじゃあ、一緒に行こう」

「うん」


 思っていたよりもあっさりと茜ちゃんが私の誘いに乗ってくれて助かった。最初からモタモタして時間を費やしてしまうと、計画に協力してくれた人達にも迷惑がかかってしまうから。


「あっ、そうだ。龍ちゃんも誘って行こうよ」


 私の誘いに乗ってフロアの奥へと進み始めて数歩もしない内に、茜ちゃんはピタッと足を止めてそんな事を言い始めた。


「あっ、龍之介はさっき誘ってみたんだけど、別に見たい場所があるからって断られちゃったんだ」

「そうなの? へえ~、珍しいね」

「ん? 何が珍しいの?」


 心底驚いた様な表情を見せながら、茜ちゃんはそんな事を言った。

 そしてその言葉の意味が分からなかった私は、自然と首を横に傾げてそんな質問を返した。


「大した事じゃないんだけど、龍ちゃんがまひろ君の誘いを断るなんて珍しいなーって思ったから。ほら、龍ちゃんて他の人の誘いは断るけど、まひろ君の誘いは断らないから」


 茜ちゃんはこう言ってるけど、私の誘いを龍之介君が断るのは別に珍しい事じゃない。龍之介君に用事があれば、私の誘いは普通に断られるから。


「そんなに珍しいかな?」

「うん。だって龍ちゃんてば、まひろ君の事は妙に特別扱いしてるから」

「そ、そうかな?」

「そうだよ。まひろ君は気付いてないかもだけど、まひろ君は龍ちゃんのお気に入りだからね~」


 にこやかな笑顔でそんな事を言う茜ちゃん。

 実際は龍之介君のお気に入りなんて事は無いと思うけど、それでも、もしかしたら――なんて思うと、ちょっと嬉しかったりした。


「そんな事は無いと思うけどね。さあ、早く行こうよ」

「うん」


 私は茜ちゃんと一緒に所定の位置へ向かって行く。そして協力者達が待ち受ける場所まで来てから、『飲み物を買って来るね』と言って茜ちゃんから離れたあと、私は協力者達が茜ちゃんの側であの時の真実を話すのを見守った。

 これで茜ちゃんは朝陽さんのやっていた事の真実を知ったはず。あとは茜ちゃんと朝陽さん次第だけど、茜ちゃんならきっと、自分から行動を起こして上手くやってくれると思う。茜ちゃんは頑固なところもあるけど、凄く優しくて思慮深い人だから、きっと大丈夫だ。

 複雑な表情を浮かべている茜ちゃんを見守りながら、二人の間にあるわだかまりが早く解消されればいいなと思いつつ、それができる二人が私にはとても羨ましく感じていた。


× × × ×


 水族館へ行った次の日の夜。

 花嵐恋からんこえ学園の生徒は全員ジャージに着替え、先生達の企画した花火大会を行う為にホテル近くの砂浜に来ていた。


「龍ちゃん見て見てー!」


 先生達からの注意事項を聞いたあと、それぞれの班に分配された大量の花火の一つを手に取った茜ちゃんが、早速その一つに火をつけて遊び始めた。

 小さな子供の様にはしゃぐ茜ちゃんはとても可愛らしく、見ていて微笑ましくなってしまう。


「お前は小さな子供かよ」

「もうっ! 龍ちゃんの意地悪!」


 そんな無邪気な茜ちゃんに向けて、龍之介君は相変らずの意地悪な言葉を投げ掛ける。

 そして茜ちゃんは龍之介君の言葉に、まるで餌を口に詰め込んだハムスターの様にして頬を膨らませた。茜ちゃんには悪いと思うけど、これはこれでとても可愛らしいと思う。


「うおっ! すげえ勢いだな」


 茜ちゃんに続いて花火に火をつけた龍之介君は、シュバッ――といきなり火花を散らし始めた花火に驚きの声を上げた。


「龍之介のは色が変わっていくタイプなんだね」

「そうだな。小さい時と違って、今は花火も色々あってすげえよな」

「うん。色も種類も沢山あって綺麗だよね。僕も龍之介と同じのをしようかな」


 私は大量の花火の束から龍之介君と同じタイプの花火を選び出し、蝋燭ろうそくに灯る火に近付けた。すると龍之介君の花火と同じ様に、シュバッ――と大きな音を立てて火花を散らし始めた。

 数秒もしない内にその色を変える火花。私はその様子を見ながら、しばらくその美しさに見惚れる。


「あっ、消えちゃった……」


 短く激しく火花を散らしたあと、花火はプスンとその火を消した。

 花火は綺麗で明るくて、勢いのあるところが好きだけど、火が消えた時はとても物悲しくなる。それはまるで、人生の儚さを思わせるから。


「龍之介さん」

「どうしたの?」

「今から文字を書きますから、何て書いたか当ててみて下さい」

「いいよ」


 火の消えてしまった花火を少し見つめていると、近くで美月さんと龍之介君がそんなやり取りをしているのが聞こえ、私は二人が居る方へと視線を向けた。

 すると美月さんは火花を散らす花火を自分の前に突き出し、何も無い空間で手を動かし始める。

 そんな美月さんを見て、最初は何をしてるんだろう――と思ったけど、美月さんの動かす手の動きを見ていて何をしているのか分かった。


「何て書いたか分かりましたか?」

「たのしいですね――で合ってるかな?」

「正解です!」

「文字当てしてるの? 私もやるー! みんな当ててみてー!」


 何も無い空間に花火で書かれた文字を当てた龍之介君。

 そしてそれを見ていた茜ちゃんが、楽しそうにはしゃぎながら新しい花火に火をつけ、それで何やら文字を書いていく。


「さあ! 私は何て書いたでしょうか?」


 花火で光の文字を書いた茜ちゃんが、意地悪な笑顔を浮かべて龍之介君にそんな事を聞く。

 茜ちゃんが花火を使って書いた光の文字。そこには確かに、『りゅうちゃんのバーカ』と書かれていた。さっき龍之介君が茜ちゃんに、『お前は小さな子供かよ』なんて言ってたから、これは茜ちゃんなりの仕返しなんだと思う。

 それにしても、龍之介君と茜ちゃんは本当に理想的な関係の幼馴染だと思う。特に驚くのは、茜ちゃんはきっと龍之介君の事が好きなのに、あんな事も平気でやれちゃうところが凄い。

 私はすぐ、龍之介君に嫌われちゃうかもしれない――と思ってしまうから、あんな事は冗談でもできない。だからあんな事ができちゃう茜ちゃんが心底羨ましく思える。


「龍ちゃんは分からなかった~?」


 意地悪な問い掛けに答えない龍之介君を見据える茜ちゃんは、更にニヤリとしながらわざとらしくそんな事を聞いてきた。


「いやー、俺には分からなかったな~。なにせ茜の書く字が下手くそなもんだから」

「な、なにおー!?」


 いつもの様に始まった二人のやり取り。喧嘩と言うにはあまりにも微笑ましく、小さな頃から見てきた二人のこんなやり取りは、私にとってはもう日常と呼べるものになっていた。


「ところで茜さん。これから俺が書く字も読んでみていただけませんかね?」


 プンプンと怒りながら龍之介君に近付いて行く茜ちゃん。

 そんな茜ちゃんの前に龍之介君が右手の平をサッと突き出してその動きを止めると、突然そんな事を言ってから近くにある一本の花火を手に取って火をつけ始めた。すると龍之介は茜ちゃんに見えやすい様に離れた正面方向に移動をし、火花を散らす花火で光の文字を書き始めた。


「――だ、誰がアホだー!」

「おいおい。俺は『アホ』なんて書いてないぜ?」

「だってあそこまで書いたらアホしかありえないでしょ!?」

「そんな事はないだろう?」

「それじゃあ何て書こうとしてたのよ!」

「言っていいのか? みんなが聞いてる前で言っても」

「言ってみてよ。どうせろくでもない事だろうけど」

「あれはな、『茜は本当に愛くるしい』って書こうとしてたんだよ」

「なっ!?」


 龍之介君が本当は何て書こうとしていたのかは分からないけど、その言葉を聞いて動揺を見せる茜ちゃんはとても可愛らしかった。


「――たっくん。ちょっといいかな?」

「どうしたの?」

「ちょっと話があるの。いいかな?」

「うん。別にいいけど」

「ありがとう。それじゃあ、こっちに来て」


 文字当てゲームを始めてからしばらく経った頃。

 朝陽さんが龍之介君に話し掛けて離れた場所へ行くのが見えたので、私はそんな二人を目で追いかけて静かに見つめていた。

 どんな内容の話をしているのかは分からないけど、きっとあの時の事について話をしているんだろうなという感じはした。なぜなら朝陽さんは、あの時の事を激しく後悔しているはずだから。本当の事を話したくて話したくて仕方がなかったはずだから。

 でも、その事を龍之介君に話される事に、私はちょっとした不安があった。あの時の朝陽さんの話を聞けば、龍之介君はまた朝陽さんに恋心を抱くかもしれない――と、そう思ったからだ。一度は恋焦がれた相手なんだから、その可能性は十分にあると思う。

 それに朝陽さんは、きっとまだ龍之介君の事が好きなままだと思う。だから私は怖かった。これがいけない事だって分かってはいるけど、そんな事にはならないで――と、願わずにはいられなかった。

 しばらくそんな二人を見ていると、朝陽さんが花火に火をつけて光の文字を書き始めたのが見えた。そしてそこには、『わたしはいまもたっくんが』と書かれていたのが分かった。

 そんな朝陽さんの書いた光の文字を見た私は、その心中を垣間見た気がした。そしてそれと同時に、私の心は複雑に掻き乱れていた。

 龍之介君や茜ちゃん、朝陽さんの心の傷が少しは癒えたんじゃないかと思うと嬉しくはあったけど、それでも嫉妬する気持ちや羨ましいと思う気持ちを消す事はできなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます