第90話・幼馴染への気持ち

 授業中に落ち着かない様子だった茜を見た翌日。

 その出来事は突然に起こった。いや、起こったと言うよりは、起こっている現場を目撃した――そう言った方が正しいだろうか。

 今日も朝から空に昇った太陽は、嫌味なくらいに凄まじい熱線を浴びせてきていた。連日家で見ているテレビからは、過去最高の暑さを記録したというニュースが流れ、それを聞く度に毎年同じ様なフレーズを聞いている気がしていた。

 まあそれはおそらく気のせいではないだろうけど、実際にこんな暑さを身体に感じていると、年々地球は暑くなっているんだなと実感してしまう。

 そんなだる様な暑さが、全身と精神に満遍なく響いていた昼休み。俺は渡とまひろと一緒に購買部へお昼ご飯を買いに来ていた。


「お好み焼きパン、やっぱり買えなかったな……」


 不満げに袋に入ったパンを見ながら、渡がとても大きな溜息を漏らす。

 そして購買部で買い物を済ませた俺達は教室へ戻るのも面倒だからと、日陰にあるベンチへと向かっていた。

 このクソ暑い日中に外で食事もどうかと思うけど、たまには気分を変えるのも悪くないだろう。考えようによっては、風が吹き抜ける外の方が教室よりも涼しいかもしれないから。


「アレの人気は異常だからな。買えなくても仕方ないさ」

「あのパン、本当に美味しかったもんね」

「えっ!? 涼風さんは食べた事あるの!?」

「う、うん。前に龍之介に分けてもらって食べた事があるんだ」


 まひろがそう言うと渡の表情が驚愕の表情へと変わり、次には今にも飛び掛ってきそうな目で俺を見てきた。


「何だよ?」

「龍之介……お前、そんなレア物を手に入れておいて、何で俺には分けてくれなかったんだ!?」


 渡はそう言って取り乱しながら俺に詰め寄って来る。

 そして大きな声でそんな事を言う渡のせいで周りに居る生徒達が、何事だろう――と言った感じで俺達を見ていた。はっきり言って、恥ずかしいくらいに晒し者になっている。


「落ち着けっ! パンは宮下先生に貰ったんだよ。文句があるなら宮下先生に言え。きっと素敵な言葉でお前を罵ってくれるから」

「そっか……それもいいかもしれんな……」

「えっ!?」


 ――コイツ、もしかしてMキャラだったのか?


 はっきり言って、宮下先生がそんな事をするキャラだとは思ってない。けど、アホの渡は信じてしまった様子だ。

 俺はブツブツとなにやら呟いている渡を置き去りにし、まひろの背中を押して再び前へと進み始める。


「ねえ。あそこに居るのって、茜ちゃんじゃないかな?」


 もう少しでお目当ての日陰のベンチに着こうかという時、まひろがそう言いながら校舎側の一角を指差した。

 俺がその指差された方へ目をやると、そこには確かに茜が居るのが見えた。

 結構離れた場所に居るその人物がなぜ茜だと分かるかと言うと、単純に茜のトレードマークである長いポニーテールが見えたからだ。

 まあ、ポニーテールをしている女子は他にも沢山居るわけだが、茜のポニーテールは他の女子とは違って特別分かりやすい。なぜかと言うと、茜は凄く髪が長いからだ。

 そのポニーテールの長さたるや、茜の背丈の半分以上。つまり、茜のお尻を通り過ぎ、膝裏に届きそうなくらいに長い。そんな茜の長いポニーテールは、どんな女子よりも自然と目立つ。

 要するに、あそこまで長いポニーテールを揺らめかせている女子など、まず茜を置いて他には居ないという結論になる。


「確かに茜だな。近くに誰か居るみたいだが……」


 遠目に映る茜の近くには、別の人物が居るのも見えた。

 制服を見る限りはそれが男子だというのは分かったが、さすがにこの距離ではそれが誰なのかまでは分からなかった。


「あれって森山じゃないか」


 俺とまひろがやって来た方からのろのろと歩いて来た渡が、確信めいた口調でそう断言する。


「お前、この距離で相手の顔が見えるのか?」

「まあな! 俺の視力は6.0あるしっ!」


 ――6.0って……コイツはアフリカに住む凄く目の良い民族の血でも引いてるのか?


「あっ、校舎陰に入ったな。ちょっと行ってみようぜ!」


 言うが早いか、渡は好奇心溢れる声を出してから走り始めた。


「お、おいっ!? 待てよ渡!」


 俺の声などまるで聞こえていないかの様にし、渡は目的の場所へと走って行く。


「龍之介、どうする?」

「とりあえず渡を取り押さえに行こう」


 そう言って俺が走り始めると、まひろもそれに続いて後ろからついて来た。


「おい! 渡!」

「シィ――――ッ!!」


 校舎陰を覗く様にしていた渡に近付いて声を掛けると、渡は凄い形相で人差し指を立てて口元につけ、静かに校舎陰の方を指差した。どうやら覗いて見ろ――という事らしい。

 あまり気は進まなかったけど、茜がこんな場所で誰と何をしているのか気にならないと言えば嘘だった。だから悪いとは思いながらも、好奇心から校舎陰を覗き見てしまった。


「――君が好きなんだ」


 校舎陰を覗き見た俺の耳に届いたのは、茜の顔をじっと見ながらそう言う森山の言葉。茜と幼馴染として過ごしてきた期間もかなり長いが、こんな状況に出くわすのは初めての事だ。

 俺は茜がどんな返事をするのだろうかと、思わず固唾を飲んでからその様子を食い入る様に見つめてしまった。


「そ、そんな事、急に言われても困ります……私もよく知らないし……」

「そうだよね……」

「あの……少しだけ、考えさせてもらえませんか?」

「えっ? 考えてくれるの?」

「はい。だから、少しだけ時間を下さい」

「ありがとう! 是非お願いするよ!」


 最初こそ茜の返答に落胆の様子を見せていた森山だったが、茜の『考えさせてもらえませんか?』という言葉にその表情を一変させ、清々しく明るい笑顔を浮かべた。


「…………渡、まひろ。行こうぜ」

「おい。いいのか?」


 渡の問い掛けに俺は答えなかった。

 なぜならこの時の俺は、何で茜はきっぱりと断らなかったんだろう――と、ただそれだけを思っていたから。

 俺達はこのあと当初の予定通りにベンチへと戻って食事をしたが、誰もさっきの事について口を開く事は無かった。

 そして森山が茜へ告白したのを見てしまった日の放課後。

 俺はどこか焦点が定まらない様な、そんなモヤモヤとした感覚の中で下校をしていた。


 ――何だろう……この何とも言い難い感覚は……。


 このモヤモヤとした感覚をあえて言葉で表現するとしたら、イライラに似た様な感覚――としか言い様が無い。


「てりゃっ!」

「ぐへっ!」


 そんな事を考えて帰路を歩いていると、突然後頭部に重い何かが当たり、それに伴って後頭部全体に痛みが走って行く。

 痛みで後頭部を押さえながら後ろを振り返ると、そこには鞄を持ってニヤニヤとしている茜が居た。


「どうしたの龍ちゃん? ぼーっとしちゃって」

「くうぅぅ……お前はぼーっとしてる相手に後ろから容赦無く鞄で一撃をかますのか?」


 痛みが走る後頭部を押さえながら、茜をジロッと睨み見る。


「何言ってるの龍ちゃん? 龍ちゃんがぼーっとしてるから気合を入れてあげたんだよ? 感謝してくれなきゃ。それに、何度声を掛けても無視する龍ちゃんがいけないんだからね?」

「そ、そうだったのか? そりゃあ悪かったな……」

「うん。ねえ。一緒に帰ろうよ」

「えっ? ああ、いいぜ」


 俺は久しぶりに茜と一緒に帰路を歩き始めた。

 隣に並んで歩く茜の表情はいつもの様に明るく――いや、いつもよりも明るい様に見えた。そしてどこか、ウキウキしている様にも見える。


「今日は部活はないのか?」

「うん。今日は顧問の先生に急用が入ったからお休みなんだって」

「そっか」


 自宅への帰り道。茜は他愛のない世間話や学園での事を話していた。

 俺は茜の話を聞きながら時に相槌を打ち、時には反論をしながら会話を進める。それはいつもやっている茜とのやり取りと何ら変わらない。

 そしてそのうち茜の家へと近付いたが、結局、その間に茜の口から今日のあの出来事について語られる事は無かった。


「……なあ、茜。何か俺に言いたい事とか無いか?」

「龍ちゃんに言いたい事? うーん……別に無いと思うけど……何で?」

「…………いや、無いならいいんだよ。じゃあな」

「えっ? う、うん。じゃあね」


 俺はぶっきらぼうにそう言うと、茜に背を向けて自宅へと走り始めた。


 ――何なんだ? このムカツク気持ちは……。


 多分、俺は心のどこかで、茜は俺に何でも話してくれると思っていたんだと思う。事実、小さな頃から茜は俺に色々な事を相談したり、話したりしていたから。

 だがもちろん、茜が自分に関する全てを俺に話していたとは思わない。それでもアイツは、俺には何でも話してくれていたと思っている。

 だけど今回の事は何も話してくれない。その事が俺を限りなくイラつかせていた。

 そして茜への告白を見てしまった週の日曜日。

 俺はその後の森山と茜がどうなったのか、その答えを知る決定的な出来事を偶然にも見てしまう事になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます