第91話・抑えられない感情

 森山の茜への告白を見て以降、俺はずっとモヤモヤした気分を抱えている。そしてその事を茜が話してくれない苛立ちもあったからか、俺は茜からの接触を避けてしまう様になっていた。

 普通に考えれば俺のやっている事はガキだなと思ってしまうけど、人の感情がいかにコントロールし難いものなのか、それが分かってしまう瞬間でもあった。

 もくもくとした入道雲があちこちで見られる日曜日のお昼前。

 俺は特に何をするわけでもなく、リビングでテレビを見ていた。テレビを見ているとは言っても、その内容はほとんど頭に入ってなかったけど。


「ねえ、お兄ちゃん。どうかしたの?」


 向かい側のソファーに座って同じくテレビを見ていた杏子が、怪訝そうな表情でそんな事を聞いてくる。


「どうしたって。いきなり何だ?」

「何がって……さっきから落ち着きなくチャンネル変えてるし、まともにテレビ見てないでしょ? おかしく思って当然だよ」


 どうやら自分でも知らない内に、俺は杏子が言う様な行動をしていたらしい。


「そっか、悪かったな。別に何にもないよ」

「本当かなあ……ここ数日はずっと様子がおかしかったし。何か悩み事でもあるんじゃないの?」


 さすがは杏子と言うべきか、兄貴の違和感をしっかりと察している様子だった。だけど、その理由を口にする事はできない。


「本当に何も無いよ。杏子の気にし過ぎだって」

「うーん……そうかなあ?」


 俺の返答に納得がいかないらしく、杏子は訝しげな表情で俺をじっと見ていた。


「そうだよ。ちょっと出掛けて来るな」


 このままここに居たら尋問されてボロが出る可能性もあるので、俺はそれを避ける為に外へと逃れる事にした。

 杏子は自然に相手から情報を聞き出すのが上手い。つい乗せられてしまうと言うか、誘導されてしまうと言うか。まあ、俺が乗せられやすいだけって可能性もあるけど、自身がそんな単純馬鹿だとは思いたくない。

 部屋に戻ってジーパンに履き替え、着ていたTシャツも別の物に着替えてから日中の外へと出て行く。


「……やっぱり暑いな」


 家を出て十メートルも進まない内にその凶悪なまでの暑さにやられ、早速外へ出た事を後悔し始めていた。

 いくら杏子の追求から逃れる為とは言え、よりにもよってお昼前の一番暑い時間帯に外へと出たのは失敗だったなと思いつつ、とりあえずどこか涼しい場所に行こうと駅周辺にある店の方へと向かって移動をする。

 そして茹だる様な暑さの中で辿り着いた駅周辺は、この暑さにも関わらず沢山の人波があった。周辺のアスファルトやタイルからはゆらゆらと陽炎かげろうが立ち上っていて、それを見ているだけでも身体が熱くなってくる。

 とりあえず一刻も早く涼を得ようと、俺は距離的に一番近い行きつけの書店へと急ぎ足で向かって店内へと入った。


「あー、涼しい~」


 思わず口からそう漏れ出る程の清涼感ある空気が、身体を優しく包み込む。夏場に店へ入った瞬間に感じる涼しさは、本当に格別だ。

 店の中の涼しさに身を委ねつつ、俺は新刊コーナーへと視線を向ける。

 出入口近くにある新刊コーナーには、俺が買い続けているラブコメ漫画の新刊が置いてあった。いい機会なのでその本を買う為に一冊を手に取ったのだが、その時にふと思った事がある。

 こういったラブコメの主人公達は、男女問わずに物語の中で様々な恋愛事情や人間模様を繰り広げていく。そしてその中には現実では到底ありえないと思えるシチュエーションもあれば、かなり現実的なシチュエーションもあったりする。

 そして俺は今まで見てきたラブコメ作品のシチュエーションを思い出し、今の自分の状況と重ね合わせて分析をしてみた。客観的に見れば今の俺の立ち位置は、ヒロインを狙うイケメンに対して嫉妬している主人公――という状態に当たるのかもしれない。


 ――いやいや。そんなはずはないさ。


 そんな風に思いながらも、俺は自身の答えを否定する。

 なぜならラブコメの登場人物は、相手への好意がある――という前提条件があるからこそ、嫉妬という感情が成り立つわけだ。つまり嫉妬をするには、それなりの好意がなければ話にならない。

 だから俺が茜に対して抱いたイライラは嫉妬ではなく、単純に話をしてくれなかった事に対する不満なんだと結論づけた。仮にこれが嫉妬だと言うなら、それはきっと、茜がリア充になろうとしている事に対してだろう。


「おっ?」


 手に取った本を買って店の出入口へと近付いた時、自動ドアの外側を茜が通り過ぎたのが見えた。それを見た俺は、なんとなく急ぎ足になって外へと出た。

 そして茜が進んで行った先に視線をやると、そこには鮮やかな黄色のキャミソールに、デニム生地のホットパンツという格好をした茜の姿があった。

 最近はホットパンツが流行なのか、やたらとそんな姿の女性を見かける。男からすればそのホットパンツから覗く太もものムチムチ感は結構な目の保養になるけど、茜の場合はとても健康的で健全な感じに見え、そこには独特の色気すら感じた。

 色気と言うとどことなくいやらしいイメージを先行させていまいそうになるけど、茜の姿から感じる色気には、そんないやらしさを一切感じない。健康的な色気――という言葉があるが、まさに今の茜がそんな感じだと思う。


「どうすっかな……」


 茜を見て外へ出たはいいものの、最近はずっと茜を避けていたところがあるので、声を掛けようかどうかをちょっと迷った。

 けれど、さっき茜に対するイライラは、リア充になろうとしている事についてのイライラだと結論づけた俺は、いつもの様に気軽に声を掛けようと茜の方へ向かい始めた。


「水沢さん!」


 買った本を片手に背中を見せている茜の方へ進んでいると、突然、茜の前方から聞いた事のある声が聞こえてきた。

 その声に俺は思わず街路樹の陰に隠れ、茜の方へと走って来る男の顔を確認した。すると茜の方へと向かって来ていたのは、サッカー部のエース森山だった。


「ごめんね! またせちゃったかな?」

「ううん。私も今来たところだから」

「そっか、ありがとう。それじゃあ行こうか」


 茜は森山の言葉にウンウンと頷き、駅の方へと歩いて行った。

 そして俺は、その光景を見て唖然としていた。

 だって、日曜の午後に年頃の男女が待ち合わせをしてるって言ったら、それはもうデートしかないから。それはつまり、茜が先日の森山の告白を受け入れた――という事に他ならない。

 二人が駅の方へと並んで歩いて行くのを黙って見届けた俺は、そのまま気が抜けた様に近場の図書館まで移動し、そこで夕方まで本を読んで過ごした。いや、正確に言えば、図書館で色々な事を考えていた――と言った方がいいだろう。

 正直、開いていた本の内容などまったく頭に入っていないし、自分が何の本を手に取っていたのかすら覚えていなかったから。

 そんな状態で過ごして十七時を迎えた頃。俺は図書館を出て自宅へと帰り始めた。


「――あっ、龍ちゃん!」


 図書館を出てひぐらしがあちこちで鳴き声を上げる中をとぼとぼと歩き、ようやく見えてきた自宅へと辿り着こうかという頃。俺の家から出て来た茜と遭遇した。

 そして俺を見た茜は、いつもの様に明るい声音で俺に近付いて来る。


「どうしたんだよ? 俺の家から出て来たみたいだけど」

「ちょっと美味しいお菓子を買ったから、お裾分けをしに来たんだよ」

「そっか」


 茜の言葉に短く答えると、俺はその横を通り過ぎて自宅へと向かう。


「ね、ねえっ! どうかしたの? 龍ちゃん」

「何でだ?」


 俺は茜の方を振り返る事なく、そう聞き返した。


「なんだか恐い顔してるし、ちょっと怒ってる感じもするし……それに最近、ちょっと避けられてる感じもするから……あの……私が何かしちゃったのかな?」


 恐る恐ると言った感じでそう聞いてくる茜。

 顔を見ていないから断言はできないけど、今の茜がどんな表情をしているのかは、なんとなく想像がつく。


「別に……茜に何かした覚えが無いなら、何も無いんじゃないか? じゃあな」

「あっ、龍ちゃん……」


 俺は突き放す様にそう言うと、早足に自宅へと向かい始めた。そしてその時に後ろから聞こえた茜の弱々しい声が、なんとなく昔ぎこちなくなってしまった時の事を思い起こさせた。


「あっ、お帰りお兄ちゃん。たった今だけど、茜さんがお菓子を持って来てくれたよ」

「ああ。今そこで会ったよ」

「お兄ちゃん?」


 俺は短くそう答えてさっさと自室へ向かう。

 多分あんな受け答えをしたから、杏子も心配していると思う。でもこの時の俺は、そんな事を細かく気にできる余裕は無かった。


「くそっ!!」


 部屋へと入った俺は一直線にベッドへ移動をしてそこに座り、ギュッと握り込んだ右拳で思いっきり布団を叩いた。

 振り下ろした右拳で叩かれたベッドが、鈍い音を立てて軋む。だが俺はそんな事は気にせず、何度も何度も握り込んだ右拳をベッドへと打ち下ろした。

 この次々に湧いてくる怒りや後悔は、おそらく自己嫌悪。

 考えてみれば、俺が茜に対してあんな態度をとるのはお門違いもいいところだ。しかしそれが分かっていながらも、俺はこのモヤモヤとした気持ちを抑える術が分からなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます